新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン
上田麗奈の「この色、いいな」

上田麗奈フォトコラム・穏やかな街にたたずむ不思議な映画館

2018年05月11日 06:30配信
上田麗奈フォトコラム・穏やかな街にたたずむ不思議な映画館

REINA UEDA column [good colors] Photo-60-1

お絵かきと散歩が大好きな上田麗奈さんによるフォトコラム「この色、いいな」。上田さんがいろんな場所を訪ね歩き、おもしろい「モノ」や「コト」、そしてお気に入りの「色」を探します。

連載60回目に訪れたのは“ラピュタ阿佐ヶ谷”。その名の通り緑に囲まれたファンタジックな映画館でひとときを過ごした後は、ゆったりとした空気の流れる阿佐ヶ谷の街を歩きました。

▼▼▼▼▼

ささやかな和と洋の合わさり方がなんとも絶妙で。

わくわくするのにのんびり出来る、そんな不思議な場所でした。

映画館もあり、ごはん屋さんもあり、他にもいろんなお部屋があって…

私のお家の近くにもあったらいいのに…と考えると、なんだかとても悔しいです。

それくらい、とっても素敵な場所でした。

上田麗奈

▼▼▼▼▼

◇撮影を終えて

――ユニークな外観がまず目を惹くラピュタ阿佐ヶ谷ですが、入ってみるとさらにいろいろな印象が浮かんでくる場所ですね。

上田:映画館だけじゃなく、いろんなことをやっているんですね。地下に劇場もあれば上にはレストランもあって。全部見させてもらって良かったなと思いました。1階のロビーとはまたぜんぜん違う感じがするので面白いですね。

――ファンタジックな外観なんですが、今公開されている映画は主に旧作の邦画で、ロビーには昭和歌謡が流れていて「新幹線大爆破」のポスターが飾ってあるという。

上田:たしかに映画館にいらっしゃる方も年配の方が多かったですよね。でも、外観やお庭からは印象派の絵画に出てくるような、それこそモネの世界みたいな柔らかくて女性らしい西洋の香りが漂っていて。緑が多いからというのもあるのだと思うんですけど、すごく自然に和と洋が噛み合っている感じですね。

――西洋風の庭の池に鯉が泳いでいてもあまり違和感がありませんよね。撮影で使われていた傘は、最初からああいう画を想定して用意されたんですか?

上田:今回は衣装をどうしようか、たぶんこれまでで一番悩んだんじゃないかなというくらい悩んだんです。周りの阿佐ヶ谷の街も含めて撮ると聞いて、最初は私もそのつもりで衣装を考えていたんですけど、ひとつの衣装ではもったいなく感じて。どちらかを主役にしたいと思って、「ふわっと軽やかな西洋風のイメージをにしてみよう」とまずはワンピースの衣装を決めました。でも、それだとまだ中途半端になっちゃうんじゃないかなという気がして、いつか使えたらいいなと思って買っていた傘を持ってきました。すごくフェミニンなイメージの場所で使おうと思っていたので「ここじゃないかな!?」と。

――結果的に建物や庭の印象にピッタリで大活躍でしたね。続いては3・4階にある「山猫軒」というレストランにうかがいました。

上田:入った瞬間にめちゃくちゃいい匂いがして「このままここで食べていきませんか?」と言いそうになりました(笑)。お店の中もすごく広くて厨房が全部見えるというのも面白かったですね。

――子どもの頃の空想をそのままかたちにしたような場所でしたよね。

上田:ファンタジックなお庭を通って、階段を登るとお店の外に食材がたくさん積んであって、まずそこでびっくりするんですけど、入口の扉がまた可愛くて。異世界につながっていそうな扉を開けるとごはんの香りが飛び込んできて……。上の階に上がる階段も素敵ですよね。自分が小さい頃だったら絶対に登りたくなったと思います。

――見かけたら用がなくてもとりあえず登りたくなる階段でしたね。そして建物の最後に訪れたのが2階にある映画館。

上田:全体的にキュッとした可愛らしい感じのスペースで、私がいままでに行った映画館の中で一番好きな劇場かもしれないです。すごく落ち着いた感じがあって。あとは後ろの映写室がすごいですね。あんなに間近で見たのは初めてで。あの機械がギュッと詰め込まれた部屋が、まず映画の中の世界みたいじゃないですか。あそこにずっといたい、本気でここで働きたいと思いました(笑)。

