新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

「ゲゲゲの鬼太郎」第17話の先行カットを公開。鬼太郎やねこ娘が変わり果てた姿に!?

テレビ 2018年07月21日 10:00配信
「ゲゲゲの鬼太郎」第17話の先行カットを公開。鬼太郎やねこ娘が変わり果てた姿に!?

第17話「蟹坊主と古の謎」より

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第17話の先行カットが公開されました。

<第17話「蟹坊主と古の謎」あらすじ>境港の町。夜な夜な怪しい修行僧が現れて、謎かけをしては、答えられない人々を銅像に変えていく事件が密かに発生していた。そうとは知らない一反もめん、ねずみ男、子泣きじじい、 ぬりかべ、ねこ娘たちも次々と銅像にされてしまう。ついには鬼太郎までもが変わり果てた姿となってしまった。あわや砂かけばばあも襲われるかと思われた時、砂かけばばあを姫様と呼び修行僧の動きが止まる。危うく難を逃れた砂かけばばあ、目玉おやじとまなたちは山奥の烏天狗に助けを求めに行くのだった!

第17話「蟹坊主と古の謎」は、7月22日(日)9:00からフジテレビ他で放送されます。

この回に登場する妖怪は、蟹坊主(CV:田中秀幸)、烏天狗の長老(CV:中博史)、そして小次郎(CV:阪口大助)です。蟹坊主は、巨大なハサミもち、口から出す泡で相手を銅像に変えることができる妖怪で、封印が解け現代に蘇ってきました。人間の姿で謎かけをし、答えを言えなかった人々を次々と銅像にしていきます。烏天狗の長老は、日本最古の霊峰・大山に千三百年の昔から棲んでいて、人間との関わりを嫌っています。そして小次郎は烏天狗の心優しい若者で、長老の考えに背いて、まなたちの手助けをします。

1968年の初放送から50周年のアニバーサリーイヤーを迎えた「ゲゲゲの鬼太郎」。第6期の舞台は、21世紀に入ってから20年近くが経ち、人々が妖怪の存在を忘れてしまった現代。科学では解明できない現象が頻発して大人たちが右往左往する中、そんな状況を何とかしようと妖怪ポストに手紙を書いた13歳の少女・まな。彼女の前に、カランコロンと下駄の音を響かせてゲゲゲの鬼太郎が現れます。

■テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(第6期)

放送  :フジテレビほか…毎週日曜9:00〜

スタッフ:原作…水木しげる/シリーズディレクター…小川孝治/シリーズ構成…大野木寛/キャラクターデザイン・総作画監督…清水空翔/音楽…高梨康治・刃-yaiba-/制作…フジテレビ・読売広告社・東映アニメーション

キャスト:鬼太郎…沢城みゆき/目玉おやじ…野沢雅子/ねずみ男…古川登志夫/ねこ娘…庄司宇芽香/犬山まな…藤井ゆきよ/砂かけばばあ…田中真弓/子泣きじじい&ぬりかべ…島田 敏/一反もめん…山口勝平

リンク:アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」公式サイト

    公式Twitterアカウント・@kitaroanime50th