新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

豪華特典満載!「終末のハーレム VR」の配信日&関連イベント情報が公開!

その他 2019年01月25日 12:00配信
豪華特典満載!「終末のハーレム VR」の配信日&関連イベント情報が公開!

周防美来篇スクショ

(C)LINK・宵野コタロー/集英社・終末のハーレムVR製作委員会

アニメーションレーベル「DMM pictures」にて製作中の「終末のハーレム VR」の配信日が3月4日(金)に決定!

配信されるのは「終末のハーレム VR~周防美来篇~」、「終末のハーレム VR~東堂晶篇~」、「終末のハーレム VR~ハーレム篇~」、「終末のハーレム VR~バンドルパック篇~」の4品。「バンドルパック篇」は3話収録(本編尺約15分)で2700円(税込)、ほか3作品は1話収録(本編尺約5分)で各1080円(税込)です。

「周防美来篇」は周防美来が本編に登場。あべみほさんが水着姿で「周防美来篇」を再現した実写VR映像「周防編 メイキング・オブ・メイティング」が付属します。

「東堂晶篇」は東堂晶が登場。特典として南沙羽さんが水着姿で「東堂晶篇」を再現した実写VR映像「東堂編 メイキング・オブ・メイティング」が付属します。

「ハーレム篇」は周防美来・龍造寺朱音・黒田マリア・片桐麗亜が登場。特典としてあべみほさん・山本有紗さん・四葉杏果・伊東みつきさんが水着姿で「ハーレム篇」を再現した実写VR映像「ハーレム編 メイキング・オブ・メイティング」が付属します。

「バンドルパック篇」は周防美来・東堂晶・龍造寺朱音・黒田マリア・片桐麗亜が登場。特典としてメイキング映像全編ダイジェストの実写映像「終末のハイレグ」(非VR)が付属します。

詳細は特設サイトにて掲載。また、「終末のハーレム VR~バンドルパック篇~」のパッケージ版の販売も決定し、「周防美来篇」・「東堂晶篇」・「ハーレム篇」及び各作品の映像特典が同梱されています。価格は税別3000円で、発売日は3月29日(金)。

さらに、「終末のハーレム VR~バンドルパック篇~」のパッケージ発売を記念し、あべみほさんのトークショーとお渡し会を秋葉原・名古屋にて開催。3月31日(日)にとらのあな秋葉原店Cにて、4月20日(土)にとらのあな名古屋店にてそれぞれ開催。トークショー30分+お渡し会60分の内容で、1部が11時30分~13時、2部が15時~16時30分、3部が17時30分~19時となっています。

上記トークショー&お渡し会の参加券は、とらのあな店舗にてパッケージ版の「終末のハーレム VR~バンドルパック篇~」を1点購入するごとに1枚配布。参加券の枚数に応じてお渡し会での特典が変化します。

以下がお渡し会の特典リストです。

1:スタンプ1個…ポスター配布

2:スタンプ5個…1+サイン入りチェキ+オリジナル映像1

3:スタンプ7個…2+お菓子を「あーん」してもらえる権利+オリジナル映像2

4:スタンプ10個…3+原作漫画1シーン読み合い完全再現権利+オリジナル映像3

5:スタンプ100個…4+キャスト使用済み終末のハーレム衣装引き取り権利(※変更の可能性あり)

なお、今回のVR化にあたり、原作者の宵野コタローさんのオフィシャルコメントも到着しています。

――VR化が決まった感想、心境の変化があれば教えてください。周りの反響はございましたか?どんな反応をいただきましたか?

SNSでは驚きの声が多かったです。発表時は内容が謎につつまれていたので、私と同じようにR指定では……と思った方もいらっしゃるのではないかと(笑)。

――VRは体験したことはありますか?

初めて体験したのはジャンフェスで出展されていた「暗殺教室」のVRコンテンツでした。想像していた以上にリアルで衝撃を受けた事を覚えています。

――終末のハーレムVR化の話を貰った際のご感想は覚えておりますでしょうか

今は本当に様々なメディアミックスがありますがVRは予想していませんでした! 担当さんからも、今回のように漫画作品をVR化するのはあまりない事だそうで尚更「終末のハーレム」を選んでもらえた事が嬉しかったです。何より自分がデザインしたキャラクターが映像になり、動く事が楽しみでした。

――映像や3D画像を見ての感想

3D画像は特に顔に関して何度か修正をお願いしました。自分の絵を客観的に見る事は難しいですが、自分の絵らしさのバランスを3Dでうまく再現して頂いたなと思います。

――周防美来篇、東堂晶篇、ハーレム篇の3篇構成でどれが好みですか? 個人的に好きなキャラがいましたら教えてください

――映像はまだすべて見れていないので、好きなキャラは晶ちゃんでしょうか。彼女の恥ずかしがりながらも大胆に誘う姿は、映像でかなり良い刺激をもらえるだろうなと思いました。

――原作コミックからVR化としての作品は前例がまだ少ないですが、原作者様として原作がVR化するのに対してはどのような印象、意見をお持ちでしょうか?

VR自体が従来のコンテンツと比較して、まだハードルが高いイメージがあるので元々ある作品をVR化するのは面白いなと思います! 特に今回のようなキャラを前面に押し出し堪能できるストーリー展開などはアニメやドラマCDなど他では出来ないのでVR化ならではの醍醐味だと思います。

――VR化に関して読者に一言

DMMさんのおかげで終末のハーレムの世界をまさかのVRで体験、堪能することが出来ます! ハーレムの名にふさわしい映像を楽しんで頂けたら嬉しいです。

――今度の「終末のハーレム」の展開に関して(Vtuberちふゆちゃんの件など)

Vtuberちふゆ、頑張ってます! 色々な豆知識を教えてくれる、ちょっと抜けてる天才ちふゆを、生温か~い目で応援してやって下さい!(笑)