新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

コスプレイヤー篠崎こころがカウガールに!ビキニ風の大胆衣装でクールなポーズを続々披露!!

2021年05月25日 13:00配信
「ももいろヤングガン!」とコラボしたコスプレグラビアを披露する篠崎こころさん
「ももいろヤングガン!」とコラボしたコスプレグラビアを披露する篠崎こころさん(C)やましな・ふくしま正保/マンガボックス・2021 Sony Music Entertainment (Japan) Inc.

DJやグラビア、ファッションモデルなど、さまざまな分野で活動し、最近では多数の雑誌で表紙も飾るなど、大活躍中の人気コスプレイヤー・篠崎こころさん。そんな彼女がウェブコミック「ももいろヤングガン!」とコラボしたコスプレグラビアを披露。主人公“モモ”に扮して、カウガール風のセクシーな衣装を着こなす写真が公開されました。

こちらは、電子書籍販売サービスのDMM電子書籍、Kindleストア、BOOK☆WALKERにて、「ももいろヤングガン!」の連載スタートを記念して実施された特別企画。

「ももいろヤングガン!」の主人公・桃井いろはに扮する篠崎こころさん
「ももいろヤングガン!」の主人公・桃井いろはに扮する篠崎こころさん(C)やましな・ふくしま正保/マンガボックス・2021 Sony Music Entertainment (Japan) Inc.

各電子書店で、それぞれ異なる購入者特典グラビアが付いてくる…といった内容で、写真は全部で9種類(媒体ごとに3種類ずつ)。1話につき1枚の写真が付いてくる仕様で、どの媒体も3話までの購入特典となっている…とのこと。

ちなみに「ももいろヤングガン!」とは、ソニー・ミュージックエンタテインメントが運営する、音楽ユニット“YOASOBI”を輩出したことでも話題の小説投稿プラットフォーム“monogatary.com(モノガタリードットコム)”で実施されたコンテスト“モノコン2019”マンガボックス賞にて、優秀作品に選ばれた原作小説がベースの漫画作品。

「鳴かず飛ばずの売れない西部劇アイドルグループ“ももいろヤングガン!”。メンバーも次々に抜けていき、解散の危機にさらされるなか、リーダー・桃井いろは(モモ)のもとに、世界のショービジネスに多くの才能を輩出しているという謎の学園からの招待状が届く…」といったストーリーで、今回、篠崎さんが扮するのは、本作の主人公・モモのコスプレになります。

また、一部電子書店で購入者特典として付いてくるグラビアに加え、篠崎さんがナレーションや一部のセリフを読み上げる“ボイス付きのダイジェスト動画”も、6月中旬からYouTubeにて展開予定とのことで、こちらの内容も非常に気になるところです。

こちらの記事では、「ももヤン!」コスプレグラビアの撮影現場にお邪魔して、全カットを撮り終えたばかりの篠崎さんに直撃インタビューを実施!作品そのものやモモというキャラクターに対する率直な感想、ふだんからコスプレをする際に気をつけていることなどを話してもらいました。

カウガール風のセクシーな衣装を着こなす篠崎こころさん
カウガール風のセクシーな衣装を着こなす篠崎こころさん(C)やましな・ふくしま正保/マンガボックス・2021 Sony Music Entertainment (Japan) Inc.

――篠崎さんが公式コスプレイヤーを務められたモモについてお聞きします。キャラクターのビジュアル(衣装デザインなど)を始めてご覧になられた際、どのように思われましたか?

篠崎 ウエスタンアイドルということで、防御力高めの戦いやすい恰好なのかな…と思いきや、かなり隙のある(!?)かわいらしい衣装だったのでビックリしました。セクシーなんだけど、過激になりすぎないよう配分が絶妙で。拳銃や帽子といった小物と合わせることで、よりかっこかわいく見えるようになっているのも好きなポイントです。ジャンルとしては、アイドルものの作品なんですけど、他のアイドルとは被らないオリジナルな世界観が衣装にも反映されていて、すごく魅力的だと思います。

――モモのコスプレをするうえで気をつけたことや、意識されたことを教えてください。

篠崎 目の色はなるべく原作に近づけたかったので、いろんなブラウンカラーのカラコンを集めて。そのなかからいちばん色味の近いものを選びました。髪色も、ピンクと茶色が合わさった特徴的なものだったので、ウィッグを用意する際は“色味を忠実に再現すること”を意識しました。それと、モモちゃん自身にはそんな気はないのに、アングルなどでセクシーに見えるシーンがけっこうあるので、その雰囲気も再現したくて。撮影中はあざとくならないように、かわいらしさのなかにセクシーさも感じられるポージングを心がけました。

――そのこだわりはしっかりと写真にも反映されていますね。続いて、「ももいろヤングガン!」という作品そのものについても感想をお聞きしたいです。

篠崎 私自身も、アイドル活動をしていたころに感じた悩みや葛藤が描かれているので、すぐに作品の世界に入り込むことができました。読み進めるごとにどんどん共感していって、ひたむきに前に進むモモちゃんから勇気をもらったり、かっこよく戦う姿にドキドキしたり。合間に描かれるちょっぴりエッチなシーンにも見入っちゃいました(笑)。どのコマを切り取っても魅力的なシーンばかりで、ワクワクが止まらない作品ですね!

――今回はダイジェスト動画用にセリフの収録にも挑戦されたそうですが、出来栄えはいかがですか?

篠崎 ナレーションとキャラボイスを担当させていただくのは初めての経験だったので、緊張もしましたが楽しく収録できました。原作は毎回、モモちゃんの声を想像しながら読んでいたので、キャラクター像は固まっていて。どのセリフもモモちゃんになりきって演じさせていただきました。ナレーションにも感情を込めて読む箇所があり、モモちゃんのセリフとどう違いを出すか?…というところでちょっと迷いましたが、緩急をつけることでそれぞれの差を表現できたと思っています。作品の魅力をきちんとお伝えできていたら嬉しいです。

――こちらの動画の配信も今から楽しみですね。ちなみに今回だけでなく、お仕事としてコスプレに取り組まれる際は、必ず実践していることや気をつけていることはありますか?

篠崎 お仕事だから特別に…というわけではなく、どんなキャラクターにも体型を近づけられるように、ふだんからスタイルの維持には気をつけています。

――最近では、趣味でコスプレを楽しむ機会はなかなかないと思うのですが、やってみたいコスプレや、撮影のシチュエーションがありましたら教えてください。

篠崎 「ひぐらしのなく頃に」の竜宮レナちゃんのコスプレを、夏の暑い日にロケ撮影してみたいです。それと「魔法少女まどか☆マギカ」も10周年ということで、ずっとやってみたかった美樹さやかちゃんのコスプレ撮影もしたいなと思っています。私の所属するPPエンタープライズには、大勢のコスプレイヤーが在籍しているので、いつか皆で完全に趣味の“大型併せ”ができたら、きっと楽しいでしょうね。

取材・文=ソムタム田井

■「ももいろヤングガン!」(原作:やましな/漫画:ふくしま正保)
マンガボックスほか、主要電子書店にて配信中。マンガボックスにて好評連載中。5月25日(火)より各電子書店にて単行本(分冊版)も発売。

■グラビア特典付き電子書店
DMM電子書籍
Kindleストア
BOOK☆WALKER
※各サイトでご確認ください。

■作品紹介
主人公のモモは、売れない西部劇アイドルグループ“ももいろヤングガン!”を引っ張るリーダー。でもメンバーは次々と離脱、グループは解散の危機に!? そんなとき、世界のショービジネスに多くの才能を輩出している謎の学園からモモへ招待状が届く――