新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

魅力溢れる美麗コスプレイヤーが勢ぞろい! 大盛況となった「ワンフェス2022冬」振り返りリポート

2022年02月16日 08:30配信
「Re:ゼロから始める異世界生活」のレムに扮する猫宮まるさん

「Re:ゼロから始める異世界生活」のレムに扮する猫宮まるさん

“世界最大規模のガレージキットの祭典”として知られ、プロ・アマチュアを問わず、製作者であれば誰でも造形物を展示・販売できる「ワンダーフェスティバル(略称:ワンフェス)」。新型コロナウイルス感染症の影響で長らく中止・延期が続いていた同イベントが、安全面には最大限に気をつける形で2年ぶりに開催。大勢のサブカルファンが駆けつけ、会場は大盛り上がりとなりました。

そんな「ワンフェス」を取材し、撮影させてもらったコスプレイヤーの写真を掲載しつつ、イベントの盛況ぶりをリポート形式で紹介しましょう。

「ワンフェス」といえば、航空機、戦艦、鉄道車両などの模型から、特撮ヒーロー&アニメのキャラクターのフィギュア、さらには武器や装飾品のレプリカといった、さまざまなアイテムが展示。それらの製作者と直に話をしながら、商品の購入であったり、写真撮影を楽しめる…というところこそ、参加するうえでの醍醐味といえます。

それらに加え、今回の「ワンダーフェスティバル2022[冬]」では、多彩なステージ企画を行うためのオフィシャルステージも設置。こちらでは終日、アニソンシンガー&声優陣によるライブや、人気アニメの制作陣によるトークショー、さらには「ミクチャ×クラップス スペシャルステージ」というコスプレ企画まで実施され、いずれも好評を博していました。

ちなみに、参加レイヤーの衣装の傾向を見てみると、「Re:ゼロから始める異世界生活」や「ラブライブ!」「賭ケグルイ」といった、アニメ作品のキャラクターもいたものの、どちらかというとゲーム作品のコスプレ率が高く、「ウマ娘 プリティーダービー」や「Fate/Grand Order」「グランブルーファンタジー」「アズールレーン」「原神」といった、スマホゲームのヒロインたちが勢ぞろい。

もちろんその他にも、家庭用ゲームのキャラクターのコスプレも人気で、「ヴァンパイア」シリーズのモリガンや、「ニーア オートマタ」の2B、「テイルズ オブ アライズ」のシオンたち(に扮したレイヤー)が駆けつけ、それぞれに撮影のための長蛇の列ができていたのも印象的でした。

大盛況のうちに終了した「ワンフェス2022[冬]」に続き、7月24日(日)には早くも「ワンダーフェスティバル2022[夏]」の開催が決定! はたして次回の開催時には、どのような作品のコスプレに人気が集中するのか?

そうした点にも注意しながら、現在放送中のアニメや新しく発売されるコミック、ゲームなどをチェックしておき、「ワンフェス2022[夏]」の会場で答え合わせをする…というのもおもしろそうですね。

【取材・文:ソムタム田井】