新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

第1回:11月9日(土)第1巻発売「神サー!」、タカヒロ応援コメント到着!

グッズ 2019年11月03日 12:00配信
第1回:11月9日(土)第1巻発売「神サー!」、タカヒロ応援コメント到着!

角川コミックス・エース「神サー!~僕と女神の芸大生活~」第1巻が11月9日(土)に発売!

コミックNewtypeで連載中、原作:上江洲誠×漫画:黒山メッキでおくる青春〝フッカツ〟コメディ「神サー!~僕と女神の芸大生活~」第1巻がいよいよ11月9日に発売。

それを記念して、上江洲誠、黒山メッキ、それぞれに関係が深い各所から、応援コメントが到着!

1996年の大阪を舞台にした本作にちなんで、それぞれの「90年代の思い出を語ってもらった。

==============================

【タカヒロ コメント】

ゲームクリエイター、漫画・アニメ原作者(「真剣で私に恋しなさい!!」「アカメが斬る!」「結城友奈は勇者である」)

90年代後半、自分は中~高校生でした。

家庭用もアーケードも名作ゲームがどんどん生まれている時期で、家でプレステかサターンをしているか、50円ゲーセンに入り浸るか。素敵な青春を過ごしてました。

将来はゲームを作る人間になりたいと進路を決めた時期でもありますね。大切な事はあの頃のゲームに学んだ気がします。「FF7」「アーク2」をはじめとする良質なRPGで近代のキャラクターメイクの妙味を、

「ヴァンパイア セイヴァー」「天草降臨」をはじめとする攻め攻めな対戦ゲームでフルボッコにされて忍耐強さを。

あとゲーメストからはネタの楽しさを。

今でも目を瞑ればゲーセンの喧噪が耳の奥に蘇ります。

外国人相手に対戦で削り勝ちしたら追いかけ回された思い出も。サイクロップスの追尾ビームで、ゴリゴリっとやってしまって。あれは怖かった。

それも、今は良い思い出です。

==============================

■角川コミックス・エース「神サー!~僕と女神の芸大生活~」1巻

11月9日(土)発売

定価:税別620円

【あらすじ】

1996年、春。憧れのサークルに入部するため、部室を訪れた浅倉水貴は、すでにそのサークルがなくなっていることをその場で知る。失意のまま帰宅し備蓄していたカップ麺を食べようとお湯を注いだところ、出てきたのは麺ではなく、豊穣の女神・バステトだった――! 

神の力である「神力」がすっかりなくなって、はるか未来・遠い異国でよみがえってしまったバステト。サークルを復活させたい水貴。神力を復活させたいバステトと共闘し、それぞれの願いを成就させるため動き出す……!