新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

KADOKAWAとJALグループが空港・飛行機をテーマにしたプロジェクト「マジックエアポート」を共同制作!

その他 2021年08月20日 13:48配信
空港・飛行機をテーマにしたマルチメディアプロジェクト「マジックエアポート」

空港・飛行機をテーマにしたマルチメディアプロジェクト「マジックエアポート」

KADOKAWA、日本航空(JAL)、JALブランドコミュニケーション(JBC)は、空港と飛行機をテーマとしたマルチメディアプロジェクト「マジックエアポート」を共同で手がけました。

「マジックエアポート」は、パイロットを夢見る少年のソウスケ(江阿蒼翼)が、空港に住む不思議な飛行生物のマギーと大冒険を繰り広げる物語を軸としたマルチメディアコンテンツです。

最初の取り組みとして、本日8月20日よりYouTubeで航空科学を分かりやすく解説する動画「なぜなに!? 飛行機のヒミツ」が公開されました。客室乗務員やグランドスタッフなど実在のJALグループ社員も出演する、共同事業ならではの動画となっています。今後も毎月、さまざまなテーマを取り上げた小学生向けの解説動画を公開予定です。

また、KADOKAWAの児童書ポータルサイト・ヨメルバでコミック「マジックエアポート」の連載が始まりました。原作・シナリオは都築メイさん、漫画は伊原しげかつさんが担当しており、こちらも月1回の更新が予定されています。

KADOKAWA、JAL、JBCの3社は今後も「マジックエアポート」でさまざまな施策を実施予定です。