新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン
上田麗奈の「この色、いいな」

上田麗奈フォトコラム最終回・その日一日限りの色を求めて

2018年12月28日 06:00配信
上田麗奈フォトコラム最終回・その日一日限りの色を求めて

REINA UEDA column [good colors] Photo-75-1

お絵かきと散歩が大好きな上田麗奈さんによるフォトコラム「この色、いいな」。上田さんがいろんな場所を訪ね歩き、おもしろい「モノ」や「コト」、そしてお気に入りの「色」を探します。

連載75回にして最終回となる今回訪れたのは「江の島」。思い出がたくさんある湘南の海と山をめぐります。一番のお目当ては、これまでの連載で収めてこなかった夕暮れの風景。果たして締めくくりにふさわしい「色」を見つけられるでしょうか……?

▼▼▼▼▼

この色いいなぁと思える瞬間を探して、今までいろんな場所にうかがってまいりました!

最後は、撮影したその日にしか絶対に出会えない、一日限りの特別な色を見つけに、大好きな湘南へ!

写真を通して、素敵な色をお届けできていますように。

今まで「この色、いいな」を観て下さっていた皆様、本当にありがとうございました!

上田麗奈

▼▼▼▼▼

――江の島に来るのは初めてですか?

上田:一度だけ来たことがあります。瀬戸麻沙美さんと一緒だったんですが、ちょうど浴衣を着てのイベントの後だったので、せっかく浴衣を着たからこのまま江の島にと、ふたりでフラッと。仲見世の商店街を抜けて、上のほうで焼き蛤を食べて、日本酒を飲んで……。そのときは夏の夜で晴れていましたし、お祭りの時期だったということもあって、あったかくて活気のある様子だったんですが、今回は冬で曇りの空だったので、全体的に渋めのオーラが漂っていましたね。

――最初に訪れたのは「Gigi(ジジ)」というギャラリーカフェでした。

上田:展示スペースとカフェ部分の棲み分けがすごく明確で、それぞれまったく別の世界のようなのに、全体的な統一感がある。不思議で心地良い空間でしたね。

――入り口に店主の方が作った猫の置物があって、おそらくお店の名前も猫からの連想だと思うんですが、本当に猫がいそうな場所なんですよね。

上田:ちょっと小道に入らないと気付かないですよね。名前のとおり猫が好きそうな裏路地感がありましたし、看板の前で撮っていたときは猫になった気分でした。

――白くてフードがついた服を見ていて、某ゲームの白魔道士を思い出しました。猫耳フードのイメージもありますし……。

上田:白魔道士と猫のいるカフェというのも世界観的に似合いそうですね(笑)。ロケハンの写真を見て、今回はいろんな意味で「白だな」と思って。前日の深夜までお家でファッションショーをしながら迷っていたんですけど、あのお店もそうだし、その後に行ったサムエル・コッキング苑の白いいイルミネーションも、最後の夕焼けの海も、白が合いそうだなと思って。

――次は江の島大師にお邪魔しましたが、ステンドグラスの存在感が圧倒的でした。

上田:お寺にステンドグラスがあるのは見たことがなかったかもしれないですね。どちらかというと西洋のものという印象がありますし。でも、表現されている模様がどこか和風で、そのまま昔話の絵本に出てきそうだと思いました。

――オレンジ色が鮮やかでしたが、意外とこの連載では取り上げてこなかった色ですよね。

上田:なかったですね。実はオレンジ色が来年のラッキーカラーかもしれないと個人的には思っていて。雑誌か何かで見たんですけど、今まで身につけてこなかった色で、かつ、すごくあったかくて開放的なイメージがあるので、自分が新しいことに挑むのも手助けしてくれる色なんじゃないかなと。だからオレンジ色に積極的に触れていけたらいいなと思っているんです。

