新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

待望の「心が叫びたがってるんだ。」本予告が解禁

ムービー 2015年09月01日 12:11配信
幼い頃にしゃべれなくなる呪いをかけられた少女・成瀬順が高校生となり、「地域ふれあい交流会」実行委員に任命されたことで物語は動き出します

幼い頃にしゃべれなくなる呪いをかけられた少女・成瀬順が高校生となり、「地域ふれあい交流会」実行委員に任命されたことで物語は動き出します

(C) KOKOSAKE PROJECT

9月19日(土)に公開が迫る、「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のスタッフによる劇場版オリジナルアニメーション「心が叫びたがってるんだ。」の本予告映像が公開されました。

「もう二度と…喋っちゃだめ…」そんな衝撃的なセリフから始まる本予告では、主人公・成瀬順(CV:水瀬いのりさん)は突然現れた“玉子の妖精”に、おしゃべりをするとお腹が痛くなる呪いをかけられます。

その後、高校2年生になり、担任から「地域ふれあい交流会」の実行委員のひとりに任命された順。交流会の出し物がミュージカルになったことで、歌であれば声を出すことができることに気がついた彼女は、背中を押してくれた坂上拓実(CV:内山昂輝さん)に「私の言葉を歌にしてください」とお願いするのでした。

アニメ声優に初挑戦となった吉田羊さんが演じる、順の母親・成瀬泉の声も公開。喋ることができなくなってしまった順をもどかしく思い、心の底では心配しながらも、つい辛く当たってしまう、そんな苦悩する姿がかいま見えます。

また、ベートーヴェンの「悲愴」のメロディをクラムボンのミトが編曲・演奏し、本作で脚本を務める岡田麿里が書き下ろした劇中歌「心が叫びだす」と共に流れるのは、主題歌に決定した乃木坂46の新曲「今、話したい誰かがいる」。“本当の気持ち”“ずっと、ずっと、伝えたかった。”という本作のテーマとシンクロするこの曲は、秋元康さんによる完全書き下ろし楽曲です。

「今、話したい誰かがいる」でダブルセンターを務める西野七瀬さんと白石麻衣さんからはコメントも到着しました。

■西野七瀬さんコメント:冒頭の歌詞にある「1人でいるのが、1番楽だった」というフレーズが、自分やまいやん(白石麻衣さん)と重ね合わせ、共通する部分だと感じました。とにかく乃木坂46らしい楽曲になったと思います。映画「心が叫びたがってるんだ。」と共に、たくさんの人に聴いてもらえると嬉しいです!

●白石麻衣さんコメント:私たちの新曲「今、話したい誰かがいる」は、ピアノから入るイントロやサビに向かってメロディが元気になる所など、乃木坂46らしい楽曲に仕上がったと思います。そしてストーリーが読み取れるリアルな歌詞が、映画「心が叫びたがってるんだ。」とまさにリンクしていると感じました。映画と共に大ヒットを目指します!

「心が叫びだす」と「今、話したい誰かがいる」、この2曲の豪華なメドレーが観る者の心を掴み、感情を刺激しながらも、青春のさわやかさや切なさを感じさせ、人間本来の姿に真正面から向き合いながら、人と人との絆を描いた物語への期待感をますます高める本映像になっています。



■劇場版オリジナルアニメーション「心が叫びたがってるんだ。」
※9月19日(土)全国ロードショー
スタッフ:監督…長井龍雪/脚本…岡田麿里/キャラクターデザイン・総作画監督…田中将賀/音楽…ミト(クラムボン)/演出…吉岡忍/美術監督…中村隆/プロップデザイン…岡真里子/色彩設計…中島和子/撮影・CG監督…森山博幸/編集…西山茂/音響監督…明田川仁/企画・プロデュース…清水博之・岩田幹宏/プロデューサー…斎藤俊輔/アニメーションプロデューサー:賀部匠美/制作:A-1 Pictures
キャスト:成瀬順…水瀬いのり/坂上拓実…内山昂輝/仁藤菜月…雨宮天/田崎大樹…細谷佳正
リンク:公式サイト