新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

TVアニメ「古見さんは、コミュ症です。」10月6日よりテレビ東京ほかで放送開始決定!

アニメ 2021年08月18日 10:00配信
TVアニメ「古見さんは、コミュ症です。」キービジュアル

TVアニメ「古見さんは、コミュ症です。」キービジュアル

(C)オダトモヒト・小学館/私立伊旦高校

TVアニメ「古見さんは、コミュ症です。」が10月6日(水)24時よりテレビ東京ほかで放送開始決定!

あわせて、キービジュアルと第1弾PV、追加キャストが発表されました。山井恋を日高里菜さん、中々思春を大久保瑠美さん、上理卑美子を藤井ゆきよさん、ナレーションを日髙のり子さんが担当します。EDテーマアーティストは、ピアノ連弾ボーカルユニット・Kitri(キトリ)に決定しました。第1話EDテーマの『シンパシー』と、第2話以降のEDテーマ『ヒカレイノチ』を歌います。

「古見さんは、コミュ症です。」は、人とのコミュニケーションを極端に苦手とする高校1年生の古見硝子と、彼女の友達を100人作ることを目標に定めた友達第1号のクラスメイト・只野仁人の日常を描くコミュ症美少女コメディです。古見硝子は古賀葵さん、只野仁人は梶原岳人さんが演じます。

■山井恋
山井さんは、ヤンデいる。
おしゃれが大好きで、クラスでも明るくイケてる女子グループのリーダー格。その実、古見さんが大好き。大好きすぎるほど大好き。そのため、古見さんと親しくしている只野くんは、違う意味で放っておけない存在。

【山井恋役・日高里菜さんのコメント】
◆作品への印象
キャラクターひとりひとりが本当に濃くて思わず笑ってしまうシーンや台詞も多いのですが、どこか共感できる部分だったり「いるいる!」と思える瞬間があり、気付いたらどんどん読み進めていました。そして古見さんがとても可愛いんですよね。不器用ながらもがんばっている姿は応援したくなりますし、少しずつ成長していく姿に胸が熱くなりました。

◆演じるキャラの印象と役への意気込み
山井恋ちゃんはクラスの中心人物で友達も多く、いわゆる「The陽キャ」に見えますが、古見さんのことになると…人が変わります。原作を読んだ時から、その豹変ぶりには衝撃を受けました(笑)。そのギャップをお芝居でも表現できるようがんばります! あと、山井の病んだ時の表情が個人的に好きなので、一ファンとして楽しみにしています。

■中々思春
中々さんは、中二病です。
古見さんに近づくと、体内にある「禁忌の力」こと"ドラゴンフォース"が反応する。その反応からコミリア姫(古見さん)に「血の契約」を求めたり、転生を繰り返していたり。これらは全部設定かもしれない。そして、もしかしたら友達になりたいだけなのかもしれない。

【中々思春役・大久保瑠美さんのコメント】
◆作品への印象
初めて読んだ時、ふんわり優しい部分とえぐみのあるエッジの効いた部分に、とても癒され、大いに笑わせていただきました! 個性の強い…いや、強すぎるキャラクターが多く、どの子もとても魅力的なので推しに迷ってしまいます。いろいろな方向から楽しめるのでたくさんの人に勧めたくなる作品ですよね。古見さんがとにかく可愛くて、がんばっている姿を只野くんと一緒に応援しています! がんばれ、古見さーん!

◆演じるキャラの印象と役への意気込み
中々思春さんは、中二病です。人生で誰しもが一度は経験したであろう、あの痛々しくも瑞々しい感性の真っ只中にいます。かく言う私も経験者…。気持ちはめちゃくちゃわかるので、あの頃を思い出しながら思春に寄り添っていけたらなと思っています。普段は中二病全開ですが、ときどき見える素の女の子らしい姿がめちゃくちゃ可愛い子なので、そういった部分も大切にしながら演じていきたいです。

■上理卑美子
上理さんは、あがり症です。
人に見られていると感じるだけで、何事もうまくできなくなってしまう。自分の「ちょっとぽっちゃり」や「足が短い」といった容姿も気にしており、スタイルが良くて美少女な古見さんに憧れている。トイレは絶対領域(パーソナルスペース)。

