新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

円谷プロ史上最大の祭典「TSUBURAYA CONVENTION 2019」の最新情報が到着!

イベント 2019年09月27日 13:19配信
円谷プロ史上最大の祭典「TSUBURAYA CONVENTION 2019」の最新情報が到着!

発表会にはシンフォニーに出演するアーティスト、DEEP SQUADさん・藤巻亮太さん・Maanaさん・森友嵐士さん(T-BOLAN)も登壇

(C)TSUBURAYA PRODUCTIONS CO., LTD.

12月14日(土)・15日(日)に東京ドームシティで開催される円谷プロ史上最大の祭典「TSUBURAYA CONVENTION 2019」内のプログラムの一つ「ULTRAMAN MUSIC LIVE~The Symphony~」に関する追加情報が発表されました。

「ULTRAMAN MUSIC LIVE~The Symphony~」は、ウルトラマンシリーズの名曲を東京フィルハーモニー交響楽団によるフルオーケストラ演奏の下、豪華アーティストの歌唱とともに楽しむことができる催し。シンフォニー内で演奏される「交響曲ウルトラコスモ(作曲:冬木透さん)」パートでは、上原正三さんによる書き下ろしナレーションを加えて初演。数多くのウルトラマンシリーズ作品を手掛けた作曲家と脚本家によるナレーション部分を、「ウルトラQ」・「ウルトラマン」のナレーターを務めた石坂浩二さんが担当します。

また、シンフォニー17:30開演のプログラムの演奏後に実施される「TSUBURAYA CONVENTION 2019クロージングセレモニー」においては、“昭和”“平成”“令和”の各時代を代表するウルトラマンシリーズ作品のメインキャストである黒部進さん(「ウルトラマン」(1966年)ハヤタ隊員役)、桜井浩子さん(「ウルトラマン」フジ・アキコ隊員役)、つるの剛士さん(「ウルトラマンダイナ」(1997年)アスカ・シン役)、山田まりやさん(「ウルトラマンダイナ」ミドリカワ・マイ役)、井上祐貴さん(「ウルトラマンタイガ」(2019年)工藤ヒロユキ役)、吉永アユリさん(「ウルトラマンタイガ」旭川ピリカ役)がスペシャルゲストとして登壇することも決定。

以下は発表会に登壇したゲストのオフィシャルコメントになります。

【DEEP SQUADさんオフィシャルコメント】

我々DEEP SQUAD は、今年から6人のボーカルによるコーラスグループで活動をしているので、ウルトラマンの音楽を素敵なハーモニーで皆様にお届けしたいと思います。2020年は、特に私達にとって身近なヒーローであるEXILEのHIROさんの背中を見て、今以上に活躍できるように力を合わせて頑張ってきたいと思います。

【藤巻亮太さんオフィシャルコメント】

ウルトラマンを観て育った自分にとって、ウルトラマンはまさにヒーローの象徴でした。大人になったら揺らぎがちな正しさと間違いの境界線を、ウルトラマンは時代を超えて教えてくれるものだと思います。来年ちょうど40歳になるので、日々の生活すべてを俯瞰して広い視野で見て、社会全体にメッセージを発信していけるよう、様々なジャンルに挑戦してきたいと思います。ウルトラマンの歴代名曲をオーケストラと共に愉しめるスペシャルな機会ですのでぜひご期待ください!

【Maanaさんオフィシャルコメント】

実は高校の同級生(小柳友さん)が映画「ウルトラマンゼロ THE MOVIE」に出演していることを最近知り、今回このイベントに参加できるのも、何か深い縁を感じています。私にとってこの「ULTRAMAN MUSIC LIVE~The Symphony~」は今までで最大の挑戦なので、「シュワ―っ」とガツガツと、印象に残るようなステージと歌で、パワフルなミュージックライブにしたいと思いますので、ぜひ楽しみにしてください! 全力で頑張ります!

【森友嵐士さんオフィシャルコメント】

僕にとってのヒーローは、背中を通して男の本当の強さを教えてくれた親父でした。親父が僕のヒーローであったように、誰もが誰かのヒーローになり得るんだと思います。自分も音楽を通して、ヒーローの意味を伝えられるような人になりたいです。知人から聞いてすごく印象になっている“誰かのためのなにか” という言葉。T-BOLAN も活動を再開して現在ツアーも行っています。2020 年に向けても“誰かのための何か”になるメッセージを発信し続けて、人の心を動かせるボーカリストになれるように挑戦していきたい。ウルトラマンの音楽をシンフォニーとボーカリストで表現する世界観、ぜひ楽しみにしてください!