新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

市川染五郎、杉咲花、イシグロキョウヘイ監督登壇の「サイダーのように言葉が湧き上がる」初日舞台挨拶オフィシャルレポが到着!

ムービー 2021年07月26日 10:40配信
劇場アニメ「サイダーのように言葉が湧き上がる」初日舞台挨拶より

劇場アニメ「サイダーのように言葉が湧き上がる」初日舞台挨拶より

人とのコミュニケーションが苦手な俳句少年と、コンプレックスを隠すマスク少女。何の変哲もない郊外のショッピングモールで出会ったふたりが、言葉と音楽で距離を縮めていく、ボーイ・ミーツ・ガールストーリーを描く劇場オリジナルアニメ「サイダーのように言葉が湧き上がる」。

公開初日である2021年7月22日(木・祝)に、東京・新宿ピカデリーで主演の市川染五郎さん、杉咲花さん、イシグロキョウヘイ監督が登壇する初日舞台挨拶が行われました。そのオフィシャルレポートをお届けします。

【「サイダーのように言葉が湧き上がる」初日舞台挨拶オフィシャルレポート】

1年2ヶ月の公開延期を経て、ようやく迎えた公開初日に全員感無量。とくに染五郎さんと杉咲さんは、お客様の前にたつイベントは今日が初めて。染五郎さんは「本来であれば、去年の5月に公開されるはずだったものが2回も延期になってしまって、とても残念な思いと悔しい思いがありました。この日を迎えられて率直に嬉しい気持ちでいっぱいです」と映画公開の喜びを口にした。

杉咲さんも「いつお客さまのもとに無事に届くのだろうと思っていたんですけど、今日この日を迎えられて、しかもこの映画にぴったりの夏の季節に公開になることが嬉しいです」と公開初日を迎えての思いを語った。

イシグロ監督は「公開延期があったんですけど、怪我の功名だと考えております。結果、7月22日の夏休みの初めの日に作品にそぐう形で迎えられたことを僕はポジティブに捉えております」と語った。

この映画で初めての声優にチャレンジした染五郎さんは「チェリーはとても人見知りで、自分の思ってる気持ちをうまく言葉にできない、でも唯一自分の気持ちを表現できるのが俳句という少年なんですけど、自分自身も人見知りでチェリーととても似ている部分がたくさんあって。不思議なご縁というか、ここまで似ている役をやらせていただくのはご縁を感じました」と自分との共通点を語った。

そして俳句という点に関して「歌舞伎のセリフも七五調という台詞回しがありますので少し似ている部分があるので、それは通ずるものがあるんじゃないかなと思いました」と歌舞伎界の超新星ならではの目線で語った。

杉咲さんは「スマイルはコンプレックスがありながらもとっても前向きに進んでいく女の子で、彼女がいるだけでパッと明るくなるようなポジティブな空気をまとった人。個人的にはすごく好きなキャラクターです。」と明るく語った。

アフレコは監督のこだわりで、かけ合いを求めてキャストは2日にわたって一緒に行ったという。アフレコ時のことや、共演した山寺宏一や花江夏樹の声優陣に対して染五郎さんは、「今、この状況であったら、同じブースで間近に実際にプロの方が行っているのを拝見できなかったと思うのですごく貴重な経験だったと思います。特に山寺さんはフジヤマ役を主にやられていましたけど、トムという猫の役もやられていて。自分はアフレコの日まで知らなかったのでいろんな声をお持ちなんだなとあらためて思って。間近に見てすごいなと感動しました」と語ると監督も笑顔。

また、映画の好きなシーンを聞かれると「一番最後のクライマックスのシーンは、"チェリー頑張れ"応援したくなる。自分が演じている間も、気持ちが一番高まってチェリーが感情をさらけ出した。タイトル通りサイダーのように気持ちがスカッとなるシーンなので一番好きですね」と語った。

染五郎さんのアフレコの思い出としてイシグロ監督は「当時の彼は中学3年生で声変わりがようやく終わりかけで、叫ぶのは喉を痛めてしまうからリスキーだった。それを説明した上でも3回も回して、しかも全部全力で。最後の3回目のを本編で使っているんですけど、音を聞いてほしいですね。がらっとした声が入っている感じに気持ちが乗っていて素晴らしいシーンになっているんですよね」とチェリーのお気に入りのシーンとして挙げた。

杉咲さんは「スマイルがチェリーの声を『可愛いと思う』って言うシーンがすごく好きです。相手のここが素敵だなと思ったところを素直に伝えられるスマイルも素敵ですし、きっとそういうふうに褒められることってチェリー自身もあんまり経験してこなかったからこそ、二人の関係性にとっても希望を感じさせるシーンですごく印象的なシーンですね」。

そして公開を記念して、サイダー樽の鏡開きが行われた。小槌で割られた樽からは勢いよく銀テープが噴射! 登壇者たちは驚きながらも、その顔には笑顔が溢れた。

監督がこの作品を一言で表すと"ハッピーエンド"だという本作。「これから世の中どうなるか、僕たちは予測がなかなかつかない状態ですけど、爽やかになれるような映画をご用意しておりますので、ポジティブな気持ちになって明日も頑張っていただければと思っております」と呼びかけ、舞台挨拶は幕を閉じた。

【ストーリー】
17回目の夏、地方都市――。コミュニケーションが苦手で、俳句以外では思ったことをなかなか口に出せないチェリーと、見た目のコンプレックスをどうしても克服できないスマイルが、ショッピングモールで出会い、やがてSNSを通じて少しずつ言葉を交わしていく。ある日ふたりは、バイト先で出会った老人・フジヤマが失くしてしまった想い出のレコードを探しまわる理由にふれる。ふたりはそれを自分たちで見つけようと決意。フジヤマの願いを叶えるため一緒にレコードを探すうちに、チェリーとスマイルの距離は急速に縮まっていく。だが、ある出来事をきっかけに、ふたりの想いはすれ違って――。物語のクライマックス、チェリーのまっすぐで爆発的なメッセージは心の奥深くまで届き、あざやかな閃光となってひと夏の想い出に記憶される。アニメ史に残る最もエモーショナルなラストシーンに、あなたの感情が湧き上がる!

■劇場アニメ「サイダーのように言葉が湧き上がる」
2021年7月22日より大ヒット上映中

スタッフ:原作…フライングドッグ/監督・脚本・演出…イシグロキョウヘイ/脚本…佐藤大/キャラクターデザイン・総作画監督…愛敬由紀子/音楽…牛尾憲輔/演出…山城智恵/作画監督…金田尚美、エロール・セドリック、小澤郁、渡部由紀子、辻智子/洪昌熙、小磯由佳、吉田南/原画…森川聡子/音響監督…明田川仁/アニメーションプロデューサー…小川拓也/劇中歌…大貫妙子「YAMAZAKURA」/主題歌…never young beach「サイダーのように言葉が湧き上がる」/アニメーション制作…シグナル・エムディ×サブリメイション/配給…松竹
キャスト:市川染五郎/杉咲花/潘めぐみ/花江夏樹/梅原裕一郎/中島愛/諸星すみれ/神谷浩史/坂本真綾/山寺宏一

リンク:劇場アニメ「サイダーのように言葉が湧き上がる」公式サイト
    公式Twitter・@CiderKotoba