新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

アニメ『EDENS ZERO』これまでの冒険をおさらい!

アニメ 2021年06月26日 18:00配信

少年と少女と青猫の、果てしないSF(スペースファンタジー)冒険譚『EDENS ZERO』(真島ヒロ原作「週刊少年マガジン」連載中)のTVアニメが、2021年4月より好評放送中。神秘に満ちた桜宇宙(サクラコスモス)を舞台に、明るくハッピーなキャラクター、謎とワクワクがつまったストーリー、そして熱い友情や心を描く本作。これからの冒険に向けて、ここまでの“友達”との出会いや、冒険者としての始まりを改めて振り返ってみよう。

少年と少女と青猫の出会い、そして旅立ち(第1話~第2話)

EDENS ZERO 第1話より
EDENS ZERO 第1話より(C)真島ヒロ/講談社・NTV

主人公のシキは、惑星グランベルで機械たちに育てられた唯一の人間の少年。100年ぶりの来国者となる動画配信者(B・キューバ―)の少女・レベッカ&青猫のハッピーと出会ったことから、宇宙のどこかに存在し、なんでも願いを叶えてくれるという“マザー”を探す旅へ出ることに。それが、彼らの運命を大きく変えることになるとは知らずに――。

EDENS ZERO第1話よりシキ
EDENS ZERO第1話よりシキ(C)真島ヒロ/講談社・NTV

シキの願いは、“友達”をたくさん作ること。育ての親である魔王ジギーの「おまえのために涙を流せる友達がいたら、一生大切にしなさい」という言葉を大切にしているシキには、相手が機械か人間かなんて関係ない。助けを求める“友達”のためならば、どんな危険にも飛びこんでいく、まっすぐな性格の持ち主だ。重力を操るエーテルギアの使い手であるシキの戦闘力をかい、レベッカはシキにボディーガードを依頼する。

EDENS ZERO第2話より
EDENS ZERO第2話より(C)真島ヒロ/講談社・NTV

そんなレベッカは、物心ついたときから一人で、家族に関する記憶がなかった。その代わりに、幼い頃に出会った青猫のハッピーが“友達”で、どんなときもずっと一緒にいる。ある日ハッピーが交通事故で遭ってしまったときも、レベッカは諦めず、ハッピーを機械の身体に改造してもらっていた。そしてハッピーもまた、自分が機械の身体になっても、「ハッピーはハッピーだもん!」と受けいれてくれたレベッカのことが大好きだった。

惑星ノーマへ! ワイズ&ピーノとの出会い(第3話~第5話)

EDENS ZERO 第4話よりワイズ
EDENS ZERO 第4話よりワイズ(C)真島ヒロ/講談社・NTV

意気投合し、“友達”となったシキたちは、冒険に必要な高性能の船を求め、ハッピーを機械化してくれたワイズ博士のいる惑星ノーマへ向かう。だがそこにいたのは、50年前のワイズだった。その街では、悪事をもくろむシビル・ファミリーが、電磁パルスを操るアンドロイドのピーノを無理やり悪用しようとしていた。それを知ったシキたちは、ピーノの救出に立ち上がる。機械をオモチャのように乱暴に扱うシビルに、シキは「機械だって生きてんだ、心があるんだ……!!」と、重力のエネルギー弾“魔械流 重弾”を食らわせ、見事にピーノを救出! ワイズとピーノが加わり、一行は惑星ノーマを脱出したのだった。

宇宙戦艦『EDENS ZERO』と魔王の夢(第6話~第8話)

EDENS ZERO第6話よりピーノ
EDENS ZERO第6話よりピーノ(C)真島ヒロ/講談社・NTV

だが、一難去ってまた一難。惑星ブルーガーデンへ戻る途中、シキたちは大海賊エルシー・クリムゾンの巨大戦艦・スカルフェアリー号に拿捕されてしまう。するとシキは、大胆にも「この巨大戦艦を略奪する」と宣言。エルシーと1対1で戦うなかで、シキは育ての親である魔王ジギーも、かつてマザーを目指していたことを知る。喜ぶシキは、「じいちゃんの見た夢の続きは! オレが見てやる!!!」と、強力な一撃でエルシーに勝利した。

EDENS ZERO 第8話よりウィッチ
EDENS ZERO 第8話よりウィッチ(C)真島ヒロ/講談社・NTV

ところが、喜びもつかの間、本物のエルシーから通信が入る。なんと、この巨大戦艦はもともと魔王ジギーの船で、『いつかシキが宇宙に出る時、この船を渡してほしい』と頼まれたエルシーが、長年管理していたというのだ。エルシーの粋な計らいで、海賊を追う宇宙政府軍から逃げ切ることに成功したシキたちは、念願だった巨大戦艦を手に入れる。船を管理するアンドロイド・魔王四煌星のウィッチは、船を本来の姿へと戻し、ついに魔王の宇宙戦艦『EDENS ZERO』がシキの手に渡った。

ウィッチから、“マザー”を目指すためには、桜宇宙と外宇宙の境界線ドラゴンフォールを突破する必要があること。そのためには、魔王四煌星を4人集めなければいけないと聞かされたシキたち。「魔王四煌星を探す」という次なる旅の目的が決まったところで、一行はようやくブルーガーデンに帰還を果たす。

“B・キューバー狩り”でレベッカが誘拐!(第9話~第10話)

