新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

経営破綻で中断の「虐殺器官」、新スタジオで再開決定

ムービー 2015年11月13日 18:01配信
経営破綻で中断の「虐殺器官」、新スタジオで再開決定

マングローブの経営破綻により中断していた「虐殺器官」の制作が、新スタジオにより再開が決定!

(C)Project Itoh/GENOCIDAL ORGAN

アニメ制作会社・株式会社マングローブの経営破綻により、制作中断と公開延期を余儀なくされていた劇場アニメ「虐殺器官」が、新スタジオにより制作継続されることが発表されました。

2009年に夭逝した小説家・伊藤計劃さんが残した3作品の劇場アニメーション化企画「Project Itoh」。「虐殺器官」はその1作として11月の公開を目指して制作されていましたが、2015年9月に発生した株式会社マングローブにより制作が中断していました。

そこで、本作のチーフプロデューサーである山本幸治さんが新スタジオを設立し、制作再開の準備が整ったことを受けての今回の発表となりました。

新スタジオの名称は「虐殺器官」の英語タイトル「GENOCIDAL ORGAN」から「ジェノスタジオ」として、11月中に正式に設立の予定。

監督の村瀬修功さん他メインスタッフは続投、制作体制を強化し2016年内の完成を目指すとのことですが、現時点での公開時期は未定です。

なお、販売されていた劇場前売券は継続後の劇場公開では使用できないため、払い戻しを呼びかけています。

■「虐殺器官」監督・村瀬修功さんコメント

誰も予想できない事態が起こってしまいましたが、こうして制作継続が決まったのは、伊藤計劃さんが与えてくれた好機のようにも考えることができます。山本チーフプロデューサーが立ち上げてくださった“ジェノスタジオ”には、主要スタッフも再び集まってくれています。皆さんの期待に応え良い作品を作る為、スタッフ一同制作に邁進する所存です。

■「ジェノスタジオ」代表・山本幸治チーフプロデューサーコメント

マングローブの経営破綻により、制作継続が危ぶまれましたが、何とか制作再開にこぎつけることができました。お客さんの期待を裏切らずに済んだことが何よりです。その責任を果たしたいという意志を示してくれたフジテレビをはじめ製作委員会各社に感謝いたします。一方で、今回のマングローブの問題は業界全体の問題であり、他人事ではないと感じています。「虐殺器官」をきっかけに生まれたスタジオが、業界を変えていく最前線になればと思っています。