新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

宮野真守が『竜とそばかすの姫』を美声で朗読!特別映像が本日解禁‼

ムービー 2021年06月29日 14:00配信
人気声優・宮野真守が『竜とそばかすの姫』を美声で朗読!

人気声優・宮野真守が『竜とそばかすの姫』を美声で朗読!

(C)2021 スタジオ地図

2021年7月16日より全国で公開される、スタジオ地図が贈る細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』。公開に先駆け、6月15日に細田守監督自らが執筆した原作小説が発売されましたが、原作小説の発売と映画公開を記念し、映画にも、YouTuberの【ひとかわむい太郎・ぐっとこらえ丸】という一人二役で出演している人気声優の宮野真守さんが原作小説を朗読!その映像がYouTubeチャンネル【 KADOKAWAanime 】で本日公開となりました。

今回、宮野さんが朗読したのは、物語の広がりを予感させる小説の冒頭部分。細田監督ならではのリアル×ファンタジー世界の扉が、魅力的な美声によって開かれます。朗読でしか感じることのできない情景に浸りながら、『竜とそばかすの姫』の世界を是非、お楽しみください。
さらに、この動画は全国2000店の書店内モニターでも、放映が決定! お近くの書店で、声が聞こえてくるかもしれません。

【宮野真守さんコメント】
小説の冒頭から、細田監督の大きな世界観を感じられて、わくわくしました。
今回の朗読では、主人公のすずが持つ孤独な部分を、僕なりに表現できればと思い、読ませて頂きました。
映画もかなりすごいことになっているので、是非ご覧ください!


■映画「竜とそばかすの姫」
2021年7月16日(金)より 全国にて公開

リンク:映画「竜とそばかすの姫」公式サイト
    公式Twitter・@studio_chizu

■『竜とそばかすの姫』(角川文庫)
発売日:2021年6月15日(火)
定価:726円(本体660円+税)
発行:KADOKAWA 角川文庫刊

【あらすじ】
過疎化が進む高知の田舎町で父と暮らす17歳の高校生・すずは、幼い頃に母を事故で亡くしたことをきっかけに、心に大きな傷を抱えて現実世界では心を閉ざしていた。ある日、“もうひとつの現実”と呼ばれる、インターネット上の超巨大仮想空間〈U〉に「ベル」というアバターで参加することに。ずっと秘めてきた比類なき歌声で瞬く間に世界中から注目される歌姫となったすずは、〈U〉の中で「竜」と呼ばれ恐れられている謎の存在に出逢う――。歌が導く奇跡の出会いと成長の物語!
※原作小説『竜とそばかすの姫』は、児童文庫レーベルの角川つばさ文庫からも6月30日(水)に発売予定です。