新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

「魔法使いの嫁 星待つ人 前篇」メインビジュアル&本予告ムービーが公開

ムービー 2016年06月24日 15:06配信
「魔法使いの嫁 星待つ人 前篇」メインビジュアル&本予告ムービーが公開

「魔法使いの嫁 星待つ人 前篇」本予告より

(C)ヤマザキコレ/マッグガーデン

アニメ化プロジェクトが発表されていた「魔法使いの嫁」の続報が到着!

コミックス第6巻・7巻・8巻にそれぞれ同梱される形で発売される、原作者・ヤマザキコレさん原案の完全オリジナルアニメーション「魔法使いの嫁 星待つひと」(全3部作)。

それに先駆け、8月13日(土)から全国の映画館で限定上映される「前篇」のメインビジュアルと本予告が公開されました。

これに合わせて、あらすじやキャラクター設定、新キャストも発表。アンジェリカ役を甲斐田裕子さん、ヒューゴ役を久野美咲さん、原作には登場しない三浦理一役を櫻井孝宏さんを務めます。

さらに、本編の音楽を映画「そして父になる」(2014年・是枝裕和監督作品)で日本アカデミー賞音楽優秀賞を受賞した松本淳一さんが担当することも決定。松本さんがアニメ作品の音楽を手掛けるのは初となります。

松本さんからはコメントが到着しています。

<松本淳一さんコメント>

最初にお話を頂き、作品から感じたのは北の大地でした。僕は大学で上京するまで北海道の市街で育ち、父母の実家はそれぞれに山、海の大自然の只中にあって、おおらかに成長させてもらいました。また、アイスランドのレイキャビクに留学していた経験もあり、僕が音楽を作ることが今回なにか運命のように感じながら、感慨深く作曲させていただきました。

物語を読み進めるうちに、この作品の世界のファンの一人になってしまいました。特にチセとエリアスの持つ運命が産み落とした孤独、背中へそっと手を置くような優しさ、共感性に魅力を感じ、観る方々にこの魅力がより伝わるような音楽になればと思いながら作りました。この「魔法使いの嫁」の唯一無二の世界を通じ、音楽の方も楽しんでいただけたなら、とても嬉しく思います。

■「魔法使いの嫁 星待つひと:前篇」あらすじ

羽鳥チセ15歳。

身寄りも、生きる術も、希望も何一つ持たぬ彼女を金で買ったのはヒト為らざる魔法使い・エリアスだった。

彼に『弟子』兼『花嫁』として招き入れられたチセは戸惑いつつも、停まっていた時を動かし始めてゆく……。

そんなゆっくりと、しかし着実に時を育む、穏やかな或る日――。

倫敦(ロンドン)のアンジェリカより届いた書籍を整理しようとするチセが見つけたのは、日本語で描かれたひとつの本。

それは幼き日、その身に重すぎる荷を背負い、孤独を抱える少女が縁とした特別な絵本で……。

茨の魔法使いと出逢う以前――チセに訪れた一片(ひとひら)の前日譚。

羽鳥チセ8歳。

そう、これは、わたしのものがたり。

■「魔法使いの嫁」アニメ化プロジェクト

スタッフ:原作…ヤマザキコレ(マッグガーデン刊)/シリーズ構成/監督…長沼 範裕/脚本…高羽 彩/キャラクターデザイン…加藤 寛崇/色彩設計…小針 裕子/美術監督…竹田 悠介/撮影監督…鈴木 麻予/CGI ディレクター…須貝 真也/2D ワークス…西谷 知恵/編集…今井 大介/音楽…松本 淳一/音楽制作…フライングドッグ/音楽制作協力…BASiLiCA/音響監督…はたしょう二/アニメーション制作…WIT STUDIO/配給…松竹メディア事業部/企画・製作…Production I.G

キャスト:羽鳥チセ…種崎敦美/エリアス…竹内良太/ルツ…内山昂輝/シルキー…遠藤綾/アンジェリカ…甲斐田裕子/ヒューゴ…久野美咲/三浦理一…櫻井孝宏

■「魔法使いの嫁 星待つひと 前篇」イベント上映

期間 :8月13日(土)から2週間限定

上映館:新宿ピカデリー(東京都)、横浜ブルク13(神奈川県)、MOVIXさいたま(埼玉県)、札幌シネマフロンティア(北海道)、ミッドランドスクエアシネマ(愛知県)、なんばパークスシネマ(大阪府)、MOVIX京都(京都府)、福岡中洲大洋(福岡県)

リンク:公式サイト

    アニメ化プロジェクト公式twitterアカウント