新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン
MBの「たかが洋服のことなんです」

秋のコーディネイトで気をつけたいのは「色問題」

2016年09月14日 06:02配信
秋のコーディネイトで気をつけたいのは「色問題」

今回のコーディネイト例

ファッションブロガーのMBと申します。2014年度に続き、2015年度まぐまぐメルマガ大賞を受賞した「最も早くオシャレになる方法」などを中心に、誰でもわかる「おしゃれの教科書」的な情報を発信しています。

■色合わせはどうする?

夏が終わり秋になると、途端に「色合わせ」で悩む人がでてきます。

「何色と何色が相性が良いんでしょうか?」

「お気に入りのデニムがあるんですが、青色と合うトップスは何色ですか?」

などなど。色の組み合わせに関する疑問質問は、皆さん結構お持ちのはずです。

ここでちょっと大胆な話をさせていただくと、色彩論において「色の相性」は確かに存在します。洋服に限らず、種々のデザイナーであれば皆理解していると思いますが、カラーチャート上の色の相性というものは確かにあるんです。

しかし、それはあくまで「AとBの色は相性が良い」という話であって、「AとBの色を合わせるとオシャレになる」という話ではありません。ここを大多数の人が誤解しているのです。

ファッション色彩論者は「緑と赤は捕色の関係にあるから相性が良い」なんて言いますが、それをそのまま理解して「緑のカットソーと赤のパンツ」を組み合わせてしまったりする人が実際に出てしまっています。想像するだけで理解できるでしょう。いかに緑と青の色相性が良いからといって、「緑のカットソーと赤のパンツ」の組み合わせでオシャレに見えるでしょうか?

「色の相性」と「オシャレに見えるか」はまったく別問題です。青いデニムを穿きこなしたいからと言って「青と相性の良い色」なんて色彩論を考えても、あまりオシャレには機能しません。

■使うべきは「ダークトーン」と「ペールトーン」

では、色合わせはどのように考えれば良いか。まず基本中の基本をマスターしましょう。

それは「黒と白のモノトーンはスーツの色」「鮮やかな真っ赤や真っ青などの強い派手な色はカジュアルな色」とこの二極を覚えましょう。

色の鮮やかさを示す「彩度」という単位がありますが、彩度が高いほどカジュアルで子供っぽい印象になります。彩度の高い「真っ赤」は子供っぽくカジュアルに、彩度の低い「黒」などは大人っぽくドレスライクになるのです。

例えば、秋らしく「緑や赤を使いたい」と思っても、「彩度の高い色」ばかりを並べてコーディネートしてしまうと「近所の小学生」のような元気いっぱい少年なイメージになってしまうでしょう。客観的にそれがオシャレだと判断されるかと言われると…はなはだ疑問です。

では、色を使いたい時はどうするか? 少し彩度を抑えてあげるのです。

今回の写真で着用しているのは、トップスは緑は緑でも「濃いダークグリーン」。ボトムも赤と同じ暖色系の色でも「薄いベージュ」。

彩度が低い黒に近い濃い色=「ダークトーン」か、白に近い薄い色=「ペールトーン」。この2種類であれば色を複数使っても子供っぽい印象にならずに大人なイメージを担保できるのです。

実際に写真を見ても子供っぽい印象はまったくないでしょう。これが真緑や赤などであれば、まるで印象は変わるはずです。

秋になって「色」を使う場面が増えてくるでしょうが、使うべき色は「色の相性」で考えるのではなく「彩度の強さ」で選んであげるのが正しいのです。

■MB(ファッションバイヤー,ファッションブロガー)

年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行うメンズファッションのバイヤー。「Knower Mag 現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」を運営するブロガーとしての顔も持つ。論理性と合理性に満ちた「感覚的ではない」ファッションHOW TOは大反響を得ており、「日刊SPA!」など多くの媒体で執筆活動を行っている。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法」では、“安くてオシャレになるアイテム”を紹介し、即完が続出。まぐまぐ大賞2014年では有料部門ライフ部門賞、2015年では総合大賞2位を獲得。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」も好評配信中。そして、2015年9月16日(水)に発売した初の著書「最速でおしゃれに見せる方法」は、発売日前に重版が決定し、Amazonではベストセラー入りするなど、大好評を博している。

リンク:コミック「服を着るならこんなふうに」

左より、「けものフレンズ」のコウテイペンギン(ばむさん)、サーバル(千都ちひろさん)、フンボルトペンギン(冷凍とれこさん) 「ガールズ&パンツァー」の逸見エリカ(左:遼太さん)と、西住まほ(右:雨色さん) 「Fate/Grand Order」のネロ・クラウディウス(左:チョッコレイトさん)と、セイバー・ブライド(右:mikuroさん) 「けものフレンズ」のサーバルに扮する景都さん(写真左)、ななはちさん(写真右)、スナネコに扮する めーてるさん(写真中央) 「小林さんちのメイドラゴン」のトールに扮する はすなさん 左より、「リトルウィッチアカデミア」のロッテ(rimoさん)、アッコ(青依さん)、スーシィ(黒音さん) 「BanG Dream!」の戸山香澄に扮する天津いちはさん 「Fate/Grand Order」のエレナ・ブラヴァツキー(左:すみさん)とジャック・ザ・リッパー(右:さいこわかちこさん)、「Fate/Apocrypha」の六導玲霞(中央:96さん) 「美少女戦士セーラームーン」のセーラージュピター(左:石川琴子さん)と、すーぱーそに子(右:南楓さん) 「Fate/Grand Order」の坂田金時に扮するライルさん(写真左)とニールさん(写真右)、「僕のヒーローアカデミア」のオールマイトに扮するZackeyさん(写真中央) 「Fate/Grand Order」のジャンヌ・ダルク オルタ(左:蒼崎もなかさん)と、アルトリア・ペンドラゴン オルタ(右:蒼崎あんこさん) 「ラブライブ!」の絢瀬絵里(左:さてぃあさん)と、小泉花陽(右:ひなさん) 「ソードアート・オンライン」のアスナに扮する猫垣いろはさん 「犬夜叉」の殺生丸(左:ちゃがまさん)と、犬夜叉(右:みりんさん) 「ラブライブ!」の西木野真姫(左:こはるさん)と、矢澤にこ(右:みゆうさん) 「アイドルマスター シンデレラガールズ」の渋谷凛(左:ざらめさん)と、本田未央(右:あめさん) 「アイドルマスター シンデレラガールズ」の高垣楓に扮する えつこさん 「妖狐×僕SS」の白鬼院凜々蝶(左:まいなんさん)と、髏々宮カルタ(右:ゆーみあさん) 「ラブライブ!」の西木野真姫(左:野花南さん)と、星空凛(右:ひゆさん) 「カードキャプターさくら」の李小狼(左:あいすくん。さん)と、木之本桜(右:さつらさん) 「グランブルーファンタジー」のダヌアに扮する のんこむさん 「クロックワーク・プラネットAJスペシャルステージより すーぱーそに子に扮する東雲たむさん 「ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン」の空条徐倫に扮する お米さん 「ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース」のシルバーチャリオッツに扮するデュークさん 「ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン」のフー・ファイターズに扮する しぶ茶さん 「進撃の巨人 Season 2」放送直前イベントより 「ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない」の広瀬康一に扮するOh!まめさん 「ONE PIECE」のコアラに扮する あめたんさん 「シャドウバース」のムーンアルミラージに扮する あろえさん

おすすめコラム

最新アニメニュース&レポート