EDENS ZERO 第9話よりホムラ
EDENS ZERO 第9話よりホムラ(C)真島ヒロ/講談社・NTV

新たな“友達”と船を手に入れ、順調そうに見えたシキたちの冒険。ところがブルーガーデンでは、動画配信者を誘拐する“B・キューバー狩り”が頻発していた。シキが、風のエーテルギアと忍術を操る謎の男・ジンと戦っている間、別行動していたレベッカが何者かに誘拐されてしまう。怒ったシキは、レベッカを救出するべく、ジンが口にしていた惑星ギルストへ急ぐことに。一度はシキたちと別れたワイズだったが、誘拐騒ぎを知り、救出に同行するという。謎のエーテルギア使いの少女・ホムラを戦力に加え、シキたちは、悪党の巣窟と呼ばれる惑星ギルストへ乗り込んだ。

惑星ギルストでシキたちを出迎えたのは、魔王四煌星の一人・シスターだった。なぜシスターが、B・キューバーをさらった傭兵団ローグアウトの団長をしているのか。戸惑いながらも、レベッカを探すシキたち。その頃レベッカは、誘拐を依頼した張本人であるイリーガの目的を知り、攫われたB・キューバーの少女たちを励ましながら脱出を試みていた。そんなとき、時を喰う宇宙の怪物“時喰み”がギルストに急接近! シキたちに消滅の危機が迫っていた。

本物のシスターが登場! 新たな仲間とともに(第11話)

EDENS ZERO 第11話よりシスター・イヴリィン
EDENS ZERO 第11話よりシスター・イヴリィン(C)真島ヒロ/講談社・NTV

何も知らないシキは、ジンやシスターと戦闘中。そしてレベッカは、非道なイリーガと対峙していた。一方ワイズは、ホムラを不審に思い、本当の目的を問い詰めていた。が、偶然にもふたりは、ローグアウトの地下で囚われの美女を発見する。ホムラは、彼女こそが魔王四煌星の一人、シスター・イヴリィンだというのだ。

ワイズによって解放されたシスター・イヴリィンが、シキたちの前に姿を現すと、傭兵団のシスターの様子がおかしい。なんと、本物のシスターを地下の転送機械につなぎ、その治癒の力を10年間も勝手に使っていたのだった。偽シスターはあっけなく敗れ、シキは本物のシスターたちとともに急いで『EDENS ZERO』へ戻ることに。また、イリーガを得意の銃で撃ち取ったレベッカは、シスターの力で石化が解けた少女たちを連れ、無事脱出。あとは大切な“友達”であるシキの帰りを待つだけだ。

“時喰み”到達まで残り10分。けれど、友達が増えたシキたちに、怖いものは何もなかった――。

新たな仲間たちと出会い、宇宙戦艦『EDENS ZERO』を手に入れたシキたちは、危機を乗り越えるたびに“友達”との絆を深めていく。そして、7月からは新たな展開がスタート! シキ、レベッカ、ハッピーたちの“マザー”を目指す大冒険は、まだまだ始まったばかりだ。

主題歌を歌う西川貴教が「Eden through the rough」に込めた想い


さらに! シキたちの冒険の始まりを熱く盛り上げた、OP主題歌「Eden through the rough」を歌う西川貴教のメッセージが到着した。

「Eden through the rough」は、誰もが重苦しい毎日を過ごされているであろう今、そんな日常から皆さんを切り離し、真島ヒロ先生の描く友情と冒険のスペースファンタジー世界へと引きずり込みたいという思いで、スピード感と力強いリリックにこだわって制作させていただいた主題歌です。1ワードずつ聞き取ろうとしているとあっという間に置いていかれてしまうので、シキが武器を使わず自分自身の力で何かをもぎ取っていくように、どうぞ、脳を介そうとせずに体で受け止めてください! 聴いているとライブ空間がイメージされる曲でもあり、一日も早く、皆さんに直接届けられるよう、僕のできることをしっかりしていきたいと思っています。「EDENS ZERO」との出会いにも力をいただき、新たな挑戦に燃える西川貴教に期待していただけたら、うれしいです。

主題歌を歌う西川貴教さん
主題歌を歌う西川貴教さん

【文:実川瑞穂】

■TVアニメ「EDENS ZERO」
放送:日本テレビ系にて、毎週土曜24時55分放送
(放送日時は予告なく変更になる可能性がございます)
配信:NETFLIX・Huluにて独占先行配信、毎週土曜25時35分から各話配信

スタッフ:原作…真島ヒロ(講談社「週刊少年マガジン」連載)/総監督…石平信司/監督…鈴木勇士/シリーズ構成…広田光毅/アニメーションキャラクターデザイン…迫由里香/サブキャラクターデザイン…菊池隼也/美術監督…魏斯曼(スタジオちゅーりっぷ)/色彩設計…伊藤由紀子/撮影監督…廣瀬唯希/編集…後藤正浩(REAL-T)/音響監督…はたしょう二/音響制作…マジックカプセル/音楽制作…:日本テレビ音楽/アニメーション制作…J.C.STAFF/製作…講談社・日本テレビ/OP:「Eden through the rough」西川貴教/ED:「冒険のVLOG」CHiCOwith HoneyWorks

キャスト:シキ…寺島拓篤/レベッカ…小松未可子/ハッピー…釘宮理恵/ワイズ…手塚ヒロミチ/ピーノ…井澤詩織/ホムラ…青木志貴/ウィッチ…安野希世乃/シスター…藤井ゆきよ/モスコ…岩田光央/ジギー…大塚芳忠

リンク:TVアニメ「EDENS ZERO」公式サイト
    公式Twitter・@EDENSZERO_PJ