新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

バニー衣装のアニメヒロインや獣耳美女も参戦! 池袋ハロウィン2021を彩った美麗コスプレイヤーを大特集

2021年11月21日 07:00配信
「ダーリン・イン・ザ・フランキス」のゼロツーに扮する るたぴさん

「ダーリン・イン・ザ・フランキス」のゼロツーに扮する るたぴさん

マスクの持参・着用、参加中の定期的な消毒、ソーシャルディスタンスの確保など、緊急事態宣言解除後とはいえ、安全面には最大限に気をつける形で実施された、大型コスプレイベント「池袋ハロウィンコスプレフェス2021」(以下、「池ハロ2021」)。リアルイベントとしては2年ぶりの開催ということもあり、会場には再開を心待ちにしていたコスプレファンが大勢集結。各所で写真撮影や交流を満喫していました。

そんな同イベントに取材参加して撮影させてもらった、ハイレベルなコスプレイヤーたちの写真を、数回に分けて連載形式で紹介しましょう。

2019年までは、池袋の東口エリア全域で行われていた「池ハロ」ですが、今年は“安全面が最優先!”ということで、会場をサンシャインシティとイケ・サンパークの2ヶ所に絞る形で実施。とはいえ、集まったコスプレイヤーたちの熱気は例年以上で、こだわりの光る衣装を着こなし、写真撮影に応じている姿が屋内外の各エリアで見られました。

ちなみに、参加レイヤーたちの衣装のジャンルは、アニメ、ゲーム、コミック、バーチャルYouTuberなど多岐にわたっていましたが、アニメ作品のコスプレに注目してみると、やはり今年も「鬼滅の刃」や「Re:ゼロから始める異世界生活」「ジョジョの奇妙な冒険」「美少女戦士セーラームーン」などが人気で、これらのキャラクターたち(に扮したコスプレイヤー)が大集結。

さらに、2021年に放送された「小林さんちのメイドラゴンS」や、2022年に劇場版が公開予定の「五等分の花嫁」、ちょっと懐かしい「ダーリン・イン・ザ・フランキス」「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」「DEATH NOTE」などのコスプレで参加していたレイヤーも多く、なかには作品の枠を超えて、ツーショットや“併せ”を楽しんでいたグループもいました。

【取材・文:ソムタム田井】