新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

「ゲゲゲの鬼太郎」第15話の先行カットを公開。アイドルのおっかけをしている少女が!?

テレビ 2018年07月07日 14:00配信
「ゲゲゲの鬼太郎」第15話の先行カットを公開。アイドルのおっかけをしている少女が!?

第15話「ずんべら霊形手術」より

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第15話の先行カットが公開されました。

<第15話「ずんべら霊形手術」あらすじ>アイドルのおっかけをしている少女・きららはかわいい顔になりたい願望が強く、自分の容姿を恨めしく思っていた。ある時きららは不思議な老婆、妖怪・ずんべらに出会う。ずんべらは、自分の霊形手術を受けさえすれば望むままの美貌を手にすることができると持ちかける。かくして、霊刑手術を受けたきららは美少女となった。しかし、彼女は大きな代償を払っていたのだ。美少女となり周囲からの羨望のまなざしに酔いしれたのも束の間、突如、苦しみがきららを襲う。なんと彼女の顔が全て剥がれ落ち、のっぺらぼうになってしまったのだ!

第15話「ずんべら霊形手術」は、7月8日(日)9:00からフジテレビ他で放送されます。

この回には、霊形手術を行う老婆の妖怪・ずんべら(CV:久川綾)が登場。ずんべらは、美しさを求めて狂う女たちを見ることが好きで、美しくなりたいという女性の願望を霊形手術で叶えてくれます。

また、ねこ娘スケールフィギュアが初登場し、完全受注限定生産にて7月5日から受注スタート。この商品は、女性キャラクターの魅力を最大限に引き出した造形美と集めやすさを追求したHGシリーズの派生ブランド・HG GIRLSによるもので、今シリーズでシルエットがガラリと変わったねこ娘を最速立体化。”ねこ姉さん”に相応しい、8等身の美脚の魅力を演出したポーズが特徴です。

1968年の初放送から50周年のアニバーサリーイヤーを迎えた「ゲゲゲの鬼太郎」。第6期の舞台は、21世紀に入ってから20年近くが経ち、人々が妖怪の存在を忘れてしまった現代。科学では解明できない現象が頻発して大人たちが右往左往する中、そんな状況を何とかしようと妖怪ポストに手紙を書いた13歳の少女・まな。彼女の前に、カランコロンと下駄の音を響かせてゲゲゲの鬼太郎が現れます。

 

■テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(第6期)

放送  :フジテレビほか…毎週日曜9:00〜

スタッフ:原作…水木しげる/シリーズディレクター…小川孝治/シリーズ構成…大野木寛/キャラクターデザイン・総作画監督…清水空翔/音楽…高梨康治・刃-yaiba-/制作…フジテレビ・読売広告社・東映アニメーション

キャスト:鬼太郎…沢城みゆき/目玉おやじ…野沢雅子/ねずみ男…古川登志夫/ねこ娘…庄司宇芽香/犬山まな…藤井ゆきよ/砂かけばばあ…田中真弓/子泣きじじい&ぬりかべ…島田 敏/一反もめん…山口勝平

リンク:アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」公式サイト

    公式Twitterアカウント・@kitaroanime50th