新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

きっと宜野座は今を楽しんでいる―「PSYCHO-PASS サイコパス SS」宜野座伸元役・野島健児インタビュー

その他 2019年07月03日 12:00配信
きっと宜野座は今を楽しんでいる―「PSYCHO-PASS サイコパス SS」宜野座伸元役・野島健児インタビュー

「PSYCHO-PASS サイコパス SS」で宜野座伸元役を演じる野島健児さん

(C)サイコパス製作委員会

2019年9月18日(水)に発売されるBlu-ray/DVD「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System」3部作。その特典として、塩谷直義監督、岩浪美和音響監督、さらに各作品のメインキャストの3名によるオーディオコメンタリーが収録されています。「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰」のオーディオコメンタリーの収録に臨む、宜野座伸元役・野島健児さんにお話をうかがいました。

――あらためて「Case.1 罪と罰」のアフレコをされたときの感想をお聞かせください。

野島 たしかアフレコは2017年の夏頃だったと思いますので、もう2年くらい前になりますね。宜野座は「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズを通して、見た目も内面も大きく変わっていっているキャラクターですので、「罪と罰」の宜野座にはどのような変化が起きているのだろう? と楽しみに思いながら臨んだのを覚えています。彼は「罪と罰」からトレンチコートを着るようになりましたが、「PSYCHO-PASS サイコパス 2」では、伸びた髪を後ろでまとめるようになりました。元々、父親の征陸智己に目元が似ているのを嫌がって髪を伸ばしていたわけですから、ついに吹っ切れたのだろうなと。むしろ、彼の存在を自分のものにしていきたいという思いすら伝わってきて、人はこんなにも変われるのだなと感慨深くなりました。

――「罪と罰」では、久々利武弥に見せる優しい穏やかで口調も印象的でした。

野島 自分自身の幼いころを、彼に重ねて見ているのではないかと思っています。父親と分かり合えなかった過去を、彼とのやりとりを通して昇華している、昔の自分がなしえなかったものを取り戻しているように思えました。武弥君のような次の世代を担う子とのふれあいを通して、宜野座はこれからもまだまだ成長できるでしょうね。

――塩谷監督は、狡噛や宜野座のような執行官は個人の意思ではほとんど外出できない、そんな彼らが普段接する機会のない子供と触れ合いを持つことで、はじめて自分を見つめなおす機会を得るのだとおっしゃっていました。

野島 なるほど。そういうことであれば、まさに僕も塩谷監督の術中にはまってしまいましたね(笑)。僕も、日々の生活の中でふと武弥君くらいの年の子を見かけると、今もふと、宜野座と武弥君の触れ合いを思い出します。彼がこれほどに深い優しさを持っていることが分かって、僕も温かい気持ちになれました。まだ人の子の親というわけでもないのに、ここまで思いやれるのは本当にすごい。そんな彼が、いつか家庭を持ったらどうなるでしょうね? 塩谷監督にも雑談がてら「宜野座は結婚しないんですか」なんて聞いてみたこともありました。

――監督はなんとおっしゃられていましたか?

野島 残念ながら、はぐらかされてしまいました(笑)。ゆくゆくはそんな日も見られたらいいな、と密かに期待しておくことにします。

――宜野座は元監視官として、霜月美香のフォローに徹する場面も見られました。

野島 口では「ちょっとジジくさかったかな」なんて言ったりしていますが、内心では楽しんでいるなと思いました。きっと、監視官だった頃の宜野座は、職務を全うすることを優先するあまり、周囲がよく見えていなかった。でも今は仕事との向き合い方が大きく変わって、一歩引いたところから見られるようになっている。霜月には、かつて周囲にキツく当たり散らしていた自分の姿を投影しているのではないなと思います。だからこそ、彼女がいかにがんばっていて、いかに虚勢を張っているかが分かる。ガミガミと言われれば言われるほど、かわいらしく見えているのではないでしょうか。

――「Case.2 First Guardian」では、まさにその頃の宜野座を再び演じられました。

野島 懐かしかったですね。今の宜野座が霜月を見るような目で、日々がいっぱいいっぱいだった彼をかわいらしく思いながら演じました(笑)。TVアニメ第1期の映像を見直して、周囲にかみつくことで自分を保っていた姿をきちんと噛み締めなおしてからアフレコに臨みました。宜野座の出番はそこまで多くはありませんでしたが、縢秀星役の石田彰さんもいらっしゃいましたし、TVアニメ第1期の、ふざけあいながら収録していた日々を思い返していました。

