新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

豪華スタッフ&キャストが集結! ジークレストが新作スマホゲーム「星鳴エコーズ」を発表!イベントレポートも到着!

その他 2018年10月05日 14:23配信
豪華スタッフ&キャストが集結! ジークレストが新作スマホゲーム「星鳴エコーズ」を発表!イベントレポートも到着!

「星鳴エコーズ」ティザービジュアル

(C)GCREST, Inc.

ジークレストが、2019年春公開予定の新作スマートフォンゲーム「星鳴エコーズ(ほしなりえこーず)」の開発を発表しました。

「星鳴エコーズ」は、ジークレストの「夢王国と眠れる100人の王子様」、「茜さすセカイでキミと詠う」とは全く異なるゲームシステムや世界観をもつ、“共鳴”育成シミュレーションゲームです。シナリオ原案には、豊富な経験と実積を持つ多数の小説家、アニメ脚本家、シナリオライターが参加するゲームシナリオ制作集団「サウザンドスクリプト」が参加するほか、音楽を「ガンダムSEED」や「ミュージカルテニスの王子様」を手掛けた佐橋俊彦さん、物語の中枢を担う“塔”のコンセプトアートを「ブレイブリーデフォルト」や「ムジカピッコリーノ」を手掛けたTAKORASUなど、数々の名作を生み出した豪華制作スタッフが開発に携わっています。

【『星鳴エコーズ』プロジェクト発表会レポート】

(1)本作テーマは『共鳴』プロデューサーによるオープニングトーク

まず、本作のプロデューサーを務めるジークレスト取締役・佐野より『星鳴エコーズ』のテーマ説明が行われました。作品のテーマを『共鳴』とし、「キャラクター同士が切磋琢磨し相互に影響しながら成長することで、強大なハードルを乗り越えていくこと、また、それをプレイするお客様がその様子に共感することを『共鳴』と表現しました。作品を通して『共鳴』を感じていただければと思います」と話しました。また、本作のポイントは3点あり、「(先に挙げた)『共鳴』がテーマであること」「過去2作品(「夢王国と眠れる100人の王子様」「茜さすセカイでキミと詠う」)とは異なるゲームシステムを採用していること」「恋愛要素がメインではなく学生たちによる青春要素が強いこと」と話しました。

(2)「キャラクターだけでなくプレイヤーとの関わりの両軸で展開するストーリー」ディレクターによるタイトル紹介

次に、本作のディレクターが登壇し、世界観およびキャラクターに関して説明を行いました。本作を「『セプター』を育成する特別な教育機関『星鳴学園』で日々を送る生徒と、学園に教師として赴任した『あなた』の物語」と話し、舞台は、「塔災」が猛威を振るう世界と発表しました。50年前に降り注いだ7つの流れ星が7つの巨塔「メインタワー」となり、さらに無数に出現した「フラグメントタワー」により災いが起こる世界。そんな人々の生活や命を脅かす「フラグメントタワー」を消し去る力を持った「セプター」を養成する学校”星鳴学園”の教師として赴任するのがプレイヤーです。本作では、キャラクター同士のストーリーだけでなく、教師であるプレイヤーと生徒であるキャラクターのストーリーも楽しむことができる、多角的なストーリー展開が魅力のひとつです。また、少年少女たちの友情・勝利・努力の群像劇が好きな女性をターゲットとした作品であり、女の子キャラクターが好きな女性にも本作をプレイいただけるよう、女性キャラクターも複数名登場することを明かしました。登場キャラクターは2018年10月4日以降順次公開していくとのことです。

(3)坂泰斗さんと宮沢龍生さんとのクロストーク!本作の魅力は多様性とバラエティーに富んだキャラクターたち

ディレクターによる本作紹介の後、『星鳴エコーズ』の主人公・遠野涼太のキャラクターボイスを担当する人気声優の坂泰斗さんとキャラクター設定およびシナリオを担当するシナリオ制作集団「サウザンドスクリプト」の宮沢龍生さんがゲストとして登場し、ディレクターを交えた3人のクロストークが行われました。

「今回の企画について初めて聞いたとき、”見守る”というコンセプトがいいと思いました。そのとき感じたことがキャラクターづくりやシナリオに広がっています」という宮沢さんのコメントに、坂さんからも「”見守る”というのは今まで見たことのない視点でした」とコメントが。本作の魅力について、宮沢さんは「キャラクターの設定にたくさんのクリエイターがかかわっているので、キャラクターの多様性やバラエティーの豊かさをぜひ見てほしいです」と話し、坂さんは「たくさんのキャラクターが登場しますが、1人1人バックボーンが作りこまれていて、どのキャラクターも個性が立っているのでぜひキャラクター同士の掛け合いを楽しんでほしいです」と熱いメッセージをいただきました。

また、キャラクターデザインを初めて見たときの感想として、宮沢さんは「かっこいいキャラクターはかっこよく、かわいいキャラクターはかわいく表現されており、メリハリがあっていいです」と語り、坂さん務める遠野涼太については「主人公然としていて良いです。他のキャラクターともかみ合えるから、人気が出そう」と太鼓判をいただく場面も!そんな遠野涼太を演じた坂さんは「涼太は熱量のあるキャラクター」と言い、「アツさだけではなく弱さもあり、人間らしいところが魅力」と語りました。

【スタッフ】

原作/開発/運営:ジークレスト

シナリオ・キャラクター原案:サウザンドスクリプト

<シナリオ執筆>

メインシナリオ:宮沢龍生・高橋弥七郎

イベント、キャラクターシナリオ:五十嵐雄策、志村一矢、鈴木鈴、蝉川タカマル、高橋弥七郎、水沢あきと、菱田愛日、古橋秀之、来楽零(※五十音順)

キャラクターイラスト原案:キナコ、左近堂絵里、鈴木次郎、高屋奈月、TiV、TCB、雪広うたこ(※五十音順)

塔コンセプトアート:TAKORASU

音楽:佐橋俊彦

【キャスト】

市ノ瀬加那、江口拓也、逢坂良太、岡本信彦、置鮎龍太郎、小野友樹、木村良平、熊谷健太郎、小林大紀、小松昌平、近藤玲奈、斉藤壮馬、櫻井孝宏、佐藤拓也、佐藤利奈、島﨑信長、白井悠介、杉田智和、鈴木達央、芹澤優、高橋未奈美、丹下桜、中村悠一、西山宏太朗、花江夏樹、早見沙織、春野杏、坂泰斗、日野聡、堀江瞬、前野智昭、M・A・O、阿澄佳奈、緑川光、皆川純子(※五十音順)

■星鳴エコーズ

ジャンル:『共鳴』育成シュミレーションゲーム

配信開始日:2019年春(予定) iOS版/Google Play版

価格:基本プレイ無料(一部アイテム課金制)

対応OS:iOS/Android(機種によりご利用いただけない場合があります)

リンク:「星鳴エコーズ」公式サイト

    公式Twitter・@hoshinari_PR