新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

第8回:11月9日(土)第1巻発売「神サー!」うるまなつこ、応援コメント到着!

グッズ 2019年11月10日 12:00配信
第8回:11月9日(土)第1巻発売「神サー!」うるまなつこ、応援コメント到着!

角川コミックス・エース「神サー!~僕と女神の芸大生活~」第1巻が11月9日(土)に発売!

コミックNewtypeで連載中、原作:上江洲誠×漫画:黒山メッキでおくる青春〝フッカツ〟コメディ「神サー!~僕と女神の芸大生活~」第1巻がいよいよ11月9日に発売。

それを記念して、上江洲誠、黒山メッキ、それぞれに関係が深い各所から、応援コメントが到着!

1996年の大阪を舞台にした本作にちなんで、それぞれの「90年代の思い出を語ってもらった。

==============================

うるまなつこ 

漫画家・イラストレーター「誰かを呪わずにいられないこの世界で」連載中

「神サー!」1単行本巻発売おめでとうございます!

読むたびに、90年代を経たオタクを撃ち抜く弾丸がめちゃくちゃ装填されてるなあと感じています!

90年代、宿題を終えたらコナンを観て、剣心に恋をして、自由帳はジャンヌの絵で埋まって、お年玉は1日で遊戯王カードに消えて、グランダー武蔵のルアーでブラックバスは1匹も釣れなかったけど投げるだけで楽しくて、授業の内容は覚えてなくてもポケモンの名前とスレイヤーズの呪文は覚えている……そんな時間でした。

珍しくない子供の思い出ですが、私の血液は間違いなくこの時代のクリエイターの方々と、その作品のワクワクで作られていて、私はこの世界が好きなんだ~という温度が、今、絵や漫画を描く上でも奮い立つ体温になっています。

今もこれから先も、「神サー!」という漫画にこもった熱量がいろんな時代にあふれたら素敵なことだなあ、と、そんなことを自由帳と鉛筆を、液タブとペンに持ち替えながら、思ったりするのでした。

==============================

■角川コミックス・エース「神サー!~僕と女神の芸大生活~」1巻

11月9日(土)発売

定価:税別620円

【あらすじ】

1996年、春。憧れのサークルに入部するため、部室を訪れた浅倉水貴は、すでにそのサークルがなくなっていることをその場で知る。失意のまま帰宅し備蓄していたカップ麺を食べようとお湯を注いだところ、出てきたのは麺ではなく、豊穣の女神・バステトだった――! 

神の力である「神力」がすっかりなくなって、はるか未来・遠い異国でよみがえってしまったバステト。サークルを復活させたい水貴。神力を復活させたいバステトと共闘し、それぞれの願いを成就させるため動き出す……!