新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

中国発のWebアニメ「漢化日記」が2022年1月12日より衛星劇場で放送スタート!

アニメ 2021年12月21日 08:00配信
アニメ「漢化日記」より

アニメ「漢化日記」より

(C)bilibili

CS放送局の「衛星劇場」で、2022年1月12日(水)から中国発のWebアニメ「漢化日記」全12話が放送決定! 毎週水曜と木曜の20時55分から21時10分まで、各日1話ずつ放送されます。

中国で2019年に配信された「漢化日記」は、同国のWebアニメ市場を開拓した伝説的アニメ「十万个冷笑話」の制作スタッフによるアニメーション作品です。

いろいろなものが人の姿(漢化〔オトコ化〕)として見えるようになってしまったオタク女子のスー・モーティンが神、妖怪と送る日常をコミカルに描く物語で、中国の動画共有サイト「bilibili」で10点満点9.8点という高評価を獲得。2021年初めには第2期が配信され、第1期と同様の高評価を得ています。

【ストーリー】
21世紀にはバランスが取れていた人、神、妖の三界は人間社会の急速な発展でバランスを崩し、人間の世界を知るため、神と妖怪が人間界に送られることになった。神と妖の間に生まれたオタク気質なオフィスウーマンのスー・モーティンは、突然両親に家を追い出されてしまう。住む家を探していたところ騙されてしまい、契約したのは「賃貸契約書」でなく「神妖界をサポートする労働契約書」だった!? 契約によって、いろんな物が人の形(漢化〔オトコ化〕)として見えるようになってしまったスーは、スマホで"漢化"した神と猫の妖怪に出会い、3人で面白おかしく不条理な日常を送ることに……。

■アニメ「漢化日記」(2019年/中国/全12話)
放送:CS放送局 衛星劇場…2022年1月12日より毎週水・木曜20:55~21:10
再放送:1月15日より毎週土曜17:00~17:30 ※連続2話放送

スタッフ:監督…周雪(ジョウ・シュエ)/脚本…盧恒宇(ルー・ヘンユー)、隋佳林(スイ・ジャーリン)、アニメーション制作…艾爾平方
キャスト:喬菲菲(チャオ・フェイフェイ)/皇貞季(ホワン・ジェンジー)/藤新(トン・シン)

リンク:アニメ「漢化日記」詳細ページ