新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

岡田結実らが女子高に登場!TVドラマ「女子高生の無駄づかい」制作発表イベントレポート

イベント 2020年01月21日 21:28配信
岡田結実らが女子高に登場!TVドラマ「女子高生の無駄づかい」制作発表イベントレポート

約200人の女子高生に囲まれる「女子無駄」キャスト陣

2020年1月24日(金)から放送開始となるTVドラマ「女子高生の無駄づかい」より、岡田結実さんらキャスト陣が都内の女子高を訪れる制作発表イベントが開催されました。同名の原作は、ビーノさんによるコミックNewtypeで連載中のコミックです。刹那的なきらめきに溢れた"青春"を無駄に浪費する女子高生=JKたちの、ハナクソレベルの日常が描かれます。

■約200人の女子高生と大盛りあがりでトークを展開!

イベントには、バカ役の岡田結実さんをはじめ、恒松祐里さん(ヲタ役)・中村ゆりかさん(ロボ役)・福地桃子さん(ヤマイ役)・浅川梨奈さん(マジメ役)・畑芽育さん(ロリ役)・井本彩花さん(マジョ役)が登場。

イベントが始まるやいなや、会場に集まった200人の女子高生は大興奮。ステージ上にキャスト陣が登場すると、早くもボルテージはMAXに達し、一人一人の挨拶に「かわいい!」と反応したり、さっそく役名で声をかけたりと、大きな盛り上がりを見せました。

生徒たちに「最近学校で流行っていることは?」という質問を投げかけ、岡田さんがマイクを持って回答を聞きにいくと、答えたい生徒からの猛アピールが。一方、キャスト陣からは現在、撮影現場で"ハンドクラップダンス"が流行していることが明かされ、ステージ上でも軽く披露してくれました。

さらに、ドラマの中のキャラクターで誰が好きか、という話題でも大盛りあがり。マジメ役の浅川さんが「畑芽育ちゃんが演じるロリがかわいい。年齢があと5歳若かったらロリ役をやりたかった」と話すと、マジョ役の井本さんは「岡田結実さん演じるバカ。こんな人が実際にいたら友達になりたい」、ロボ役の中村さんも「結実ちゃんは髪を切ってイメージがすごく変わった」と大絶賛。すると岡田さんもすかさず「ロボは裏でも表でもずっと"ロボ"。そういうところがすごく好き」と明かし、思いがけず"相思相愛ぶり"を見せました。

■ドリンクを懸けた"大タピオカ転がし"でガチンコ対決!

生徒たちへの質問タイムで「最近流行っているもの」として回答が飛び出していた"タピオカ"。その答えにちなんで、イベント後半にはキャストと生徒たちが一体となっての"大タピオカ転がし"が行われました。

紅チーム(岡田さん・中村さん・浅川さん)と白チーム(恒松さん・福地桃子さん・畑さん・井本さん)に分かれ、2人1組になって大きな"タピオカ"を転がしながらリレーをするというこの対決。キャスト陣は生徒たちとペアになり、ゲームに挑みました。勝利チームにはタピオカドリンクが振る舞われるとあり、真剣勝負のガチンコ対決が展開。各チームの応援にも熱が入りました。

そして対決は大接戦の末、白チームが勝利! しかし、岡田さんからの「スタッフさんがタピオカたくさん用意していたと小耳に挟んだんですけど…?」というおねだりで、負けてしまった紅チームもタピオカドリンクをもらえることになり、大歓声の中、対決は終了しました。

■「一度きりの高校生活、無駄づかい楽しんで」

イベントのラストは、生徒たちとともに記念撮影。岡田さんからは「小学校・中学校・高校生活が経験できるのは一度きり。後悔しないよう、いい意味で無駄づかいして楽しんでください!」と心のこもったメッセージが送られ、生徒たちとハイタッチをしながら会場を後にしました。

キャストたちの一語一句、一挙手一投足に生徒たちが見せていた熱い反応。終始、同世代ならではの連帯感に満ちた雰囲気で進行したイベントとなりました。

TVドラマ「女子高生の無駄づかい」は、テレビ朝日系24局にて1月24日(金)より毎週金曜23:15から放送です(一部地域では放送時間が異なります)。

田中望[バカ]役・岡田結実さんのコメント】

――撮影現場で流行っているものは?

