新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

自分流で好きなように作ってほしい——永井豪が湯浅監督へエール「DEVILMAN crybaby」スペシャル生対談【AnimeJapan 2017】

イベント 2017年03月25日 15:52配信
自分流で好きなように作ってほしい——永井豪が湯浅監督へエール「DEVILMAN crybaby」スペシャル生対談【AnimeJapan 2017】

AnimeJapan 2017のイベントに登壇した永井豪さん(左)と湯浅政明さん(右)

(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project

3月25日(土)・26日(日)、東京ビッグサイトで開催されている日本最大級のアニメイベント「AnimeJapan 2017」。そのセミナーステージにて、「DEVILMAN crybaby 」のトークイベントが25日に開催されました。

イベントには原作者の永井豪さんと、「ピンポン THE ANIMATION」、映画「夜は短し歩けよ乙女」、映画「夜明け告げるルーのうた」などを手がけ、本作の監督を務める湯浅政明さんが登壇。永井豪さんの作家活動50周年記念作品として2018年春にNetflixで独占世界公開される「DEVILMAN crybaby 」の誕生秘話が語られました。

イベントはニッポン放送アナウンサー のある吉田尚記さんの司会で進行。対談は、原作コミックが描かれテレビアニメが放送された当時の話題から始まりました。原作のデビルマンが描かれた頃は、ベトナム戦争や学生運動が激しかった時代。永井さんは、そのような戦いがエスカレートしていく世の中を危惧しながら作品を描いていたそうです。また、当時は「まるで乗り移られていたように描いていた」ともコメント。自分で描きながらも、「どうしてこのようなセリフがでてきたのだろう?」と驚くことが、連載中はたくさんあったそうです。

一方、原作のデビルマンに湯浅監督が出会ったのは高校生の頃。美術部に所属していた湯浅監督は、デビルマンやその他の短編集を読んで衝撃を受け、小さい頃に見ていたテレビアニメ版との描写の違い、特に後半の展開にとても衝撃を受けたそうです。

そんな衝撃を受けた作品を自ら手がけることになった感想を尋ねられると、湯浅監督は「大それたこと、ですよね」と笑いながらコメント。誰もが知っている作品の映像化は難しく怖いという気持ちもあったそうですが、それ以上にやりたいという気持ちが上回ったそうです。

また、映像化のオファーを受けた永井さんは、湯浅監督が手がけた劇場作品「夜は短し歩けよ乙女」と「夜明け告げるルーのうた」を見て、デビルマンのシュールな世界を作ることができる人だと確信したそうです。そして「それぞれに自分の個性があり、それを発揮できるのは好きに作ること。存分にやっていただきたい」と湯浅監督にエールを送りました。

さらに、物語を作る上での最大のポイントについて尋ねられると、湯浅監督は「了を描くこと」と回答。監督は(デビルマンを)明と了のバディものであり、了の物語であるととらえているそうです。その言葉に大きくうなずく永井さん。永井さん自身も了こそが本当の主人公だったと連載後半になって気付いたと語り、物語の本質を鋭くとらえている監督の言葉に、とても嬉しそうな様子でした。

トークは、映像化するにあたり湯浅監督が舞台を原作で描かれていた(作中の)時代から現代へと変更したことへ。テレビ放送ではなくNetflixによる配信ということで、原作のもつバイオレンスやエロティックな部分についても、限界まで表現するように作っているそうです。原作が描かれた時代からの変化を受け入れつつも、永井さんが込めた魂を表現するために、衝撃の結末について自分なりの答えを見つけた上でラストシーンから物語を構築していると明かしました。

この他にも、テレビアニメ時代の思い出や、制作決定時にお祓いしにいったという裏話も飛び出したスペシャル生対談。最後に湯浅監督は、「永井先生のご期待に添えるような、いい作品になっていると思います。原作のラストシーンに集約するような構成で、最初に描かれた漫画を再現するつもりでいます。ご期待ください」とコメント。永井さんは、「もう早く来年にならないかな、早くみたい。ただそれだけです(笑)。作るのを楽しんでもらえたら、いい作品になると思っています。監督は自分流でやりたいことをやってください」と締めくくりました。

「DEVILMAN crybaby」は9カ国語版の吹き替え、25の言葉で字幕が作られ、Netflixにて2018年第1四半期に全世界配信予定です。【取材・文=小川陽平】

※3月26日7時50分 文章内に一部間違いがあり訂正いたしました

■「DEVILMAN crybaby」

2018年初春にNetflixで独占全世界公開

スタッフ:原作…永井豪「デビルマン」/監督…湯浅政明/脚本…大河内一楼/音楽…牛尾憲輔/アニメーション制作…サイエンスSARU/Produced by Aniplex Inc./Dynamic Planning Inc. In Association with Netflix/Executive Producer…岩上敦宏・永井隆・上木則安/Producer…新宅洋平・永井一巨/Animation Producer…Choi Eunyoung  

リンク:アニメ「DEVILMAN crybaby」公式サイト

    公式ツイッター・@DevilmanCryBaby