新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

「竜とそばかすの姫」など話題作のコスプレが人気!2年ぶりに開催された世界コスプレサミット2021突撃取材

2021年08月16日 06:00配信
「竜とそばかすの姫」のベルに扮する詠弥さん

「竜とそばかすの姫」のベルに扮する詠弥さん

世界最大規模のコスプレイベントとして知られ、毎年世界中から大勢のコスプレファンが参加していた「世界コスプレサミット(略称:WCS)」。そんな同イベントが、安全面には最大限に気をつける形で2年ぶりに開催。多数のコスプレイヤー&カメラマンが駆けつけ、大盛り上がりとなりました。

「世界コスプレサミット2021(略称:WCS2021)」と称して実施された同イベントを取材し、撮影させてもらったコスプレイヤーたちの写真を、数回に分けて連載形式で紹介しましょう。(WCS2021は、8月7日・8日に愛知県名古屋市・栄周辺エリアにて開催)

WCSといえば、旬のアニメはもちろん、ちょっと懐かしいゲームから、知る人ぞ知るコアなマンガまで、新旧さまざまな作品のキャラクター(に扮したレイヤー)が一堂に会し、写真撮影や交流を楽しめる…という点も見どころのひとつ。

参加者たちの衣装を見てみると、「鬼滅の刃」や「呪術廻戦」「ウマ娘 プリティーダービー」「シン・エヴァンゲリオン劇場版」など、2021年上半期にコスプレ界隈で流行った作品がWCSでも人気で、各タイトルのキャラに扮したグループが続々と集結。

さらに、「竜とそばかすの姫」や「僕のヒーローアカデミア」「Fate/Grand Order」といった、現在公開中の映画作品や、テレビアニメが好評放送中の「キングダム」などのコスプレで遊びに来ていたレイヤーも多く、それぞれに撮影のための長蛇の列ができていました。

もちろんその他にも、2022年1月より“第6部”の放送がスタートする「ジョジョの奇妙な冒険」や、2021年で35周年を迎えた国民的RPG「ドラゴンクエスト」、“コスプレ”を題材にした連載中のマンガ作品「2.5次元の誘惑」なども人気で、参加者一人一人がきちんと距離を保ちつつ、ひさしぶりの大型コスプレイベントを満喫している姿が各所で見られました。

大盛況となったWCS2021に続き、2021年下半期に開催予定のイベントでは、どのような作品のコスプレに人気が集中するのか?今後も継続して、各種コスプレイベントに取材参加をしつつ、その調査結果を報告していきますのでご期待ください。

【取材・文=ソムタム田井】