みんなで、(2週間で10kg痩せるといわれている)"ハンドクラップダンス"をしています。けっこうガチでやっているので、きついです(笑)。

――ドラマの中で好きなキャラクターは?

中村ゆりかちゃん演じるロボが好きですね。役者さんって現場に来て、それから役に入るイメージなんですけど、ゆりかちゃんは裏でも表でもずっとロボ。ちょっと無口でクールで、頭のよさそうな感じがまさにロボで、すごく好きです。ただ、私の顔を見てよく笑うんですよ。ひどくないですか?(笑)

――学生時代に「こんな経験したかった!」というような理想の甘酸っぱいシチュエーションは?

私の学校は男子が少なくて、女子校みたいな感じだったんですよ。その数少ない男子を獲得できた女どもがいて、放課後になると黒板に"○+○=?"(黒板に書いた○の部分にはカップルの男女がそれぞれ立つ)みたいなのを書いていて…。私は男子にモテないので、「クソッ! クソ野郎!」って思いながら帰っていたんです。ずっと「クソっ!」って言っていたほど、うらやましかったし(笑)、高校生の時に経験してみたかったですね。

――学生へのメッセージ

本日は本当にありがとうございます。このドラマをやるにあたって、よく共演者のみんなとも話しているんですけど、小学校・中学校・高校生活が経験できるのは一度きりだと思うんです。なので、後悔しないよう、いい意味で無駄づかいして楽しんでください!

【菊池茜[ヲタ]役・恒松祐里さんのコメント】

――撮影現場で流行っているものは?

最近、みんなでダイエットをやっていて、今日も"ハンドクラップダンス"をやっていました。あれ、10回やらなくちゃいけないのに、私、3回でダウンしました(笑)。

――ドラマの中で好きなキャラクターは?

私が演じているのは"オタク"の役柄なのですが、役的に言うと"低所得P"というキャラクターが好きなんです。茜はその人に熱を上げていて、オタク活動をしています。ドラマを見ると、それがどういうことなのかわかります!

――学生時代に「こんな経験したかった!」というような理想の甘酸っぱいシチュエーションは?

みんなでクリスマスの撮影の頃に仮装や飾りつけをしました! 私は緑の被り物をして"クリスマスツリー"になりました。楽しかったです!

【鷺宮しおり[ロボ]役・中村ゆりかさんのコメント】

――ドラマの中で好きなキャラクターは?

結実ちゃんがすごく好きなんです。結実ちゃんのSNSをずっと見ていて、髪が長いイメージがとても強かったので、短くしたらすごくイメージが変わって、バカ(田中望)という役にしか見えなくなっちゃいました。

――学生時代に「こんな経験したかった!」というような理想の甘酸っぱいシチュエーションは?

ハロウィンやクリスマスのイベントとかあるじゃないですか。そういう時に学校に行って、みんなで仮想したり、お菓子を持って行ったりしようねという企画があったのですが、私だけお仕事があったりして行けなかったのが残念でした。でも、今回クリスマスの時期に撮影があったので、現場でクリスマスイベントのようなことができて高校生活を取り戻せたかな、と思いました。第二の高校生活みたいに(笑)。

【山本美波[ヤマイ]役・福地桃子さんのコメント】

――ドラマの中で好きなキャラクターは?

