新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

みんなと知らない世界へ!渡部優衣2ndアルバム発売直前インタビュー

2017年10月27日 17:47配信
みんなと知らない世界へ!渡部優衣2ndアルバム発売直前インタビュー

待望の2ndアルバム「vivid station」のリリースを控える渡部優衣さんに、楽曲に込めた想いや収録エピソードを聞きました

2016年6月の1stアルバム「FUN FAN VOX」から、「夢のキセキ」「スペアミント」とシングルをリリースし、ソロでの音楽活動を精力的に続けてきた渡部優衣さん、待望の2ndアルバム「vivid station」が完成! “鮮やかでカラフルな曲たちを、ファンが待つ駅に迎えに行き、一緒に楽しみたい”という想いを込めて彼女が付けたアルバムタイトル通り、ファンとの繋がりも感じる2ndアルバムとなりました。

3度目のワンマンライブ、最高を塗り替えていきたい!

――2ndアルバムを作れると聞いた時は嬉しかったのではないですか?

明るいネガティブなので、嬉しい気持ちと大丈夫かな?という気持ちが入り混じったような感じでした。

――制作過程での変化はありましたか?

「6th Breeze」の桃井はるこさんと「ステップ」の渡部チェルさんとは、もともと野球繋がりで親交があったので、お二人にお願いしたところ、快くOKしていただきました。それと「sensing」はKOHさんの曲なんですけど、KOHさんのデモ曲が10曲以上あり、その中でも一番気に入ったものを選ばせていただきました。

――今回のアルバムは、全体的にどういう曲が多い印象がありましたか?

作家の皆さんは、これまでも一緒に作ってくれていたのですが、イベントを見に来てくださる方もいらっしゃったので、わりと前向きというか、背中を押してくれる曲が多かったり、ファンの方々との繋がりを大事にしてくれている曲が多かった印象があります。皆さん、私のことを何でそんなに理解してくれるの?っていうくらい、本当にハマる楽曲ばかりでした。

――リード曲にもなっている「アスナロ」からアルバムは始まりますね。

大切なものは目に見えないというか。人間生きていく中で、本当にいろんなものを見逃してきていると思うんですけど、改めてそれに気づいた時に、その大切さがわかるという曲です。自分にもそういうことがあったな、と思い出しながらレコーディングをしました。でも聴いた時から、リード曲って感じ!と思ったので(笑)、やはりアルバムの顔ですから、1曲目に入れようと思いました。

――先程お話にあった「sensing」は、どこにビビッときたのですか?

KOHさんの曲は、これまで何曲か歌わせていただいているんですが、それとも何か違うKOHさんの世界だなという感じがして。でも十数曲聴くと、どれもいいからだんだんわからなくなってくるんです(笑)。ただ、最後まで頭の中で流れていたメロディがこの曲だったので、「私、この曲好きなんだ」って。

――どんなところを意識して歌いましたか?

どこか不思議さが残る曲の雰囲気の中で、歌詞は芯が通っているので、どう表現したらいいんだろうと考えました。“感じている・通じている”っていう意味のタイトルなんですけど、KOHさんが、私とファンの繋がり、未来を一緒に作っていこうという想いを込めて作りましたと話してくださったので、その気持ちを込めました。ある意味、私の等身大なのかな? 歌詞から見える景色、伝えたい気持ちをストレートに表現しながら歌うことができました。

――「6th Breeze」もファンとの繋がりを感じる曲でしたが、桃井さんからもメッセージが届いたりしたのですか?

LINEでいただきました。タイトルは、頑張っている人が緊張感の中でふと前向きになれて、感覚が研ぎ澄まされ第六感が覚醒する時に感じる風という意味で、私と私のファンの絆をつなぐ、人を励ませる応援歌になってほしいと思って書きました、というメッセージをいただきました。あとはダンスのリズムとJ?POPらしいシリアスなメロディを合わせて作ったそうなんですが、桃井さん自身も海外でご活躍されていて、こういうメロディって海外の人たちにも受けがいいそうなので、そこも意識してくれたようです。いつか海外でも羽ばたいてほしいと。すごく桃井さんらしい曲だなって思いました。

――それと「スペアミント」や「joystick」のような少女漫画っぽい世界観の曲ですが、渡部さんの声とマッチすると感じました。本人的には、この歌詞のようなことはないのかもしれませんが(笑)。

全然ないですね…残念ながら(笑)。周りの友達が心配して縁結びのお守りを買ってきてくれる、まもなく29歳になります…。友達には恵まれてます。「スペアミント」もスタッフさんが“渡部もそろそろいい恋をしろよ”というメッセージを込めて選んだ曲らしいので。

――「joystick」は少し大人目?

大人目ですけど、大人ぶってる感じなのかなって。私の方が恋愛上手なのよ!って思っているのに相手をコントロールできない、転がすことができなくて“もう!”ってなっている曲だと思いました。この恋愛に振り回されてる感、かわいいなって思います。

――こういうのを見てキュンキュンしたりは?

いいなぁ、恋愛したいなぁって思いますよ。やっぱり恋してる人って輝いてるじゃないですか。この歌の中でもかわいいじゃないですか! 私にもうそれはないので、歌で疑似体験しようと(笑)。ただ、結婚は諦めていません!

――最後の「ステップ」と「JUMPER」がすごくいい曲で、最高の形でアルバムを締めくくられた感じがしました。「ステップ」はバラードですね。

もっと頑張らなきゃなっていう反省点はあったんですが、いま自分ができる100%の力は出して歌いました。バラードですけど、明るく前向きな幕開けを感じさせてくれるような曲です。渡部チェルさんのバラードって意外な印象があったんですけど、他のアルバム曲を聴いて、バラードがないですねってことで作ってくれたそうなんです。なので、本当に貴重な曲をいただきました。

――「ステップ」で終わっても素敵なんですけど、最後「JUMPER」でポップに締めるのは渡部さんらしいと思いました。

「vivid station」という駅の終点じゃないですか。終点なんだけど、みんなでゴールテープを切るようなイメージで、その駅を降りて改札を出ると、また知らない世界がいっぱい広がっていて、そこをみんなと一緒に見に行きたいなっていうイメージがあったので、最後は「JUMPER」を選びました。

――最後に、12月2日(土)開催のバースデーライブは、どのようなライブにしたいですか?

3度目のワンマンライブなので、最高を塗り替えていきたいです。皆さんと一緒に作っていける楽しいライブにしたいですし、盛り上がれる曲もたくさんあるので、冬の寒さに負けないくらい熱いライブを作っていきましょう! 来ないで後悔するより、来ていただいた方がいいと思いますよ!

取材・文=塚越淳一

■渡部優衣2ndアルバム「vivid station」

発売:11月1日(水)

定価:税別3000円(通常版・CD)/税別4167円(初回生産限定盤・CD+BD)

収録:【CD】1.アスナロ、2.湾岸ヴィーナス、3.DAYBREAK、4.夢のキセキ、5.sensing、6.6th Breeze、7.ユメ☆アドベンチャー、8.joystick、9.スペアミント、10.ステップ、11.JUMPER

   【BD】1.アスナロ(Music Video)、2.スペアミント(Music Video)、3.夢のキセキ(Music Video)、4.全曲解説&メイキング(Bonus Movie)

■「vivid station」全曲解説ティザー映像

リンク:渡部優衣 公式サイト

    徳間ジャパン内 公式サイト

    渡部優衣twitterアカウント

    渡部優衣スタッフtwitterアカウント