新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン
MBの「たかが洋服のことなんです」

飽き飽きしたコートスタイルに格安古着を取り入れて変化をつけよう

2016年02月10日 15:21配信
飽き飽きしたコートスタイルに格安古着を取り入れて変化をつけよう

【写真1】全身ダークトーンの冬向けコーディネイトでも、インナーに色落ちしたGジャンを入れれば印象はぐっと軽やかに

PHOTO/福本邦洋

ファッションバイヤー/ブロガーのMBと申します。2014年度に続き、2015年度まぐまぐメルマガ大賞を受賞した「最も早くオシャレになる方法」などを中心に、誰でもわかる「おしゃれの教科書」的な情報を発信しています。

暦の上ではもう春になります。早いですねえ…。

まだまだ気温は寒いですが、徐々に春の息吹を感じる天候が見えてくるはず。巷の洋服屋さんには既に春夏ものが並んでおり、ユニクロでさえも半袖の新作などもラインナップされています。

そうなると皆の気分も徐々に秋冬から春夏モードへ変わるもの。2~3月頃から「黒いロングコートを着るのはちょっと飽きたな」「ダウンジャケットが重すぎてなんだか野暮ったいな」と“冬過ぎる”服装に抵抗感が出てきます。

洋服は「季節感」も大事なポイントです。春の暖かい時期なのに厚手の冬物を我慢して着ていたり、代わりがないからとウール素材の肉厚のパンツを履いたりすると、「春物持っていないのかな」とイメージが悪くなってしまうかもしれません。

そこで、この時期もロングコートなどのヘビーアウターを着用するにしても、真っ黒でダークなスタイルに偏るのは、できれば避けたいもの。春夏らしい色味などを使って少し明るさを出したいところです。

また、それが他人との差別化にも繋がります。他の人はまだダークトーンで秋冬全開な服装をしがちですから、少し春らしい明るい色などを入れるだけでも随分こなれた印象に感じるはず。「オシャレ」とはとどのつまり「他の人と違う」から評価されるのであり、差別化の最たるものです。他人と少しだけ違う方向を向くことで、あなたの「オシャレ」は一層加速するはずです。

■格安古着で、秋冬スタイルに変化をつける

そんなわけで、春らしい着こなしを与えてくれるものとしては「Gジャン」がオススメです。「秋冬でお金使いすぎちゃって、これ以上は買えないよ…」という人も安心してください。古着のGジャンでもファストファッションのGジャンでも構いません。古着のリーバイスなら5000円以下で買えるものも多いので気軽に手を出せるはずです。

ただ一点、守ってほしいのは「色落ちの激しい、薄い色」のGジャンを選ぶこと。それだけです。シルエットなどは考えなくて結構です。

まず、なぜデニムなのか。秋冬のダークトーン、重苦しいイメージを脱するにはデニムが最適です。触れば理解できますが、デニムは通常の素材と比べて表面の凹凸が激しいものです。濃いめの色のインディゴであればあまりわかりませんが、色落ちが進んだ薄いインディゴなら青と白の色が微妙に混ざったような凹凸を感じさせてくれます。

対して、秋冬で使われる黒やブラウンなどのダークトーンは「素材がつぶれて見える色」です。表面に凹凸があってもダークトーンだとつぶれて見えやすく、それだけに「地味」という評価につながりがちです。凹凸を感じられ、かつ色も明るめの古着のインディゴGジャンなどであれば、地味スタイルからの脱却に繋がります。

実際にやってみましょう。

【写真2】のコート。これでは潰れた印象で地味な秋冬のスタイルになってしまいます。もちろん、これはこれでOKですが、春を感じさせる時期なら、もう少し変化をつけたいもの。

そこで、【写真3】のようにGジャンを入れると、それだけで随分と印象は明るく変化します。

ちなみに【写真1】は、私の自著である「最速でおしゃれに見せる方法」(扶桑社)の中で紹介しているコーディネートのひとつ。重苦しいコートと黒パンツの組み合わせですが、Gジャンのおかげで春らしく変化のある着こなしになっています。「地味」とは言い難いでしょう。このGジャンも特別なものではなく、どこにでもあるリーバイスの古着Gジャンです。値段にして3000円くらいでしょう。物は使いよう。着こなし次第で格安品でもオシャレに使えるものです。

近場にある古着屋さんで十分です。5000円以下でGジャンを探してみてください。きっと、この冬着続けたコートも新鮮な印象に生まれ変わるはずです。是非ご参考に。

■MB(ファッションバイヤー,ファッションブロガー)

年間数十のブランドの展示会に足を運び買いつけを行うメンズファッションのバイヤー。「Knower Mag 現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」を運営するブロガーとしての顔も持つ。論理性と合理性に満ちた「感覚的ではない」ファッションHOWTOは大反響を得ており、「日刊SPA!」など多くの媒体で執筆活動を行っている。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し、即完が続出。「まぐまぐ大賞2014年【有料部門】ライフ」にて大賞受賞。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」も好評配信中。そして2015年9月16日(水)に発売した初の著書「最速でおしゃれに見せる方法」は、発売日前に重版が決定し、Amazonではベストセラー入りするなど、大好評を博している。

リンク:コミック「服を着るならこんなふうに」

第12話「『大虐殺』Massacre」より 第12話「ほんとうの最終回なのだ」より 第12話「『大虐殺』Massacre」より 第12話「『大虐殺』Massacre」より 第12話「『大虐殺』Massacre」より 「アズールレーン」のヴァンパイアに扮する天使ゆぃさん 「ザ・キング・オブ・ファイターズ」シリーズのアンヘルに扮する泉れおなさん 第12話「『大虐殺』Massacre」より 第12話「『大虐殺』Massacre」より 「ファイナルファンタジーVII」のティファに扮するカモミールさん 「GOD EATER」のアリサ・イリーニチナ・アミエーラに扮する かえるちゃんさん 「ペルソナ5 ダンシング・スターナイト」の高巻杏に扮する あーちょさん 「アズールレーン」のヴィクトリアスに扮する亜桜日奈さん 「ペルソナ5 ダンシング・スターナイト」の新島真に扮する ゆーじさん 「アズールレーン」の青葉に扮するAmyさん 「ドールズフロントライン」のMk23に扮するRINさん #26「あやかしお宿に美味い肴あります。」より 「アズールレーン」のユニコーンに扮する ぴょんりささん 「アズールレーン」の愛宕に扮する あまみつななかさん 「アイドルマスター シンデレラガールズ」の前川みくに扮する ゆきさん 「アイドルマスター シンデレラガールズ」の二宮飛鳥に扮する宵にゃんさん 「アズールレーン」のヴァンパイアに扮する ねぎさん 「バイオハザード」シリーズのクレア・レッドフィールドに扮する藍香さん 「アズールレーン」のユニコーンに扮する ぱふさん 「バイオハザード」シリーズのエイダ・ウォンに扮するSayoさん 「アイドルマスター」の四条貴音に扮する薫さん 「Fate/Grand Order」の不夜城のアサシンに扮する ささきさん 第12話「ほんとうの最終回なのだ」より 「Fate/Grand Order」のアストルフォに扮する杷瑠さん 第12話「ほんとうの最終回なのだ」より

おすすめコラム

最新アニメニュース&レポート