新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

2018年1月ノイタミナ「恋は雨上がりのように」の最新PVが解禁!制作スタジオはWIT STUDIO

テレビ 2017年11月03日 01:20配信
2018年1月ノイタミナ「恋は雨上がりのように」の最新PVが解禁!制作スタジオはWIT STUDIO

テレビアニメ「恋は雨上がりのように」キービジュアル

(C)眉月じゅん・小学館/アニメ「恋雨」製作委員会

2018年1月から放送されるテレビアニメ「恋は雨上がりのように」のキービジュアルと最新アニメーションPVが公開。スタッフ陣や主題歌担当アーティストが発表され、アニメ公式サイトがリニューアルしました。

本作は、2014年から週刊ビッグコミックススピリッツで連載され、「マンガ大賞 2016」や「このマンガがすごい!2016」オトコ編などにランクインした眉月じゅんさんの漫画が原作。陸上部のエースだったが怪我で走ることをやめてしまった17歳の主人公・橘あきらと、あきらがバイトするファミレスで、夢をあきらめた過去を持つ45歳の店長・近藤正己(45歳)が織りなす正統派ラブストーリーです。

キービジュアルには、主⼈公が学校の校舎のベランダから、雨が上がったばかりの突き抜けるような⻘空を⾒上げる姿が描かれ、爽やかな仕上がりとなっています。

監督を務めるのは、「映画ドラえもん のび太の恐竜 2006」や「宇宙兄弟」など、多くの叙情的な作品を手がけてきた渡辺歩さん。アニメーション制作は、「進撃の巨人」「甲鉄城のカバネリ」などでハイクオリティなアクション作品を手がけたWIT STUDIOに決定。

エンディング・テーマは、Aimerが本作のために「Ref:rain」(※読み:リフレイン)を書き下ろし。誰もが通った“あの頃”を思い出す優しく切ないバラードで、楽曲は最新PVでも公開。14枚目のシングル「Ref:rain/タイトル未定」として、2018年2月21日(水)にリリースされることも決定しています。

最後に、この発表に際して到着したスタッフ陣のコメントを紹介します。

●渡辺歩監督コメント

「この原作の素晴らしさを多くの方たちと共有できるよう、また、どんな人が、どんな時に観ても楽しめ、観た人の心にいつまでも残る作品に仕立てるために、キャスト・スタッフ一丸となり、丹精を込めて制作しております。月並みではございますが、どうぞご期待ください!」

●エンディング担当・Aimerさんコメント

「『恋は雨上がりのように』エンディング・テーマを担当させていただけること、光栄です。あきらと店長、2人を取り囲む日々には“かけがえのない財産”がたくさん灯っていて、表情、セリフ、仕草、時にその一コマに、涙が出るほど心揺さぶられます。ページをめくるたび、失くしたものを拾い上げてもらえるような、自分まで肯定してもらえるような、切なくて嬉しい、澄んだ気持ちになります。彼女たちから受け取ったものを声にして、歌にして、物語に寄り添えたら、と思っています」

●原作・眉月じゅんさんコメント

「まずはこの企画に携わってくださった全ての方にお礼を申し上げます。本当にありがとうございます。一流の方々の手によって自分の漫画が別の媒体に変換されていく様子はとても貴重で感動的なものでした。漫画にアニメ、どちらも末長くみなさまの心に在り続ける作品になれば幸いです」

■テレビアニメ「恋は雨上がりのように」

スタッフ:原作…眉月じゅん(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)/監督…渡辺歩/アニメーション制作…WIT STUDIO/エンディング・テーマ…Aimer「Ref:rain」

リンク:アニメ「恋は雨上がりのように」公式サイト

    公式Twitter・@koiame_anime