【上理卑美子役・藤井ゆきよさんのコメント】
◆作品への印象
「登場人物みんな個性が強いなー!」の第一印象から、読み進めると古見さんの実は可愛らしいところを只野くんがたくさん気づいてくれたり引き出してくれて、そんな2人の優しい内面を知っていくたびにどんどん2人のことが好きになってしまいました。自分を素直に表現できなかったり、うまく相手に伝えられなかったり、周りから見られているイメージより繊細な自分がいたり、人と人とがお互いを知って受け入れていくことってむずがゆいこともたくさんあると思うのですが、なんだかこの作品を読むと、胸がほっこりあたたかくなります。笑って、キュンとして、応援したくなる、とってもハートフルな作品だと思いました。

◆演じるキャラの印象と役への意気込み
上理ちゃんはあがり症な女の子…と聞けばなんだか可愛らしい子を想像するかもしれませんが、あがり症のヴェールに隠された、いや隠しきれてない個性の方が非常に強い子で、キャラクターの振り幅がとても大きい女の子でした。いろんな一面があってとても楽しいです。上理ちゃんにもお友達が増えるようがんばります!

【EDテーマアーティスト・Kitriのコメント】
TVアニメ「古見さんは、コミュ症です。」のED主題歌を担当させていただけることになり、大変嬉しく思います。この作品は、古見さんをはじめ色んな個性を持ったキャラクターがそれぞれ魅力的で、愛おしい気持ちでいっぱいになります。 今回、2曲のED主題歌で携わらせていただくことになり、第1話には特別に『シンパシー』という曲をエンディング曲として制作しました。新しい仲間や気になる人に出会った時の心躍る瞬間や、誰かと仲良くなりたいと思う気持ちを表現しました。学校では、クラス替えや席替えなど環境が変わる場面がたくさんありますが、その時の緊張までも楽しめるような歌詞や楽曲をイメージしました。第1話から古見さんが誰とどんな風に友達になっていくのか、期待してもらえるような1曲になったと思います。

また、ED主題歌として第2話からは『ヒカレイノチ』という楽曲がオンエアされます。原作の漫画で、自分にとっての欠点が人には長所として映っていたり、完璧に見える誰かも、自分と同じように悩みながらも前を向いて生きているのかもしれないと思えたり……。みんな顔も性格も違いますが、それぞれが輝くものを持っているということを強く感じさせてもらいました。『ヒカレイノチ』は、登場人物や聴いてくださる方の人生がキラリと光ることを願って制作した楽曲です。いち視聴者としても、アニメの公開を心から楽しみにしています!

【イントロダクション】
"コミュ症"とは――人付き合いを苦手とする症状。またはその症状を持つ人を指す。留意すべきは――苦手とするだけで、他人と係わりを持ちたくない、とは思っていないことだ。桜舞う高校1年、極度のコミュ症である古見さんが出会ったのは"普通すぎる"クラスメイト・只野くん。人前で緊張してしまう古見さんの夢は、「友達を100人作る」こと。古見さんの「1人目の友達」になった只野くんは、残り99人の友達づくりを手伝ってくれることになりました。個性派ぞろいの高校で、古見さんの夢は叶うのでしょうか? 伝えたい、でも伝えられない…そわそわ、どきどき、思わずにやにや、でも時折、胸にチクリと突き刺さる? コミュ症美少女コメディー、開幕です。

■TVアニメ「古見さんは、コミュ症です。」
2021年10月6日より毎週水曜24:00~ テレビ東京ほかで放送開始予定

スタッフ:原作…オダトモヒト(小学館『週刊少年サンデー』連載中)/総監督…渡辺歩/監督…川越一生/シリーズ構成…赤尾でこ/キャラクターデザイン…中嶋敦子/美術監督…佐藤勝/音楽…橋本由香利/音響監督…渡辺淳/音響制作…HALF H・P STUDIO/エンディングテーマ…Kitri「ヒカレイノチ」/アニメーション制作…オー・エル・エム/制作…小学館集英社プロダクション
キャスト:古見硝子…古賀葵/只野仁人…梶原岳人/長名なじみ…村川梨衣/山井恋…日高里菜/中々思春…大久保瑠美/上理卑美子…藤井ゆきよ/ナレーション…日髙のり子

リンク:TVアニメ「古見さんは、コミュ症です。」公式サイト
    「古見さんは、コミュ症です。」第1弾PV
    公式Twitter・@comisanvote