――なるほど。次に訪れたサムエル・コッキング苑は、この時期だと夜のイルミネーション目当てのお客さんが多いんですが、あえて日中を狙ってみました。

上田:綺麗な場所でしたね。屋台もあったりして、お昼でも楽しめるところだと思います。

――昼間に行くと、灯る前のイルミネーションが不思議なオブジェに見えるんですよね。調べたら何かアイテムが出てきそうな……。

上田:まったく同じことを考えていました(笑)。本当にゲームだったらここから何か出てきそうだなって。きっと夜とはまた違った世界観ですよね。

――海辺だけど山でもあるし、和のものも洋のものもあるし、いろんなものが凝縮されていますよね。

上田:たしかに。だから半日くらいまわっただけでも、本当にいろんなところに行った気持ちになりますし、散歩しているだけで楽しいですね。

――最後は稚児ヶ淵。一番の目当てだった夕陽が見えて良かったです。朝からずっと曇っていたので。

上田:海辺に出たら雲の切れ間に少しだけオレンジ色のラインが見て、それはそれで色としてもメリハリがあって、綺麗でお洒落な感じでした。

――全身が水面に写り込んだ写真も収められました。

上田:空も本当に綺麗だったので、どうにかしてこの「いいな」という色を画面いっぱいに押し出したくて。空が入ってくるとやっぱりいろんな色が混じってくるんですけど、それでいてまとまっていて、画面にあるすべての色が主役、というイメージが出せたと思います。

――夕暮れとか夕陽に持っているイメージや思い出はありますか?

上田:やはり「今日一日が終わっちゃう」という寂しいイメージがありますね。一日が終わるだけなのに、もうこれで明日は来ないんじゃないかな、という不安に駆られそうな……。そんなことはないんですけど、最後の力を振り絞って何かをやっているような、そういうエネルギーとか瞬発力を感じたりもして、やっぱり切ないですね。子どもの頃、駅からお家まで帰る途中の道に川と橋があって、そこから空を覗くとちょうど夕陽がよく見えるポジションがあって、そこから見た光景を思いだします。

――前回の予告どおり、今回で「この色、いいな」の連載はひと区切りということになります。最後だという実感はありましたか?

上田:今日、最初に現場に入った時点では実感がなかったんですけど、終わりが近づくにつれてどんどん寂しくなってきて。花束もいただいちゃったり……何よりも最後の一枚を撮り終わった後に「『この色、いいな』終了です、お疲れ様でした!」と(カメラマンの)松本さんがおっしゃって。 こんなに夕陽の映えるタイミングで「終了です!」って聞いて「あぁ、本当に寂しい!」って(笑)。

――あれは確かにずるいですよね(苦笑)。

上田:今までこの連載用に「もしかしたらこういう服が必要かもしれない」と思って買っておいた服が良いタイミングで着れたり、次の場所が決まっていない段階でも「この色、いいな」用として服を買うことがすごく多かったんですよね。まだ使っていない服もたくさんありますし。そういうものがこれからはなくなっちゃうんだと思って。生活リズムまで変わってくるので、どうなっちゃうんだろう? とまだまだ信じられない気持ちがあります。

――過去の連載記事ってごご自身で見返したりしますか?

上田:たまに見ます。なんとなく見るときもあれば、「この衣装、前に着てたっけ?」と現実的な目的で見ることもありますし、過去の記事を参考にしつつ「次はこの色をメインにしてみようかな」と考えたり、あとは単純に懐かしくて見たり。最初の頃の記事を見ると「若かったなぁ」としみじみ思いますね。ブログとかTwitterをやっていないので、記録が残っているのはここだけですから。

――連載の締めくくりに読者の方へ伝えたいことは?

上田:さっきも言ったとおり、ラジオや生放送といった番組を別にすると、「この色、いいな」がファンの方と唯一つながりを持てる場所で、「いつも見てます」とお手紙をもらうこともありましたし、そんな場所がそっくりなくなってしまうような気持ちです。私を撮ってもらうというよりも、アフレコに臨むときと同じような姿勢でみんなと「この色、いいな」という作品を作ってきたと思っています。そういう意味で一番長く携わってきた「作品」がなくなるのは寂しいですし、終わりたくないな、という気持ちが大きいです。

――「月2回の生きる希望が……」といった終了を惜しむファンの方の声もけっこう見かけました。

上田:皆さんが「この色、いいな」のページに足を運んでくださって、見てくださったり、「いいね」を押してくださったり、そういうひとつひとつがこのコラムの支えになっていて、それが少なかったらもっと早い段階で終わっていたとも思うんです。実際、なかなかアクセスが増えなくて継続が危うい時期があったことも聞いています。そこから少し盛り返して、結果として3年間も続けることができました。それは本当に良かったなと思いますし、このチームのがんばりと読者のみなさん応援の結果だと思うので、心の底から感謝しかないです……とにもかくにもありがとうございます。最終回のお知らせが急で、きっとびっくりさせてしまった方も多くて、それは申し訳ないなという思いもあるんですけど、それでもこうして続けてこられたのは奇跡だったんじゃないかなと思います。

