新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

「ゲゲゲの鬼太郎」第76話の先行カットが到着。新章「最終章ぬらりひょん編」がスタート!

テレビ 2019年10月05日 10:00配信
「ゲゲゲの鬼太郎」第76話の先行カットが到着。新章「最終章ぬらりひょん編」がスタート!

第76話「ぬらりひょんの野望」より

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第76話の先行カットが公開されました。

<第76話「ぬらりひょんの野望」あらすじ>鬼太郎たちの活躍により玉藻前は倒され、大逆の四将は全て封印された。平和な時間が訪れるが、鬼太郎の顔は晴れない。誰が四将たちを解放したのかは、閻魔大王ですらわからないままだったからだ。ただひとつわかっているのは、赤い顔をした妖怪の姿が目撃されていることだけだった。そこへ妖怪をどうにかしてほしいという依頼が舞い込む。鬼太郎たちが向かった山では、ゴルフ場を作る計画が進んでいた。住処を荒らされ暴れる土転びと対峙する鬼太郎たち。一方その頃、この事態の裏で暗躍する影が...。果たしてその正体とは!?

第76話「ぬらりひょんの野望」は、10月6日(日)9:00からフジテレビ他で放送されます。この回からは新章「最終章ぬらりひょん編」がスタート。放送に先駆け、ぬらりひょん役の大塚明夫さんからコメントが到着しています。

<ぬらりひょん役・大塚明夫さんコメント>

「小さい頃「妖怪大戦争」という映画を観て、ぬらりひょんを知りました。 何をする妖怪なのか今もよく分かりませんが、今回演じることが出来て謎が解けるかと期待に震えています。しかも「鬼太郎」で!! シナリオに沿って駆け抜けます! ご期待ください!」

1968年の初放送から50周年のアニバーサリーイヤーを迎えた「ゲゲゲの鬼太郎」。第6期の舞台は、21世紀に入ってから20年近くが経ち、人々が妖怪の存在を忘れてしまった現代。科学では解明できない現象が頻発して大人たちが右往左往する中、そんな状況を何とかしようと妖怪ポストに手紙を書いた13歳の少女・まな。彼女の前に、カランコロンと下駄の音を響かせてゲゲゲの鬼太郎が現れます。

■テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(第6期)

放送  :フジテレビほか…毎週日曜9:00〜

スタッフ:原作…水木しげる/シリーズディレクター…小川孝治/シリーズ構成…大野木寛/キャラクターデザイン・総作画監督…清水空翔/音楽…高梨康治・刃-yaiba-/制作…フジテレビ・読売広告社・東映アニメーション

キャスト:鬼太郎…沢城みゆき/目玉おやじ…野沢雅子/ねずみ男…古川登志夫/ねこ娘…庄司宇芽香/犬山まな…藤井ゆきよ/砂かけばばあ…田中真弓/子泣きじじい&ぬりかべ…島田 敏/一反もめん…山口勝平

リンク:アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」公式サイト

    公式Twitterアカウント・@kitaroanime50th