新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン
MBの「たかが洋服のことなんです」

990円ユニクロTシャツで雰囲気はガラリと変わる!

2015年06月10日 19:06配信
990円ユニクロTシャツで雰囲気はガラリと変わる!

これがMBさんオススメの「スーピマコットンフライスクルーネックT」。色は白・黒・グレーと3色展開(編集部)

■オシャレに「特別」は必要ない。

「Tシャツとデニムで十分です」

皆さん「オシャレ」をどうしても「特別なもの」として認識しがちです。でも、別段「特別な服装」をする必要はありません。普段着の延長戦で、自然にナチュラルに、オシャレは可能です。もちろん、お金もさして必要ではありません。

ファッション誌に載っているような、奇抜で高価な服だけがオシャレなワケではありません。

「Tシャツとデニムで十分オシャレ」ができるんです。

しかも「ユニクロ」や「無印良品」など手頃なショップで実現可能です。

■洋服の先端に着目すれば、「990円」でもオシャレな掘り出し物がある!

例としてユニクロの掘り出し物アイテムをひとつ、紹介します。ユニクロの2枚入り無地で990円(税抜)の「スーピマコットンフライスクルーネックT」です。

「え?こんな地味なTシャツじゃオシャレもクソも無いでしょ??」と思うかもしれませんが、大丈夫です。自信あります。

巷のオシャレさんはTシャツ1枚に数千~数万円なんてお金をかけてしまいます。そんな人の前で是非、堂々と、これを着てみてください。「それ、どこの?」と聞かれることでしょう。そのくらい、服に慣れている人が見ても、良いモノです。

このTシャツ、デザインはなんてことない普通の半袖です。しかし服の形、つまり「シルエット」が猛烈に優れています。

シルエットは基本的に、「ゆったりしたものは子供っぽく(カジュアル)、細めのものは大人っぽく(ドレス)」見えるものです。このTシャツはキュッと細く身体にフィットする形。街でよく見かけるプリントTシャツなどと比べると随分形に差があります。いつものTシャツより、ずいぶん大人っぽく見えるでしょう。

さらにこのTシャツ、「ただ細いだけ」ではありません。注目すべきは袖と裾。

洋服の印象は、実は「先端」で決まります。視線が集中するポイントである「袖」「裾」「首」あたりの印象が最も重要なポイントであり、他の部分が多少崩れていても、その3箇所が印象次第で良く見せることも可能です。

そして、このTシャツ、袖が普通のプリントTシャツと比べて随分短めで細めです。先端である「袖」が短くて細いと、Tシャツ全体の印象が更にすっきりと大人っぽく見えます。また袖は短いと「腕周りをたくましく」見せる効果もあります。

古い例えですが、女子高生がルーズソックスを履くのと同じような視覚効果です。あれは、ドカッと太いルーズソックスを履くことで、「対比効果」で足を細く見せています。

袖も同じです。腕周りを細く見せたければ「太い袖」。腕周りを太く見せたければ「細い袖」を選ぶといいんです。

このTシャツは袖が短めで、日本人の華奢な体型でもハリウッドスターの腕周りのようにたくましく見せてくれます。ユニクロさん、何気にかなり考えてこのTシャツ作られているのでしょう。シルエットは抜群です。

また、「裾」にも注目。裾は普通のTシャツより少し長めになっています。なので、パンツの腰まわりを隠してくれます。

パンツの腰まわりを隠してくれると、「腰の位置」がハッキリと分かりにくくなるため、足の長さがごまかせます。これも、私含め、胴長短足傾向にある日本人の体型にマッチした形作りです。

このように、地味なデザインであっても、「シルエット」が優れているものは簡単にオシャレに見えます。

むしろデザインに頼りすぎず、奇抜なスタイルになっていないぶん、「肩肘はらない自然なオシャレ」になれます。

私もこのTシャツを愛用していますが、アパレルの業界関係者、バイヤーやスタイリストさんに見られてもまったく恥ずかしくありません。

合わせるアイテムも別に特別なことは求めません。コーディネートについてはこの連載で順次解説していきますが、まずは普段穿いているジーンズで、このTシャツを着るだけでOKです。それだけでも十分印象が変わるはずです。

