新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

「ゲゲゲの鬼太郎」第46話の先行カットが到着。まなの学校の雛人形が…

テレビ 2019年03月02日 10:00配信
「ゲゲゲの鬼太郎」第46話の先行カットが到着。まなの学校の雛人形が…

第46話「呪いのひな祭 麻桶毛」より

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第46話の先行カットが公開されました。

<第46話「呪いのひな祭 麻桶毛」あらすじ>学校の放課後、まなは友人たちと廊下に飾られている雛人形を眺めていた。7段飾りなのに、置かれているのはお内裏様とお雛様のみ。人形を購入した教師・小谷によると、残りは後日届くという。ふと、忘れ物に気づいたまなは友人たちをその場に待たせて教室へ。だが、戻ってみると友人たちの姿が無い。仕方なく1人家路についたまなだったが、その夜、一緒に帰る予定だった友人たちが誰も帰宅していないことを知る。嫌な予感がしたまなは鬼太郎たちに連絡を取り学校へ。校内に入ると、まなは雛人形の数が増えていることに気がつく…!?

第46話「呪いのひな祭 麻桶毛」は、3月3日(日)9:00からフジテレビ他で放送。この回には、妖怪・麻桶毛(まゆげ)が登場。もとはある神社の御神体で一筋の毛でしたが、祀られなくなってしまい人形の髪の毛に隠れて生き続けてきた妖怪。鋼よりも硬い髪を伸ばして生きる者を襲い、その養分を吸い取り、吸い取られた者は人形に姿を変えられてしまいます。

1968年の初放送から50周年のアニバーサリーイヤーを迎えた「ゲゲゲの鬼太郎」。第6期の舞台は、21世紀に入ってから20年近くが経ち、人々が妖怪の存在を忘れてしまった現代。科学では解明できない現象が頻発して大人たちが右往左往する中、そんな状況を何とかしようと妖怪ポストに手紙を書いた13歳の少女・まな。彼女の前に、カランコロンと下駄の音を響かせてゲゲゲの鬼太郎が現れます。

■テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(第6期)

放送  :フジテレビほか…毎週日曜9:00〜

スタッフ:原作…水木しげる/シリーズディレクター…小川孝治/シリーズ構成…大野木寛/キャラクターデザイン・総作画監督…清水空翔/音楽…高梨康治・刃-yaiba-/制作…フジテレビ・読売広告社・東映アニメーション

キャスト:鬼太郎…沢城みゆき/目玉おやじ…野沢雅子/ねずみ男…古川登志夫/ねこ娘…庄司宇芽香/犬山まな…藤井ゆきよ/砂かけばばあ…田中真弓/子泣きじじい&ぬりかべ…島田 敏/一反もめん…山口勝平

リンク:アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」公式サイト

    公式Twitterアカウント・@kitaroanime50th