新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン
MBの「たかが洋服のことなんです」

1万円コーデ企画・2500円で足下にドレス感を演出

2015年10月21日 13:10配信
1万円コーデ企画・2500円で足下にドレス感を演出

【写真1】ユニクロ アンド ルメールの「ニットジャケット+E」(税別7990円)と、GUの「ダービーシューズ」(税別2490円)が今回の購入アイテムです(編集部)

ファッションバイヤー/ブロガーのMBと申します。2014年度まぐまぐメルマガ大賞を受賞した「最も早くオシャレになる方法」などを中心に、誰でもわかる「おしゃれの教科書」的な情報を発信しています。

■ユニクロ(とGU)で揃えてみました

編集部より経費1万円をGETしてきてオシャレをするこの好評企画。今回はユニクロとGUで良品を揃えてみました。写真をみて驚いてください。そうです、今のファストファッションは靴も揃うんです。便利な世の中になりました。

【写真1】※左から

○ニットジャケット(長袖)+E(ユニクロ・税別7990円)

○ダービーシューズ(GU・税別2490円)

計2点で1万480円。しまった! 480円オーバーしてる! そこは誤差ということでご愛嬌。実際に着用して解説していきます。

■靴だけで印象が変わる!

今回は、コーディネートがどうのというよりは「ドレスシューズとアウターがセットで1万円程度で買える」ということがポイントです。夏はサンダル、それ以外のシーズンはスニーカーで過ごすという方も多いかと思います。中には雪が降ろうが雨が降ろうがお構いなしにスニーカーを愛用される方もいるでしょう。好きで履いているならもちろんそれでいいのですが、「革靴って高いから…」と諦めている人も多いのでは? そんな人にオススメしたいのが今回の靴です。

GUはユニクロの安価なカジュアルライン。そう聞くと「安かろう悪かろう」という言葉が頭によぎる人もいるでしょう。私も正直そんなイメージがありましたし、実際に手にとってみるとまさにそのイメージ通り、ペラペラの服や妙なデザインの服も少なくはありません。

そんな中、この靴はひと際輝いて見えました。遠目に見たら「ディスプレー用のアイテムかな?」と思いましたが、値札が下がっていて、ひっくり返すと2490円とある。こんな立派なドレスシューズが2490円で作れるの? 仰天です。

その代わり、品質は一般的なドレスシューズと比べて劣ります。なにせ素材は革ではありません。スウェード風に見せた起毛素材です。レザーに似せた「フェイク」です。しかし、これがまたとても上手に作ってあり、他人から見たら間違いなくレザーに見えます。触ってようやく「あれ?」と思う程度。

そして形は抜群です。靴にボリュームがあると合わせるのが難しいもの。靴底がなるべく薄く、形が細い「ボリュームのない靴」が一番合わせやすいのです。それは何故か? 足元は先端部分であるから視線集中するのです。「おしゃれをするなら足元から」という言葉通りなのですが、足元や首元など先端部分は目立つ箇所だけに気が抜けないのです。

目立つ箇所にさらにボリュームある靴を持ってきてしまうと、足元だけが際立って目立つようになります。足元だけが目立つと、パンツとシューズの境界線がくっきりとわかるようになります。そして境界線がくっきり目立つと、日本人の宿命である「脚の短さ」が露呈してしまうのです。そこで、ボリュームの少ない目立たない細靴を選ぶことで、パンツとシューズの境界線を意識させないようにすると、脚の長さが誤魔化されて自然とスタイルが良く見えるのです。

また、スニーカーではなくドレスシューズを選んでほしい理由も「目立つ箇所だから」です。目立つ箇所だからこそ、カジュアルなスニーカーばかり履いていると、ラフで子供っぽいイメージが強くなります。実は多くの人が足元をおろそかにしがちですが、トップスもボトムスをまったく変えなくても、スニーカーからドレスシューズを選ぶだけで大人っぽいおしゃれスタイルが完成するのです。

【写真2】も、ぶっちゃけ大したコーディネートではありません。スタンダードなものですが、どこか普通の人と違う「大人っぽいおしゃれ」が感じられると思います。これは革靴(フェイクですが)効果が大きいです。

アウターは「大人っぽさ」を意識してジャケットを選びたいところですが、スーツライクなものを選んでしまうと「ビジネスマン」になってしまうので、少しラフなニットジャケットをチョイス。こちらはユニクロとエルメスの元デザイナー「クリストフ・ルメール」のコラボアイテム。質の高さと形の良さは保証します。

ジャケットを脱いだ【写真3】のコーディネイトは、これまでにこの企画で購入してあったユニクロのニットとスキニーデニム、そして今回購入したGUのシューズ。この3点でも1万円に収まります…が、誰がこのスタイルを全身ユニクロだと思うでしょう。おしゃれはブランドで決まるものではない、ということが理解できると思います。

今回のポイントは「ドレスシューズを手に入れよう」。この秋は足元から揃えてみてはいかがでしょう。オススメです。

■MB(ファッションバイヤー,ファッションブロガー)

年間数十のブランドの展示会に足を運び買いつけを行うメンズファッションのバイヤー。「Knower Mag 現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」を運営するブロガーとしての顔も持つ。論理性と合理性に満ちた「感覚的ではない」ファッションHOWTOは大反響を得ており、「日刊SPA!」など多くの媒体で執筆活動を行っている。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し、即完が続出。「まぐまぐ大賞2014年【有料部門】ライフ」にて大賞受賞。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」も好評配信中。そして9月16日(水)に発売した初の著書「最速でおしゃれに見せる方法」は、発売日前に重版が決定し、Amazonではベストセラー入りするなど、大好評を博している。

リンク:コミック「服を着るならこんなふうに」

第22話「投企のリナシメント」より 第22話「投企のリナシメント」より 第22話「投企のリナシメント」より 第22話「投企のリナシメント」より 「異世界魔王と召還少女の奴隷魔術」最終話のアフレコ写真 第22話「投企のリナシメント」より 第22話「投企のリナシメント」より 第12話「真贋対戦」より 第12話「真贋対戦」より 第12話「真贋対戦」より 第12話「真贋対戦」より 第22話「投企のリナシメント」より 第22話「投企のリナシメント」より 第12話「真贋対戦」より 第12話「真贋対戦」より 第12話「真贋対戦」より 「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」の美遊・エーデルフェルトに扮するミュウさん 第12話「真贋対戦」より 第12話「真贋対戦」より 第12話「真贋対戦」より 「一騎当千」の関羽雲長に扮するMikeさん 「ONE PIECE」のボア・ハンコックに扮する南里さん 「銀魂」の猿飛あやめに扮する入宮あまなさん 「オーバーロード」のアルベドに扮する ゆかにゅんさん 「魔法少女 俺」の卯野さきに扮する小波さん 「銀魂」の猿飛あやめに扮するユイさん 「マクロスΔ(デルタ)」のフレイア・ヴィオンに扮する葛湯さん 「マクロスΔ(デルタ)」の美雲・ギンヌメールに扮する楡乃さん 「魔法少女 俺」の魔法少女オレに扮する あおさん 「フルメタル・パニック」のレーバテインに扮するRepeachさん

おすすめコラム

最新アニメニュース&レポート