(畑芽育さんから、自身が演じる"ヤマイ"のキャラクターが好きといわれ…)えっ! うれしいです。絶対に選ばれないと思っていました……。ヤマイは"中二病"で、群れることを好まないので、みんなとのシーンがあまりなくて…だけど寂しがりやという役柄なんです。私自身は、"マジメ"こと一奏が好きです。浅川梨奈ちゃん演じる、実写ならではのマジメになっているな、という感じがします。マジメって原作の中でもきちんとしていて、キャラクター全員が個性的な中、目立たないようでいて、なんだかとっても変な人なんです。そこがたまらないです!

――学生時代に「こんな経験したかった!」というような理想の甘酸っぱいシチュエーションは?

女子高に行ってみたかったです。仲のいい友だちが中学時代、女子高に通っていたのですが、その子はバスケ部に入っていて、当時、ショートカットで女の子たちからモテまくっていたらしくて……。私はずっと髪も長いので、カッコいい女性に憧れます。ショートカットにして、チョコとかもらいたかったな(笑)。

【一 奏[マジメ]役・浅川梨奈さんのコメント】

――ドラマの中で好きなキャラクターは?

かわいい子が好きなので、ロリがすごく好きです。マジョとロリが、皆さん(生徒たち)と"ザ・同世代"だと思うのですが、ドラマでもすごくかわいいですし、役的にもロリがすごく好きなので。私も年齢があと5歳若ければ、ロリ役をやってみたかったと思っています。

――学生時代に「こんな経験したかった!」というような理想の甘酸っぱいシチュエーションは?

体育館裏での告白とか……。学校で告白されたりという経験がないので、制服っていいなと思います。

【百井咲久[ロリ]役・畑 芽育さんのコメント】

――ドラマの中で好きなキャラクターは?

福地さんが演じられるヤマイがツボなんです。髪も似合っていて好きです。

――学生時代に「こんな経験したかった!」というような理想の甘酸っぱいシチュエーションは?

私は17歳で現役の高校2年生なんですけど、この間、撮影終わりにメイクを落として髪も結って、マスクをして…と、ボロボロな状態で帰っている時に、制服姿のカップルさんたちがダブルデートをされていたんです。それを見て、なんだかとてもむなしい気持ちになりました(笑)。憧れます、ダブルデート。

【久条翡翠[マジョ]役・井本彩花さんのコメント】

――ドラマの中で好きなキャラクターは?

岡田結実さん演じるバカが好きです。本当にバカのような方とお友達にもなりたいなぁと思うし、実際にいたら周りもすごく明るく元気になるだろうから、大好きです。

――学生時代に「こんな経験したかった!」というような理想の甘酸っぱいシチュエーションは?

私は現役女子高生なんですけど、まだ"制服ディズニー"を経験できていないので、やりたいなって思います。制服ってやっぱり憧れのアイテムだから、制服を着てディズニーランドや遊園地に行きたいです。

■TVドラマ「女子高生の無駄づかい」

テレビ朝日系24局にて1月24日(金)より毎週金曜23:15より順次放送開始

スタッフ:原作…ビーノ「女子高生の無駄づかい」(角川コミックス・エース刊)/脚本…田辺茂範(劇団 ロリータ男爵)、矢島弘一(劇団 東京マハロ)、角田貴志(劇団 ヨーロッパ企画)、山田由梨(劇団 贅沢貧乏)、安藤奎(劇団 アンパサンド)、玉田真也(劇団 玉田企画)/監督…山本大輔、日暮謙、中島良、洞功二 ほか/ゼネラルプロデューサー…三輪祐見子(テレビ朝日)/プロデューサー…貴島彩理(テレビ朝日)・本郷達也(MMJ)・布施等(MMJ)/制作…テレビ朝日・MMJ

キャスト:バカ…岡田結実/ヲタ…恒松祐里/ロボ…中村ゆりか/ヤマイ…福地桃子/マジメ…浅川梨奈/ロリ…畑芽育/マジョ…井本彩花

リンク:TVドラマ「女子高生の無駄づかい」公式ページ

    原作「女子高生の無駄づかい」作品ページ