新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

本日開幕! 舞台「KING OF PRISM -Shiny Rose Stars-」初日会見&ゲネプロ オフィシャルレポート

その他 2020年02月20日 20:26配信
本日開幕! 舞台「KING OF PRISM -Shiny Rose Stars-」初日会見&ゲネプロ オフィシャルレポート

舞台「KING OF PRISM -Shiny Rose Stars-」初日会見&ゲネプロより

(C)T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ /「KING OF PRISM -Shiny Rose Stars-」製作委員会2020

舞台「KING OF PRISM -Shiny Rose Stars-」が、本日2020年2月20日(木)に東京・TOKYO DOME CITY HALLにて開幕した。公演に先駆けて同日、会見と公開ゲネプロが行われた。

2017年11月「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」以来、2年ぶりの舞台化となる本作では、青葉譲がアニメで描きれなかったオリジナルストーリーである、「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」から「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」の間に開催されたストリートデュオ大会「KIDUNA climax」、そして「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」にて開催された大会「PRISM.1」の2つの大会を中心に描かれる。前作と同じく、演出は宇治川まさなりが担当。

会見には、セプテントリオンの橋本祥平(一条シン役)、横井翔二郎(太刀花ユキノジョウ役)、長江崚行(香賀美タイガ役)、 村上喜紀(十王院カケル役)、五十嵐雅(鷹梁ミナト役)、星元裕月(西園寺レオ役)、廣野凌大(涼野ユウ役)と、本作より初出演となる横田龍儀(如月ルヰ役)、脚本・青葉譲が登壇。

橋本は「今日という日を心待ちにしておりました。2年の間にたくさんの作品を経験して、成長したと思う反面、あの頃のフレッシュ感を失いかけていたかもしれないと、自分を見つめ直すことができました」と振り返り、「今回の舞台キンプリはなんといってもライブパートが盛りだくさんです! みなさんと一緒に精一杯楽しみたいです!」とコメント。

本作より新しく舞台に加わった横田は「みんな、新しく入った僕のことをすぐに受け入れてくれて…受け入れてくれた?」と周りに確かめると、長江が「まあこれから次第かな…」と冗談交じりに言い、笑いが起こるカンパニーの仲の良さを見せた。

五十嵐は「(記者に向けて)皆さん朝早くからすみません、ご飯食べましたか?」と自身の役・鷹梁ミナトのセリフのように言うと、「見どころはもう、はんぱないですよ! リアルにプリズムショーを体感できるのが舞台の魅力。舞台ならではのお客様と繋がる感覚、ライブ感。この記事を読んでからでもまだ間に合います! 煌めきを補充しにきてくださいね!」と笑顔で語った。

青葉譲は「青葉譲役の菱田正和です」(脚本家としての名前は青葉譲だが、「KING OF PRISM」アニメシリーズは菱田正和として監督を務めている)と笑いをとり、「通し稽古をみたのですが、僕が負けるくらいみなさんが面白くて、素晴らしかったです。見どころは、全部です。」と胸を張った。

本作の見どころの一つでもあるお風呂シーンについて尋ねられると、橋本は「前作で橋本祥平の役者魂を見せてほぼ真っ裸になったのですが、それをみた他のキャストたちは火がついてしまったようで…正直稽古場では、ハプニングだらけでした!」稽古中の裏話も。その後、セプテントリオンが歌う「ナナイロノチカイ」という楽曲にちなみ、会場には誓いのメッセージが入ったくす玉が準備された。

キャスト陣が「5・4・3・2・1」とカウントダウンし、主演の橋本と脚本の青葉がくす玉を割ると、中から「僕たちは誓う! 観に来てくれた人を絶対笑顔にすることを!!」との誓いの言葉が現れ、一同は誓いの言葉を声に出して誓った。

最後に、青葉はキャストへ向けて「ケガしないように体に気を付けて、少しでも多くの煌めきを届けられるように」とエールを送り、これから来場するファンに向けて、「お客様が来て、声を出してくれることで完成する作品なので、ぜひ大きな声でキャストのみんなを"応援"してほしいです。」とメッセージを送った。

