新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

浪川大輔、冨永みーな、梶原岳人、熊谷健太郎、久保ユリカ出演の朗読劇「名作異聞 ロミオとジュリエット」が7月31日に公演決定!

その他 2021年05月28日 17:01配信
朗読劇「名作異聞 ロミオとジュリエット ~ティボルト その恋の犠牲者~」メインビジュアル

朗読劇「名作異聞 ロミオとジュリエット ~ティボルト その恋の犠牲者~」メインビジュアル

(C)Strange tale (C)READPIA

ウィリアム・シェイクスピアによる普及の名作「ロミオとジュリエット」を原作とした朗読劇「名作異聞 ロミオとジュリエット ~ティボルト その恋の犠牲者~」が7月31日(土)、8月1日(日)に東京芸術劇場で公演決定! キャスト情報が公開されました。

朗読劇「名作異聞 ロミオとジュリエット ~ティボルト その恋の犠牲者~」は、若き2人の恋が引き裂かれるきっかけとなるジュリエットの従兄弟・ティボルトとジュリエットの婚約者・パリスに焦点を当てた物語です。

ティボルトを浪川大輔さん、キャピュレット夫人を冨永みーなさん、パリスを梶原岳人さんが演じ、ロミオは熊谷健太郎さん、ジュリエットは久保ユリカさんが演じます。

【ストーリー】
数世紀の時を経てなお、ラブロマンスの頂点に君臨し続けている不朽の名作「ロミオとジュリエット」。その中の登場人物であり、ロミオとジュリエットの恋が引き裂かれる決定的なきっかけとなった男・ティボルトとパリス。ジュリエットの従兄弟で、その死によってロミオ追放の原因となった男ティボルト。ジュリエットの婚約者・パリス。この二人は、若い二人の恋に立ちふさがる存在として描かれる事が多い。しかし、彼らは本当にただそれだけの男なのだろうか? 光源や角度で 宝石が色彩を変化させるように、視点の数だけ真実は存在する――これは、「愛」が「恋」に敗北するまでを描く物語。

■朗読劇「名作異聞 ロミオとジュリエット ~ティボルト その恋の犠牲者~」
公演:2021年7月31日(土)・8月1日(日)
開演時間:第1回:【matinee(昼公演)】14:30~ 【soiree(夜公演)】18:00~
     第2回:【matinee(昼公演)】13:30~ 【soiree(夜公演)】17:00~
     ※開場時間は開演45分前を予定
会場:東京芸術劇場 プレイハウス

スタッフ:原案…ウィリアム・シェイクスピア「ロミオとジュリエット」/脚本…長瀬貴弘/演出…松崎史也/制作…ソニー・ミュージックソリューションズ/主催…KADOKAWA
キャスト:ティボルト…浪川大輔/キャピュレット夫人…冨永みーな/パリス…梶原岳人/ロミオ…熊谷健太郎/ジュリエット…久保ユリカ/アンサンブル…新堂陽斗、林瑞貴

リンク:朗読劇「名作異聞 ロミオとジュリエット ~ティボルト その恋の犠牲者~」詳細ページ
    公式Twitter・@READPIA