新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

第2クール開門!娘TYPE3月号は「GATE」特集

プロダクト 2016年01月28日 21:31配信
第2クール開門!娘TYPE3月号は「GATE」特集

京極尚彦監督インタビューは必見

(C)柳内たくみ・アルファポリス/ゲート製作委員会

娘TYPE3月号は、怒涛の展開で盛り上がりをみせる「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」を大特集。

京極尚彦監督インタビューをはじめ、メインスタッフ・キャストの声とともに、作品の魅力に迫ります。また、生みの親である原作者・柳内たくみさんにも、執筆、アニメ化でのこだわりなどをロングインタビューで聞き出しました。

ここでは、柳内たくみさんのインタビュー記事の一部を先出し! 

――ミリタリー要素とは別に、ヒロインの多さも「GATE」の魅力ですが、小説の中でこだわったり気をつけたヒロインの表現というのはありますか?

柳内:最初のころはとにもかくにも、キャラクターが暴れるに任せるという感じでした。そこがプロットがない、即興で書いているという理由なんですが、暴れまくって手に負えないキャラクターほど人気が出ましたね。僕のコントロールに収まってしまうキャラクターは、個々の“らしさ”があまり出なかったという気がしています。

――暴れたキャラクターの代表格は誰になりますか?

柳内:ロゥリィですね。暴れるわ暴れるわ。完全にコントロールをはずれて暴走しまくってます。僕的にも一番見せたいキャラでもあったんですが、こんな感じで人気が出るとは思ってもいませんでした。それと、もともと頭の中ではテュカしか出てこないエピソード、レレイだけの、ロゥリィだけの、と考えていたんですが、書いていくうちに3人が一本のラインにまとまるように動いて、自分でもびっくりしました。

先出しはここまで! 気になる続きは、本誌でチェックしてください。

月刊娘TYPE3月号は、テュカ・ルナ・マルソー、レレイ・ラ・レレーナ、ロゥリィ・マーキュリーの3人が水着姿を披露している表紙が目印! 特別定価950円で1月30日(土)発売です。

■月刊娘TYPE3月号

発売:1月30日(土)

定価:950円

表紙:「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」