――映画を観るという行為は別の世界に行く体験だと思うんですけど、まさにそこに没入できる空間ですよね。その後は周りの阿佐ヶ谷の街を少しめぐってみました。

上田:阿佐ヶ谷はすごくいいところですね。このあたりに住んでいる人たちは、ラピュタ阿佐ヶ谷のような場所にもふらっと来ることができるわけじゃないですか。それってすごく贅沢ですよね。

――おしゃれで気の利いたものと生活感にあふれたものがにごく普通に並んでいるのが面白いです。

上田:行き交う人たちがゆったりしていて、鞄を持たずに歩いているのが似合いますよね。日常と非日常が薄皮一枚くらいで隣り合っている感じがして、いいですね……。

■上田麗奈(うえだ れいな)

1月17日生まれ。富山県出身。81プロデュース所属。2014年のTVアニメ「ハナヤマタ」の関谷なる役で初主演。他に「ポケットモンスター サン&ムーン」(マオ役)、「かくりよの宿飯」(静奈役)、「3D彼女 リアルガール」(綾戸純恵役)、「ラストピリオド -終わりなき螺旋の物語-」(ノイン役)、「こみっくがーるず」(怖浦すず役)、「アイドルマスター ミリオンライブ!」(高坂海美役)などに出演。

photo:松本祐亮

hair&make:Sweets http://hairmakesweets.jimdo.com

text:御杉重朗

■撮影協力

「ラピュタ阿佐ヶ谷」

住所:東京都杉並区阿佐谷北2-12-21 ラピュタビル1・2F

TEL :03-3336-5440

営業:10:00~上映終了まで

   (上映スケジュールは公式サイトにて)

定休:年末年始

リンク:http://www.laputa-jp.com/

「山猫軒」

住所:東京都杉並区阿佐谷北2-12-21 ラピュタビル3・4F

TEL :03-3336-5445

営業:ランチタイム / 11:30~15:00(ラストオーダー14:00)

   ディナータイム / 18:00~22:30(ラストオーダー21:00)

定休:毎週月曜日および毎月第1・第3火曜日(月曜が祝日の場合は営業し、翌日休)

リンク:http://www.laputa-jp.com/yamaneko/

「黒猫茶房」

住所:東京都杉並区阿佐谷北2-4-2

TEL :03-3337-7202 

営業:11:30~22:00   

定休:毎週月曜日(月曜が祝日の場合は営業し、翌日休)

リンク:http://kuronekosabou.com/

第8話「惑星シュトラバーゼの罠!」より ケイに扮する あずきもなかさん 第7話「死へ進め」より 2019年2月20日に発売されるBlu-ray&DVDの店舗特典イラストが解禁に! 第8話「惑星シュトラバーゼの罠!」より 2016年秋アニメツイートランキング1位~10位(11月24日~12月14日まで) 「バミューダトライアングル ~カラフル・パストラーレ~」発表会レポートより 第8話「惑星シュトラバーゼの罠!」より キャロ役の進藤あまねさん 第7話「死へ進め」より 「Fate/Grand Order」のマシュ・キリエライトに扮する腐団Cielさん 第8話「惑星シュトラバーゼの罠!」より 新作エピソード「風邪症候群」PV場面カット カノン役の平栗萌香さん 第8話「惑星シュトラバーゼの罠!」より 「グランブルーファンタジー」のアンナに扮する にむさん 第7話「死へ進め」より セレナ役の遠野ひかるさん 「バミューダトライアングル ~カラフル・パストラーレ~」発表会レポートより 第7話「死へ進め」より 「バミューダトライアングル ~カラフル・パストラーレ~」発表会レポートより 「アビス・ホライズン」のウォースパイトに扮する福田もかさん 第8話「惑星シュトラバーゼの罠!」より 2019年5月26日に開催される「コブリンスレイヤースペシャルイベント」に日笠陽子さんと松岡禎丞さんの追加出演が決定! 「お姉チャンバラORIGIN」の彩に扮する有馬奈那さん 「Fate/Grand Order」のマシュ・キリエライトに扮する穂南しずくさん すーぱーそに子に扮する いちこさん(写真左)と、「ガヴリールドロップアウト」の月乃瀬=ヴィネット=エイプリルに扮する あやねんさん フィナ役の紡木吏佐さん 「バミューダトライアングル ~カラフル・パストラーレ~」発表会レポートより 「バミューダトライアングル ~カラフル・パストラーレ~」発表会レポートより

おすすめコラム

最新アニメニュース&レポート