そして橋本は「僕らが昨日まで作ってきたものは70%だと思っています。お客様に入っていただいて初めて、100%になる作品です。今回は特にお客様の声が重要なシーンもありますので、みなさんと一緒にステージを作っていけたらと思っています。よろしくお願いいたします!」と力を込め、会見を締めくくった。

本作は前作同様、会見でもあったように「応援上演」のスタイルをとっており、舞台横のランプが点灯している「芝居パート」「プリズムショー(※ライブパート)」ではペンライトや歓声や声援による応援が可能となっている。本作は前作にも増して、観客の"応援"が求められるストーリーになっており、アニメシリーズで登場した「プリズムアフレコ」が盛り込まれているほか、プリズムショーの最中に観客が一緒に盛り上がれる仕様となっている。

第一幕で描かれるのは、今回舞台オリジナル新作ストーリーとなった、プリズムショー協会主催のストリートデュオ大会「KIDUNA climax」。一足先に如月ルヰ(横田龍儀)とのデュオで申請書を提出してしまった一条シン(橋本祥平)が気まずい思いをしつつも、それぞれがデュオのペアを選んでいく。

香賀美タイガ(長江崚行)は憧れの仁科カヅキ(大見拓土)に声をかけようとするが、カヅキが自身のライバルとして認める大和アレクサンダー(spi)をデュオのパートナーに選ぶところを目撃してしまう。失意のタイガに声をかけたのは――!? 前作を超えた演出で魅せるお風呂シーンもお見逃しなく。

第二幕は、法月仁の策略によりシュワルツローズからエーデルローズに「PRISM.1」の対戦を持ちかけられるという内容。今作初となるエーデルローズ生それぞれのソロプリズムショーは、映像や小道具を巧みに使い、限りなく再現度にこだわったものになっている。また、デュオ大会での新曲7曲に加え、舞台キンプリにはかかせない!?お風呂曲、さらに12曲の初披露楽曲等、計21曲が舞台を盛り上げる。

なお、本日10時に、本編を映像収録した 舞台「KING OF PRISM ?Shiny Rose Stars-」DVD&Blu-ray、CD 舞台「KING OF PRISM -Shiny Rose Stars-」Prism Song Albumが6月26日(金)に発売となることが発表された。

初日から千秋楽まで、お客様と共に進化し続ける本作。チケットは当日券もあるので、公式サイト・Twitterを確認の上、プリズムの煌めきを体験しに劇場へ行こう。

■舞台「KING OF PRISM -Shiny Rose Stars-」

日程:2020年2月20日(木)~3月1日(日)

劇場:TOKYO DOME CITY HALL

チケット:一般指定席8800円

スタッフ:脚本…青葉譲/演出…宇治川まさなり/音楽…石塚玲依/原作…T-ARTS/syn Sophia/エイベックス・ピクチャーズ/タツノコプロ/主催…舞台「KING OF PRISM -Shiny Rose Stars-」製作委員会2020

キャスト:一条シン…橋本祥平/神浜コウジ…小南光司/速水ヒロ…杉江大志/仁科カヅキ…大見拓土/太刀花ユキノジョウ…横井翔二郎/香賀美タイガ…長江崚行/十王院カケル…村上喜紀/鷹梁ミナト…五十嵐雅/西園寺レオ…星元裕月/涼野ユウ…廣野凌大/大和アレクサンダー…spi/高田馬場ジョージ…古谷大和/如月ルヰ…横田龍儀/池袋エィス…小林竜之/氷室聖…栗田学武/法月仁…前内孝文/黒川冷…及川洸

<アンサンブル>梅津大輝、佐藤一輝、竹井弘樹、宮越大貴、小林駿太

■DVD/Blu-ray 舞台「KING OF PRISM -Shiny Rose Stars-」

発売日:2020年6月26日(金)

価格:【DVD】税別7800円【Blu-ray】税別8800円

収録内容:DISC1…本編

     DISC2…稽古、バックステージ映像等

■CD 舞台「KING OF PRISM -Shiny Rose Stars-」

発売日:2020年6月26日(金)

価格:税別2800円

収録曲数:約20曲

発売元:エイベックス・ピクチャーズ

リンク:舞台「KING OF PRISM -Shiny Rose Stars-」公式サイト

    公式Twitter・@kinpri_stage