新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

梶裕貴と300人の「異議あり!」に湧いた“京まふ”アニメ『逆転裁判』ステージのレポートが到着!

イベント 2018年09月17日 16:11配信
梶裕貴と300人の「異議あり!」に湧いた“京まふ”アニメ『逆転裁判』ステージのレポートが到着!

京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2018 の「逆転裁判Season2スペシャルステージ」より

(C)CAPCOM/読売テレビ・A-1 Pictures

9月16日(日)、みやこめっせで開催中の京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2018。初日の「名探偵コナン:スペシャルイベントに続き、読売テレビブースに設営された櫓に、テレビアニメ「逆転裁判」シリーズの主人公、成歩堂龍一役を務める声優の梶裕貴さん、読売テレビ永井幸治チーフプロデューサーが登場。「逆転裁判Season2スペシャルステージ」が開催され、そのレポートが到着しました。

櫓の周りにはなんと2時間も前からファンが集結しており、ステージが開始されたタイミングでは見渡す限りの超満員となっていた。成歩堂龍一と綾里真宵の着ぐるみキャラクターと共に一足早く登壇した読売テレビ澤口アナウンサー。来月から始まるアニメ「逆転裁判」Season2の魅力について語り始めると、それを遮るように「逆転裁判の魅力はそれだけじゃないはずだ!・・・異議あり!!」という声が響き渡った。大きな歓声が上がる会場。その歓声をバックに梶裕貴さんと永井プロデューサーが登壇した。

新シリーズの見どころについて話す永井プロデューサー。前作に引き続き、新シリーズにもゲームには登場しないオリジナルエピソードが盛り込まれること、成歩堂たちの幼年時代が描かれることなどを明らかにした。続いて、司会の澤口アナウンサーからの「ここだけは観てほしいというポイント」という質問に対して、梶裕貴さんは「弁護士である成歩堂にはこれまでも多くの強力な検事たちが立ちふさがってきたが、今作ではハードボイルド検事ゴドーが登場する。平田広明さんが演じるゴドーは非常に渋く、かっこいい。成歩堂との因縁がありそうなゴドーとの、切なく濃密なドラマを楽しみにしてほしい」と、今作の見どころについて自信を持ってアピールした。

その後、ステージで行われた企画は、事前に来場者から寄せられた質問に梶裕貴さんが答えるというもの。「今まで異議ありと思ったエピソードは?」という質問に対しては「今回の仕事のために京都を訪れ、川床での食事を楽しみにしていたがあいにくの雨天!その雨に異議あり!」と答え、続いて「友達に異議ありと言ったことはありますか?」という質問に対しては「言ったことはないので、今度春美ちゃん(綾里 春美)役の久野美咲ちゃんに出会い頭に唐突に「異議あり!」をしてみます(笑)。結果はまた別の機会に報告しましょう」と答えて場を沸かせていた。さらに「もうダメだと思ったところから逆転したことはありますか?」という質問には「実はテレビアニメ『逆転裁判』のオーディション自体が逆転劇だった」という意外なエピソードを披露。元々はスケジュールの都合で引き受けることができないはずだったのだが、突然のスケジュール変更により奇跡的に成歩堂龍一役を引き受けることができるようになったとのこと。このようなことは滅多になく、逆転裁判という作品と不思議な縁で繋がっているのではないかと語った。その後も「京都でやりたいこと」としていつか伏見稲荷に鳥居を奉納したいと答え、「そんな鳥居があったらファンが集まる」という永井プロデューサーの声に「京まふ応援サポーターですから」と答えてみせた。

最後は登壇者全員が来場者と共にあの有名なセリフ「異議あり!」をポーズと共に決め、櫓からの帰り道にもファンからの声援に対して「ありがとう異議なし!」と繰り返し答えるなど、ファンの心をしっかりと掴んでステージは大盛況のうちに終了した。来月10月6日(土)17時30分から読売テレビ・日本テレビ系で放送開始となるテレビアニメ「逆転裁判」Season2。成歩堂とゴドーが織りなす新たな展開から目が離せない。