新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

トピックス

最新アニメニュース&レポート

【写真を見る】「momoko CHRISTINE-V」正面 ガット・ブロウも衣装に負けずハイクオリティな逸品 ガット・ブロウを腰に装着 関わったすべての人のこだわりが詰まった「momoko CHRISTINE-V」! 永野さんいわく「どうやって縫ったんだ!?」というレベルの縫い合わせにも注目! 「momoko CHRISTINE-V」は100体限定でShopNewtypeで受注中。8月9日(日)締切なのでご注意ください! 「momoko CHRISTINE-V」背面 各回の放送後のエンドカードは、原作者のオカヤドさんによる描き下ろし。各種族についての説明もされているので、しっかり読み込めば、さらにアニメが面白く! 昼公演では、それぞれが選んだ浴衣姿で登場したi☆Ris。写真左から澁谷梓希さん、久保田未夢さん、若井友希さん、茜屋日海夏さん、芹澤優さん、山北早紀さん 第3話はケンタウロス族について。第4話はスライム族がフィーチャーされるので、お楽しみに! パールが入ったアイシャドウや透明感あるリップなど、メイクにも注目! 9月16日(水)発売のBD&DVD第1巻のデジパックオモテ面イラスト。ウラ面は買ってからのお楽しみ♪ 第2話のエンドカードはハーピー族について 会場となった舞浜アンフィシアターを埋めつくした“プロデューサー”たちを前に、歌はもちろん、トークやゲームにも全力! 夜公演では一転、いつも通りの激しいダンスと歌でファンを魅了! 「ファイブスター物語」との関わりが長いWAVEだからこそ表現できた、モノとしての説得力に満ちたガット・ブロウ 三番手は常盤真智役の沼倉愛美さん。上田さんがとても緊張してしまい、耳の端まで真っ赤に!沼倉さんの目を見るだけで精一杯の様子。そんなわけでリバースはありません! 【写真を見る】ドールとガット・ブロウがお互いを演出するのも、それぞれが「FSS」を理解し、情熱を持つ人の手によるものだからこそ 部分ごとに異なる素材をチョイスし、細部までこだわったことで、モノとしての説得力を持つに至っています 【写真を見る】お城をイメージしたようなステージに、観客が振るサイリウムがきらびやかに輝きます ユニット曲では「LET’S GO HAPPY!!」「Happy × 2 Days」「ØωØver!!」「できたてEvo! Revo! Generation!」「メルヘンデビュー」の熱唱が見られました 「アイドルマスター10thライブ」でも披露された、青を基調としたドレス風の衣装をまとって華麗に躍ります もちろん武内さんもトークに参加。ジェスチャーゲームでは回答者となりましたが、回転するステージ上でキャストが繰り出す奇妙なジェスチャーに四苦八苦していました 【画像を見る】ドラゴンの血を引くドラゴニュートのドラコ(CV:大津愛理) イタズラ好きなデビルのリリス(CV:種崎敦美) 【写真を見る】衣装は50箇所を越える本格縫製で仕立てられたもの。ストライプ一本にも職人の技が光ります トークコーナーではおなじみ高橋宣伝プロデューサーが進行を務めてスムーズに進行 朗読劇は、ゲーム内で展開されているボイスドラマ「NO MAKE」の特別編として、抱腹絶倒の劇中劇が繰り広げられました 舞浜アンフィシアターは1stライブの会場となった場所。そのことに触れるキャストも多く、思い出の地となっているようでした 頭と胴体が分離する人間型の種族・デュラハンのララ(CV:加隈亜衣)
角コミ★2015 SUMMER