新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

最新グッズも販売「昭和元禄落語心中」パネル展が開催

イベント 2016年01月15日 18:22配信
最新グッズも販売「昭和元禄落語心中」パネル展が開催

1月8日(金)から放送が始まったテレビアニメ「昭和元禄落語心中」のミニショップ&パネル展が渋谷パルコ パート1で開催!

(C)雲田はるこ・講談社/落語心中協会

昭和の落語界を舞台に噺家の素顔と業を描いた雲田はるこさん原作のテレビアニメ「昭和元禄落語心中」のミニショップ&パネル展が、渋谷パルコ パート1の4F特設会場で1月29日(金)から2月8日(月)まで開催されます。

作品関連の展示物や扇子、手拭いなど本格的なこだわりグッズの販売が予定されている他、撮影コーナーも設置。

開催時間は10時から21時まで、入場は無料です。

会場では以下のようなグッズの他に、グッズや書籍などが販売予定です。

■「昭和元禄落語心中」扇子:有楽亭菊比古(6000円)…落語家が真打昇進の際に関係者などに配る自分の名前が書かれた扇子が、有楽亭菊比古バージョンで登場。多くの落語家が真打昇進の際に発注するという、京都の扇子の老舗「宮脇賣扇庵(創業文政6年)」製の扇子です。扇子に描かれた“有楽亭菊比古”の文字は、橘流の橘右女次さんによる寄席文字。のし袋に入れて、扇子袋付きで販売します。

■「昭和元禄落語心中」扇子:有楽亭助六(6000円)…有楽亭菊比古の扇子と同じ製法。原作で助六が持っている扇子をイメージしています。のし袋に入れて、扇子袋付きで販売。

■「昭和元禄落語心中」手拭い(1500円)…「有楽亭一門」の本染めの手拭い。織物の柄として使われている「有平縞」に扇子をモチーフにした紋を入れたデザインです。“有楽亭一門”の文字は、橘流の橘右女次さんによる寄席文字で書かれており、のし袋に入れて販売されます。

■「昭和元禄落語心中」和紙ファイル(600円)…アニメ「昭和元禄落語心中」のビジュアルを用いた昭和らしい和紙製のファイル。

■「昭和元禄落語心中」ミニショップ&パネル展

場所:東京・渋谷パルコ パート1 4F特設会場

期間:1月29日(金)~2月8日(月)

時間:10:00~21:00

入場:無料

リンク:アニメ公式サイト

    アニメ公式twitter