新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン
MBの「たかが洋服のことなんです」

太デニムなどタンスに眠る服を蘇らせる小技の数々!

2015年09月11日 21:15配信
太デニムなどタンスに眠る服を蘇らせる小技の数々!

【写真1】誰でも持っていそうな太めシルエットなデニムパンツにスウェットTシャツのコーディネイト(編集部)

ファッションバイヤー/ブロガーのMBと申します。2014年度まぐまぐメルマガ大賞を受賞した「最も早くオシャレになる方法」などを中心に、誰でもわかる「おしゃれの教科書」的な情報を発信しています。こちらのコラムでは画像なども交えて視覚的にわかりやすく、「ゼロから学べるオシャレ」を標榜しています。ぜひお付き合いください。

誰のタンスの中にも「インディゴカラーのデニムパンツ」が眠っているかと思います。数年前に買ったけどどうも野暮ったくて履くことができない。小学生みたいに見えちゃってイマイチパッとしない。今回は、そんなあなたの家で眠っている「インディゴデニム」を着こなしで生き返らせてみましょう。

■デニムのシルエットを細身に変える「ロールアップ」

ここからは【写真1】を見ながら読んでみてください。まずは普通に着てみましょう。インディゴデニムにTシャツにスニーカー。男性なら誰もが一度はしたことがあるファッションです…が、どうにも「おしゃれ」には見えにくい。コンビニに行くスタイルならともかくこれでデートに来られたら女性的には「う~ん…」と不満を感じるでしょう。

多くの人のタンスに眠っているインディゴデニムは、画像のようにややルーズなシルエットのものが多いでしょう。コンビニに行くスタイルのような「カジュアル」スタイルは「ルーズ」なものが多いです。一方でビジネスやドレスなどの「スーツ」スタイルは「シャープ」なものが多いです。ここからも理解できるかと思いますが、「ルーズ」は子供っぽさ・ラフさの象徴であり、「シャープ」は大人っぽさ・品の良さの象徴でもあります。

多くの方は画像のようにデニムやTシャツやスニーカーなどカジュアルスタイルが多いため、洗練さに欠けてしまいます。着こなしをおしゃれっぽくしたいのなら、大人っぽさ・品の良さの象徴である「シャープなシルエット」を心がけると良いでしょう。

そこで【写真2】のように、デニムをロールアップしてみます。まったく同じデニムを使っているにも関わらず、なんだか急に細身になった印象がありませんか? これは「足首」が出ているせいです。「首」「足首」「手首」の3か所は身体の部位の中で最も細い箇所です。ここを露出するだけで「細身」にスッキリと見せることができます。例えば、シャツの袖まくりなども同じです。やや野暮ったい形のものでも、この「身体の細い部分」3箇所が見えているとスッキリとした印象になるものなんです。

■「収縮色」と「膨張色」を理解して足元の色を変える

続いて足元を変えましょう。先ほどまでは、ややボリュームのあるスニーカーでしたが、より足元が見えるように【写真3】のようなボリュームを抑えたスニーカーを選びます。別にモノは何でも構いません。ABCマートに行けば数千円で買えるものも多いでしょう。色は画像のように黒がオススメです。

なぜ靴の色を白から黒にしたのか?それは「膨張色と収縮色」の関係からです。黒は着用した時に引き締めて見せる「収縮色」であり、逆に白は膨れて見える「膨張色」です。先ほどの「スッキリとシャープなシルエットで大人っぽく」という話がありましたから、それをさらに強調するために黒などの「収縮色」で引き締めて細く見せたというわけです。

【写真2】と比べてみても、どこか大人っぽい印象を受けるはずです。たかだか足元を変えただけですが、印象にはかなり違いが生まれます。その差は写真より実際の方が顕著なので、ぜひ鏡の前で試してみてください。受ける印象は大きく違うはずです。

■高価なシャツじゃなくてもOK! 袖まくりで印象UP!

最後にトップスを変更しましょう。上で述べた通り「Tシャツにデニムにスニーカー」はあまりにもカジュアルすぎて「コンビニに行く格好」のように見えてしまいます。先ほどまでに足元などのバランスは改善しました。今度は【写真4】のように、トップスをTシャツからシャツに変更してみましょう。こちらも別に高価な服を買う必要はありません。この写真で着ているシャツもユニクロです。シャツはサイズぴったりのものを選べばOKです。試着して決めましょう。

また、袖まくりも試してみてください。前述の身体の細い部位3か所のうち「手首」を出すことで、よりスッキリとした印象を与えることができます。例えば崩れたサイズ感やルーズなシルエットのシャツでも、袖をまくるだけでかなり印象が変わるもの。ショップスタッフさんなどは教えてくれないことですが、袖まくりは手持ちの服を生き返らせる小技のひとつです。

最初の画像と比べてどうでしょう? 手持ちのルーズなデニムがかなり洗練された印象になっていませんか? もちろん上記の手順すべてを行ってほしいですが、ひとつでも構いません。靴の色を黒に変える、トップスをシャツにしてみる、デニムをロールアップしてみるなど。何かひとつでも実践すれば見え方に変化が生まれます。ちょっとずつ試してみてください。

雑誌やショップスタッフさんは、あたかもオシャレはお金と手間をかけなければ実現できないもののように語りますが、そうではありません。こういったわずかな工夫をきちんと論理的に行えば簡単に実現できるものなのです。ぜひご参考に!

■MB(ファッションバイヤー,ファッションブロガー)

年間数十のブランドの展示会に足を運び買いつけを行うメンズファッションのバイヤー。「Knower Mag 現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」を運営するブロガーとしての顔も持つ。論理性と合理性に満ちた「感覚的ではない」ファッションHOWTOは大反響を得ており、「日刊SPA!」など多くの媒体で執筆活動を行っている。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し、即完が続出。「まぐまぐ大賞2014年【有料部門】ライフ」にて大賞受賞。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」も好評配信中。そして9月16日(水)には、初の著書となる「最速でおしゃれに見せる方法」が発売!

リンク:コミック「服を着るならこんなふうに」

第12話「『大虐殺』Massacre」より 第12話「出血性ショック(前編)」より #26「あやかしお宿に美味い肴あります。」より 第12話「『大虐殺』Massacre」より 第12話「出血性ショック(前編)」より #26「あやかしお宿に美味い肴あります。」より #26「あやかしお宿に美味い肴あります。」より 第12話「『大虐殺』Massacre」より 第12話「『大虐殺』Massacre」より 第12話「『大虐殺』Massacre」より 第12話「『大虐殺』Massacre」より #26「あやかしお宿に美味い肴あります。」より #26「あやかしお宿に美味い肴あります。」より 第12話「出血性ショック(前編)」より #26「あやかしお宿に美味い肴あります。」より #26「あやかしお宿に美味い肴あります。」より 第12話「出血性ショック(前編)」より #26「あやかしお宿に美味い肴あります。」より #26「あやかしお宿に美味い肴あります。」より #26「あやかしお宿に美味い肴あります。」より #26「あやかしお宿に美味い肴あります。」より #26「あやかしお宿に美味い肴あります。」より 第12話「出血性ショック(前編)」より #26「あやかしお宿に美味い肴あります。」より #26「あやかしお宿に美味い肴あります。」より #26「あやかしお宿に美味い肴あります。」より 第12話「出血性ショック(前編)」より #26「あやかしお宿に美味い肴あります。」より 第12話「出血性ショック(前編)」より #26「あやかしお宿に美味い肴あります。」より

おすすめコラム

最新アニメニュース&レポート