新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

「ゲゲゲの鬼太郎」第14話の先行カットが到着。まなとねこ娘が夢の世界に夢中になり!?

テレビ 2018年06月30日 12:00配信
「ゲゲゲの鬼太郎」第14話の先行カットが到着。まなとねこ娘が夢の世界に夢中になり!?

第14話「まくら返しと幻の夢」より

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第14話の先行カットが到着。この回から、レキシの「GET A NOTE」とともに放送される新エンディングの先行カットも公開されました。

<第14話「まくら返しと幻の夢」あらすじ>眠ったまま目覚めなくなってしまった父親を心配する少年・マサシは、まなを通じて 鬼太郎に助けを求める。まなによると、マサシの父親以外にも眠ったままの大人たちが多数いるのだと いう。目玉おやじの、大人たちは妖怪によって夢の世界に捕われているのでは、という推測のもと、鬼太郎たちはまくら返しのもとを訪ねたが、まくら返しは犯人ではなかった。まなはまくら返しをうまくたきつけ、鬼太郎たちは彼の術で夢の世界へ入り込む。そこは思い描いたことが何でも叶ってしまう場所。まなとねこ娘は早くも自分の夢の世界に夢中になってしまうのだった。

第14話「まくら返しと幻の夢」は、7月1日(日)9:00からフジテレビ他で放送されます。

この回には、小さな鬼のような外見で、寝ている最中に人々の枕を取り上げたり、足と頭の向きを移動させたりする妖怪・まくら返し(CV:岩崎ひろし)と、夢の中に現れる夢繰りの鈴の少女(CV:かないみか)が登場します。

1968年の初放送から50周年のアニバーサリーイヤーを迎えた「ゲゲゲの鬼太郎」。第6期の舞台は、21世紀に入ってから20年近くが経ち、人々が妖怪の存在を忘れてしまった現代。科学では解明できない現象が頻発して大人たちが右往左往する中、そんな状況を何とかしようと妖怪ポストに手紙を書いた13歳の少女・まな。彼女の前に、カランコロンと下駄の音を響かせてゲゲゲの鬼太郎が現れます。

 

■テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(第6期)

放送  :フジテレビほか…毎週日曜9:00〜

スタッフ:原作…水木しげる/シリーズディレクター…小川孝治/シリーズ構成…大野木寛/キャラクターデザイン・総作画監督…清水空翔/音楽…高梨康治・刃-yaiba-/制作…フジテレビ・読売広告社・東映アニメーション

キャスト:鬼太郎…沢城みゆき/目玉おやじ…野沢雅子/ねずみ男…古川登志夫/ねこ娘…庄司宇芽香/犬山まな…藤井ゆきよ/砂かけばばあ…田中真弓/子泣きじじい&ぬりかべ…島田 敏/一反もめん…山口勝平

リンク:アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」公式サイト

    公式Twitterアカウント・@kitaroanime50th