「ゲゲゲの鬼太郎」第21話の先行カットが到着。孤独な妖怪が不思議なロボットと友情を深めるが…

2018年08月18日 10:00配信

第21話「炎上!たくろう火の孤独」より

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第21話の先行カットが公開されました。

<第21話「炎上!たくろう火の孤独」あらすじ>ある所にたくろう火という妖怪がいた。触れるものを燃やしてしまうため、人や妖怪さえも避けて暮らしていた。そんなたくろう火に、ねずみ男が近づき、人間たちのために働こうともちかける。孤独なたくろう火は感激し協力することに。かくして、ねずみ男プロデュースのアトラクション、ビビビファイヤーは大人気となった。たくろう火は、 夜の間は決して部屋から出ないよう命じられていたが、ある晩、退屈に耐え切れずつい外へ。そこで不思議なロボット、ピグと出会う。たくろう火とピグはすぐに意気投合し、友情を深めていくのだが...。

第21話「炎上!たくろう火の孤独」は、8月19日(日)9:00からフジテレビ他で放送されます。

この回に登場する妖怪は、たくろう火(CV:吉田小南美)とピグ(CV:田村奈央)です。たくろう火は、宙に浮いた炎に、目鼻と口がある火の妖怪。炎を自在に操ることができ、ゲゲゲの森に住んでいます。他人と話すことが苦手で友達がいませんでしたが、ねずみ男に誘われて遊園地で働くことに。一方、ピグは、遊園地のステージでパフォーマンスをする人型のロボット。たくろう火と友情を深めますが、その正体は…。

1968年の初放送から50周年のアニバーサリーイヤーを迎えた「ゲゲゲの鬼太郎」。第6期の舞台は、21世紀に入ってから20年近くが経ち、人々が妖怪の存在を忘れてしまった現代。科学では解明できない現象が頻発して大人たちが右往左往する中、そんな状況を何とかしようと妖怪ポストに手紙を書いた13歳の少女・まな。彼女の前に、カランコロンと下駄の音を響かせてゲゲゲの鬼太郎が現れます。

■テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(第6期)

放送  :フジテレビほか…毎週日曜9:00〜

スタッフ:原作…水木しげる/シリーズディレクター…小川孝治/シリーズ構成…大野木寛/キャラクターデザイン・総作画監督…清水空翔/音楽…高梨康治・刃-yaiba-/制作…フジテレビ・読売広告社・東映アニメーション

キャスト:鬼太郎…沢城みゆき/目玉おやじ…野沢雅子/ねずみ男…古川登志夫/ねこ娘…庄司宇芽香/犬山まな…藤井ゆきよ/砂かけばばあ…田中真弓/子泣きじじい&ぬりかべ…島田 敏/一反もめん…山口勝平

リンク:アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」公式サイト

    公式Twitterアカウント・@kitaroanime50th

ニュータイプアニメマーケット