新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

TVアニメ「怪病医ラムネ」主人公ラムネの師・紅葉役で諏訪部順一が出演決定!

その他 2020年11月11日 20:04配信
TVアニメ「怪病医ラムネ」主人公ラムネの師・紅葉役で諏訪部順一が出演決定!

TVアニメ「怪病医ラムネ」キービジュアル

(C)阿呆トロ・講談社/「怪病医ラムネ」製作委員会

2021年1月より放送開始予定のTVアニメ「怪病医ラムネ」より、キービジュアルと追加キャスト情報が公開されました。主人公ラムネの師匠・紅葉を諏訪部順一さんが演じます。

「怪病医ラムネ」の原作は、阿保トロさんが「マガジンポケット」で連載する同名のコミックです。悩みなどを抱えて弱っている人の心に「怪」が入り込みんで身体に変化を及ぼす「怪病(かいびょう)」に、その専門治療医であるラムネと弟子のクロが立ち向かっていく物語が描かれる"怪"医療ファンタジーです。諏訪部さんが演じる紅葉は原作の最新ストーリーで登場した謎多き人物で、アニメでどのように描かれるのか期待が高まります。

また、TVアニメ「怪病医ラムネ」公式Twitter(@Dr_Ramune)では、今回の発表を記念して紅葉役・諏訪部順一さんのサイン入り色紙が抽選で当たるプレゼントキャンペーンを実施中です。キャンペーンの詳細は公式Twitterでご確認ください。

■紅葉

眉目秀麗で、怪病医としても超一流の腕を持つラムネの師匠。 人をいたぶることは趣味の一つで、特に弟子のラムネに対しては一層厳しい態度で接する。方向音痴なため、道案内役として作ったペット怪具「ピポポ」をいつも連れている。

【紅葉役・諏訪部順一さんのコメント】

何はともあれ、ご視聴よろしくお願いいたします。さて、紅葉はどのタイミングでどういう風に登場するのか? どうぞお楽しみに!

【イントロダクション】

人に心がある限り、悩みを抱える者がいる。そこに"怪"が入り込み、身体に奇妙な症状を引き起こす。"怪病"と呼ばれるその病は、人知れず、だが確かに存在している。現代医学では治す手立ての見込めないその病に、弟子と共に立ち向かう医者がいた。その名はラムネ。風貌は決して医者には見えず、どんな時も自由にふるまい、さらに口まで悪い。けれどひとたび怪病に向き合えば患者たちが心の底に隠していた悩みの原因を、瞬時に暴いて治療する。そしてその先には――。

■ラムネ

心が弱っている人に"怪"が忍び込むことで起こる"怪病"の専門医。口が悪く、場の空気はほとんど読まないうえ、大半の人間には不躾な態度を見せる。怪病医としての腕はよく、病気の根源を素早く見抜く。患者のことを第一に考えているからこそ、あえて荒っぽい治療をすることも。

■クロ

ラムネの弟子であり、助手を務める中学生。合理的な思考の持ち主で、判断力が高く、運動神経がよい。ポーカーフェイスで感情の起伏が分かりにくいが、ラムネの言動にはいつも冷静なツッコミを入れる。ラムネの怪病医としての腕は信頼している。

■彩芽

「怪具屋 あかつき」の元店主で、怪具を自作できる。現在は9歳の小学生だが、103歳まで生きた前世の記憶も持っている。面倒見がいい一方で、人を挑発するなど攻撃的な面もある。勝ち目が確定している勝負では、多少の危険を冒すことも。

■丹己

彩芽の前世の曾孫で、「怪具屋 あかつき」の現店主。とても温厚でいつも笑顔のため、近所の子供たちから「ニコニコマン」と呼ばれ大人気。ラムネとは幼少期からの付き合いで、お互い兄弟のように思っている。とある体質のために、誰よりも周囲を"視る"ことができる。

■TVアニメ「怪病医ラムネ」

2021年1月より放送予定

スタッフ:原作…阿呆トロ(講談社『シリウスKC』より刊行)/監督…大庭秀昭/シリーズ構成・脚本…久尾歩/キャラクターデザイン…佐藤陽子/サブキャラクターデザイン…小林利充/音響監督…髙桑一/音楽…織田哲郎/オープニングテーマ…内田雄馬「SHAKE!SHAKE!SHAKE!」/アニメーション制作…プラチナビジョン/製作…「怪病医ラムネ」製作委員会

キャスト:ラムネ…内田雄馬/クロ…永塚拓馬/彩芽…植田佳奈/丹己…岡本信彦/紅葉…諏訪部順一

リンク:TVアニメ「怪病医ラムネ」公式サイト

    TVアニメ「怪病医ラムネ」第1弾PV

    公式Twitter・@Dr_Ramune