――第1期の頃の現場は、それほどにぎやかだったのですね。

野島 関(智一)さんが現場にずっといてくださったのが大きいと思います。物語は重厚で、凄惨な事件が起きて殺伐とした展開を見せることもありますが、現場の空気はとても明るく、和やかなものでした。

――お話を「First Guardian」に戻させていただきますが、劇中では青柳の計らいで、征陸が実家に戻るシーンも見られました。

野島 どこか悲しく、さびしい空気に満ちたシーンでした。今の宜野座がこの場にいたらどんなことを言うだろう、彼はいつか征陸のようになれるだろうか……と思いをめぐらせてしまいました。それと気が付いたのは、宜野座の髪質は母親似だったのだなということ。彼はもしかしたら、母への思慕で髪を伸ばし、憎い父に似ている目元を隠したのかもしれませんね。

――9月18日のBlu-ray/DVD発売にあたり「罪と罰」であらためて注目してほしいシーンをお聞かせください。

野島 先ほどもお話した、成長した宜野座と霜月の関係性がひとつ。それと、アクションシーンでの、義手の"意外すぎる"使い方でしょうか。もし、松来ロジオンと対峙したのが昔の宜野座だったら、肉体面では互角でもきっと精神面で負かされていたと思います。「罪と罰」で彼が勝てたのは、その頃とは違う、強く成長した心があったからと思います。それともちろん、武弥君とのやりとりもです。不甲斐なかった過去の自分のことをひとつひとつ許していき、そこからつながっていく気持ちを感じ取っていただけたら嬉しいです。

――その時の宜野座は、劇場アニメ1作目で狡噛と再会したときのことを振り返っていますが、当時(劇場アニメ1作目の作中)は「俺は妥協を覚えた」と言っていたのが印象的でした。

野島 そう言えるだけでも「2」から成長していると感じますが、同時に、このときはまだ自分自身を許せていなかったとも思うんです。自らのした過ちを、負のものとして受け取っていた。でも「過去の過ちがあってこその今の自分であり、今の自分がいるからこその未来なのだ」と、どこかでそのわだかまりを昇華させたのでしょうね。いつか、それが分かるエピソードも観られたらいいなと思います。いったいどんなことがあったのでしょうね。恋をして、フラれたりしたのかも……というのは冗談ですけれども(笑)。

――野島さんご自身は、今の宜野座は狡噛に対してどのような思いを抱いていると思われますか?

野島 今はもう狡噛に対してなんの怒りもなく、むしろ「やっと狡噛と対等に話し合える関係になった」、「会って、何でもない話をしたい」……そんな風に考えているかもしれませんね。

――そして10月からは第3期にあたるシリーズ最新作「PSYCHO-PASS サイコパス 3」が放送されます。最後に意気込みをお聞かせください。

野島 まだ詳しい内容はお知らせできませんが、宜野座も「PSYCHO-PASS サイコパス 3」に登場します! みなさんに「これぞサイコパス!」と思っていただけるよう、役者一同も制作スタッフのみなさんとともに邁進してまいりますので、期待してお待ちください。そして、そんな「3」を最大限に楽しむためにも、ぜひその前にBlu-rayで「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System」3部作もご覧ください!

■Blu-ray/DVD「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰 / Case.2 First Guardian / Case.3 恩讐の彼方に__」

発売日:2019年9月18日(水) ※3巻同時発売

価格:Blu-ray…税別7800円/DVD…税別6800円(各巻共通)

仕様:キャラクターデザイン・恩田尚之特製描き下ろしアウターケース

封入特典:絵コンテ集、スペシャルブックレット

映像特典:イベント映像集

音声特典:オーディオコメンタリー

    「Case.1 罪と罰」…監督・塩谷直義、音響監督・岩波美和、宜野座伸元役・野島健児

    「Case.2 First Guardian」…監督・塩谷直義、音響監督・岩波美和、須郷徹平役・東地宏樹

    「Case.3 恩讐の彼方に__」…監督・塩谷直義、音響監督・岩波美和、狡噛慎也役・関智一

発売:フジテレビ/東宝

販売:東宝

リンク:「PSYCHO-PASS サイコパス」公式サイト

    公式Twitter・@psychopass_tv