そうです。このコラムのタイトル通り、「たかが服のことなんです」。990円でオシャレになれるんです。肩肘張ってオシャレを頑張る必要なんて全然ない。お金もさして必要ない。

必要なのは「知る」ことだけです。

ファッションには「論理」があります。オシャレには「正解」があります。これを知るだけでオシャレになれます。

雑誌や店員さんは「シルエットが綺麗」としか言ってくれませんが、「何が綺麗か?」「どういう理由で綺麗なのか?」という論理までは教えてくれません。

それを私が教えましょう。これはファッションの教科書。大丈夫、そんなに難しくないです。簡単です。たかが服のことなんですから。

また次回、お楽しみに。次回は漫画に合わせて「スキニーデニム」について語りましょう。

■MB(ファッションバイヤー,ファッションブロガー)

年間数十のブランドの展示会に足を運び買いつけを行うメンズファッションのバイヤー。「Knower Mag 現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」を運営するブロガーとしての顔も持つ。論理性と合理性に満ちた「感覚的ではない」ファッションHOWTOは大反響を得ており、「日刊SPA!」など多くの媒体で執筆活動を行っている。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し、即完が続出。「まぐまぐ大賞2014年【有料部門】ライフ」にて大賞受賞。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」も好評配信中。

「グランブルーファンタジー」のアンナに扮する にむさん 「Fate/Grand Order」のマシュ・キリエライトに扮する穂南しずくさん 「Fate/Grand Order」のマシュ・キリエライトに扮する腐団Cielさん 「アビス・ホライズン」のウォースパイトに扮する福田もかさん 「Fate/Grand Order」のスカサハに扮するMayoi Babyさん 「ドールズフロントライン」のMk23に扮する華子狐さん 「グランブルーファンタジー」のベアトリクスに扮する ソルトさん 「アビス・ホライズン」の暁に扮する せんじさん 「アビス・ホライズン」の響に扮する雨宮あんずさん 「シノアリス」のシンデレラに扮する いなさん 「ドールズフロントライン」の416に扮する くろねこさん 「ドールズフロントライン」の一00式に扮する倉坂くるるさん 「アビス・ホライズン」の大和に扮する宮本彩希さん 「アビス・ホライズン」の雪風に扮する七瀬さくらさん 「ドールズフロントライン」のUMP45に扮する千都ちひろさん 「ドールズフロントライン」のART556に扮する酢飯さん 「ドールズフロントライン」のUMP9に扮する ぽんずさん 「マクロスF」のランカ・リー(左:しろつめさん)と、シェリル・ノーム(右:紅さん) 「グランブルーファンタジー」のナルメアに扮する もかさん 「アビス・ホライズン」の電に扮する星乃まみさん 「アビス・ホライズン」の雷に扮する ひのきおさん バーチャルYouTuberの田中ヒメ(左:あおいさん)、鈴木ヒナ(右:りのぴーさん)と、「#コンパス 戦闘摂理解析システム」のアダム=ユーリエフ(中央:べんさん) すーぱーそに子に扮する いちこさん(写真左)と、「ガヴリールドロップアウト」の月乃瀬=ヴィネット=エイプリルに扮する あやねんさん 「お姉チャンバラORIGIN」の彩に扮する有馬奈那さん 「ザ・キング・オブ・ファイターズ」シリーズの不知火舞に扮する のらさん 「ファイナルファンタジーXV」のシドニー(左:まめきちさん)と、「アイドルマスター シンデレラガールズ」の向井拓海(右:アルタさん) 「Re:ゼロから始める異世界生活」のエミリア(左:來音さん)と、レム(右:忠犬ここさん) 「Fate/Grand Order」のジャンヌ・ダルクに扮するLilyさん 「オメガラビリンス ライフ」の聖花フローラに扮する小澤らいむさん 「メタルギア サヴァイブ」の女性キャプテンに扮する海音さん

おすすめコラム

最新アニメニュース&レポート