新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

劇場アニメ「BLAME!」ティザ―PV公開。スタッフ&ストーリーも解禁!

ムービー 2016年07月26日 17:24配信
劇場アニメ「BLAME!」ティザ―PV公開。スタッフ&ストーリーも解禁!

劇場アニメ「BLAME!」は2017年公開予定

(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

2017年公開予定の劇場アニメ「BLAME!」のティザ―PVが公開。合わせて、スタッフ、ストーリーが発表されました。

「BLAME!」は、「アフタヌーン」で1997年から2003年まで連載された弐瓶勉さんのデビュー作が原作。独特の世界観と描写によってコアなSFファンの心を掴み、世界中のクリエイターに影響を及ぼしたSF漫画の金字塔です。

今回の劇場アニメでは、弐瓶勉さん自らシナリオやキャラクターデザインをはじめとしたクリエイティブディレクションの中核を担い、プロジェクトへフルコミット。監督は瀬下寛之さん、アニメーション制作はポリゴン・ピクチュアズが担当しています。

また、今回新たに発表されたスタッフとして、副監督・CGスーパーバイザーに吉平直弘さん、脚本に村井さだゆきさん、プロダクションデザイナーに田中直哉さん、ディレクター・オブ・フォトグラフィーに片塰満則さん、キャラクターデザイナーに森山佑樹さん、美術監督に滝口比呂志さん、色彩設計に野地弘納さんが集結。

<STORY>テクノロジーの果て、極限まで発達した超高度ネット文明。過去の「感染」によって、正常な機能を失い無秩序に、そして無限に増殖する巨大な階層都市。都市コントロールへのアクセス権を失った人類は、防衛システム「セーフガード」に駆除・抹殺される存在へと成り下がってしまっていた。都市の片隅でかろうじて生き延びていた「電基漁師」の村人たちも、セーフガードの脅威と慢性的な食糧不足により、絶滅寸前の危機に瀕してしまう。少女・づるは、村を救おうと食糧を求め旅に出るが、あっという間に「監視塔」に検知され、セーフガードの一群に襲われる。仲間を殺され、退路を断たれたその時現れたのは、“この世界を正常化する鍵”と言われている「ネット端末遺伝子」を求める探索者・霧亥であった。

■劇場アニメ「BLAME!」

2017年公開予定

スタッフ:原作…弐瓶勉「BLAME!」/総監修…弐瓶勉/監督…瀬下寛之/副監督・CGスーパーバイザー…吉平直弘/脚本…村井さだゆき/プロダクションデザイナー…田中直哉/ディレクター・オブ・フォトグラフィー…片塰満則/キャラクターデザイナー…森山佑樹/美術監督…滝口比呂志/色彩設計…野地弘納/アニメーション制作…ポリゴン・ピクチュアズ/製作…東亜重工動画制作局

リンク:「BLAME!」公式サイト