新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

「この世界の片隅に」がテアトル70周年記念作品に

ムービー 2015年11月10日 10:00配信
「この世界の片隅に」がテアトル70周年記念作品に

「この世界の片隅に」2016年秋公開

(C)こうの史代・双葉社/『この世界の片隅に』製作委員会

こうの史代さんのコミック「この世界の片隅に」が、東京テアトル株式会社創立70周年記念作品にラインアップ、劇場用アニメーションとして制作されることが発表されました。

1946年の映画興行事業から始まり、テアトル新宿を中心に日本の映画文化・芸術と共に歩んできた東京テアトル株式会社。2016年に創立70周年を迎えるにあたり、創業の原点に立ち返り、独創的でテーマ性のあるオリジナル作品を生み出し、また隠れた名作や良質な文学作品に光を当てるべく、記念作品第1弾として「この世界の片隅に」をはじめ5作品の制作を発表しました。

今春に実施されたクラウドファウンディングで目標額を大きく超える出資を集め、アニメの制作が決定したことも話題となった「この世界の片隅に」。太平洋戦争中の広島県・呉市で毎日を暮らしている“すず”の昭和20年の夏が描かれたこの作品は、第13回文化庁メディア芸術祭では優秀賞を受賞し、こうの史代さん自身も代表作と認める作品です。

アニメ化を監督するのは「マイマイ新子と千年の魔法」で第14回文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した片渕須直さん。アニメーション制作はMAPPA、プロデュースはGENCOが担当し、2016年秋の公開を予定しています。

なお、創立70周年記念作品第1弾のその他のラインアップは「はなちゃんのみそ汁」(監督:阿久根智昭、出演:広末涼子ほか)、「モヒカン故郷に帰る」(監督:沖田修一、出演:松田龍平ほか)、「ディストラクション・ベイビーズ」(監督:真利子哲也、出演:柳楽優弥ほか)、「オーバー・フェンス」(監督:山下敦弘、出演:オダギリジョーほか)です。