――そして願わくば……。

上田:願わくば、私たちとこの連載をどこかに拾ってほしいです! こんなことを言うとKADOKAWAさんには怒られてしまうかもしれないですけど(笑)。

■上田麗奈(うえだ れいな)

1月17日生まれ。富山県出身。81プロデュース所属。2014年のTVアニメ「ハナヤマタ」の関谷なる役で初主演。他に「ポケットモンスター サン&ムーン」(マオ役)、「SSSS.GRIDMAN」(新条アカネ役)、「INGRESS THE ANIMATION」(サラ役)、「アイドルマスター ミリオンライブ!」(高坂海美役)などに出演。

photo:松本祐亮

hair&make:Sweets

text:御杉重朗

■撮影協力

「Gallery & Zakka Gigi」

住所:神奈川県藤沢市江の島1-4-11

TEL:0466-24-6839

営業:11:30~18:00

定休:火・水曜日

リンク:http://www.g-z-gigi.com/

「湘南藤沢フィルム・コミッション」

「江の島サムエル・コッキング苑」

「江の島岩屋」

「江の島大師」

「Fate/Grand Order」のスカサハ(左:りるさん)、ネロ・クラウディウス(右:くろえさん) 「Fate/Grand Order」の鈴鹿御前(左:綺章さん)、アタランテ[オルタ](右:愛凛さん)、「転生したらスライムだった件」のミリム(中央:千鶴さん) 「Fate/Grand Order」のイシュタルに扮する海月さん 「ドールズフロントライン」のAA12に扮する れなさん オリジナル衣装でホココスに参加した、ばーそろみゅー・ににゃさん 左より「Fate/Grand Order」の女王メイヴ(なずさん)、スカサハ(希月卣夜さん)、コヤンスカヤ(詠弥さん) 「アイドルマスター シンデレラガールズ」の一ノ瀬志希(左:たまご。さん)、宮本フレデリカ(右:さくやになさん) 「涼宮ハルヒの憂鬱」の涼宮ハルヒに扮する うらまるさん 「五等分の花嫁」の中野四葉に扮する香おりさん 「グランブルーファンタジー」のレオナ(左:ぽちさん)、フォリア(右:しぃかさん) 「ヤッターマン」のドロンジョ(左:Akiさん)、「ブラック・ジャック」のブラック・ジャック(右:鈴木あいらさん) 「アズールレーン」の綾波改に扮する亜桜日奈さん 「Fate/EXTELLA レーシング」のネロ・クラウディウス(左:いちのせさん)、玉藻の前(右:このえさん) TOKIOの長瀬智也に扮する杉本倉規さん 「グランブルーファンタジー」のゼタ(左:minさん)、サラーサ(右:あおいどんさん) 前列左より「十二大戦」の憂城(王子さん)、寝住(やんつけさん)、妬良(ひしょうさん)、後列左より砂粒(猫宮こころさん)、怒突(だまちさん)、庭取(えなさん)、異能肉(ぬらりちゅんさん) 「Fate/Grand Order」のBBに扮する泉れおなさん 「Fate/Grand Order」の葛飾北斎に扮する穂南しずくさん 「Fate/Grand Order」のコヤンスカヤに扮するJILLさん 「アズールレーン」の明石に扮する にゃあ*さん バーチャルYouTuberのミライアカリ(左:あのさん)、輝夜月(右:ユナさん) 「Fate/Grand Order」のアルトリア・ペンドラゴン(左:莉依紗さん)、アストルフォ(右:Uta-chanさん) 「BanG Dream!」の美竹蘭(左:つきたろうさん)、宇田川巴(右:2932さん) 「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」の霧切響子に扮する斎瑠衣さん 「Fate/Grand Order」の間桐桜に扮する くれをさん 「Fate/Grand Order」の遠坂凛に扮する うさるちさん 「Fate/Grand Order」のジャンヌ・ダルクに扮するHeidiさん 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」のヘスティアに扮する入宮あまなさん 「Fate/Grand Order」のネロ・クラウディウスに扮する柳丸さん すーぱーそに子に扮する姫森はなさん

おすすめコラム

最新アニメニュース&レポート

ニュース&レポートランキング