新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

「うどんの国の金色毛鞠」最終話・第12話先行カットが到着。過去と向き合った宗太は……

テレビ 2016年12月18日 02:30配信
「うどんの国の金色毛鞠」最終話・第12話先行カットが到着。過去と向き合った宗太は……

第12話「かけうどん」より

(C)篠丸のどか・新潮社/「うどんの国の金色毛鞠」製作委員会

テレビアニメ「うどんの国の金色毛鞠」最終話・第12話先行カットが到着しました。

<第12話「かけうどん」あらすじ」>まつりの花火に興奮したポコが、人混みで尻尾を出してしまった。逃げ出したポコを抱きしめた宗太は、ポコの不思議な力で過去の光景を見る。ポコは、高校時代の自分が事故に遭ったときに助けた子狸だったのだ。様々な過去の光景の中を宗太は進む。進路のことで父と言い争ったこと。父が彼の仕事を認めてくれていたこと。そして、父に言えなかった、大切なこと。ポコの力で、宗太は過去と向き合った。けれど、ポコの姿が消えていて……。[脚本:高橋ナツコ、脚本(Cパート):池田臨太郎、絵コンテ:森邦宏、演出:山内愛弥、絵コンテ(Cパート):山下英美、演出(Cパート):山下英美、作画監督:阿部慈光・河野敏弥]

第12話「かけうどん」は、12月24日(土)25時55分から日本テレビで放送。以降、西日本放送・サンテレビ・ミヤギテレビ・BS日テレ・日テレプラスで順次放送されます。

「うどんの国の金色毛鞠」は、通称“うどん県”で有名な香川県を舞台にした作品。父親の死に際し、生まれ故郷へ帰った主人公・俵宗太が、人間の子供の姿に化けたタヌキのポコと出会い、ポコや親友の中島、姉、初恋の同級生など、周囲の人たちとの生活を通じて成長していく物語です。

■テレビアニメ「うどんの国の金色毛鞠」

放送  :日本テレビ…毎週土曜25:55~

     西日本放送…毎週日曜7:00~

     BS日テレ…毎週火曜26:30~

     サンテレビ…毎週水曜24:30~

     ミヤギテレビ…毎週金曜26:30~

     日テレプラス…毎週金曜25:30~

スタッフ:原作…篠丸のどか(新潮社「月刊コミック@パンチ」連載)/監督…宅野誠起/助監督:臼井文明/シリーズ構成…高橋ナツコ/キャラクターデザイン・総作画監督…伊藤依織子/美術設定…イノセユキエ/美術監督…合六弘/色彩設計…小野寺笑子/撮影監督…後藤晴香/編集…吉武将人/音響監督…鶴岡陽太/音楽…橋本由香利/アニメーション制作…ライデンフィルム

キャスト:宗太…中村悠一/ポコ…古城門志帆/中島忍…杉田智和/大石凛子…中原麻衣/藤山俊亮…福山潤/ガオガオちゃん…黒田崇矢/ミミ…牧野由依/モモ…古城門志帆/次回予告…要潤

リンク :アニメ「うどんの国の金色毛鞠」公式サイト

     公式Twitterアカウント・@udonnokuni_tv