「温泉むすめ」がサマソニに出演!petit corollaは初お披露目ながらアピール大成功!

2018年09月10日 15:21配信

SUMMER SONIC 2018に出演したpetit corolla

(C) 温泉むすめ/Enbound, Inc.

8月18日(土)、19日(日)に開催されたロックフェス・SUMMER SONIC 2018。その東京会場のJUNGLE STAGEに、全国各地の温泉地を美少女キャラクター化し、様々な展開を行う地域活性プロジェクト「温泉むすめ」の2ユニットが出演しました。WebNewtypeでは、18日に登場した伊香保葉凪役の茜屋日海夏さん、嬉野六香役の小澤亜李さん、伊東椿月役の鈴木絵理さん、城崎亜莉咲役の山下七海さんで構成されたpetit corollaのライブの模様をお伝えします。

ライブ開始前、ステージ後方のモニターに「温泉むすめ」の名前が表示されるとフロアにいた数百人のファンから歓声が。その数分後、会場が暗転し「温泉むすめ」ライブではおなじみのテーマとファンのクラップが鳴る中、フリル多めの衣装をまとったpetit corollaが登場。彼女たちは「温泉むすめ」全体曲「咲かせよ 沸かせよ バンバンBURN!」でステージを開始しました。

リーダーの茜屋さんが「はじめまして、私たちpetit corollaです!」と元気に挨拶すると、メンバーがそれぞれ自己紹介。鈴木さんがテンション低めに挨拶し、茜屋さんもやや頼りなさげな様子を見せるなど、キャラクターになりきってのコメントでファンからの喝采を浴びます。自己紹介を終えると、早速petit corollaのユニット曲の披露へ。爽やかなポップナンバー「ハミングDays」では観客のコールやジャンプを誘い、うさみみポーズが印象的な「Petit Etoile」では、観客からも「かわいい!」という歓声が飛んでいました。

ラストは「夏らしく」ということでタオルを取り出しての「青春サイダー」。キャッチーな楽曲とステージの熱気のおかげか、曲が進むごとにフロアに観客が集まってきて、思い思いにタオルの花を咲かせていました。ステージを終えた4人は「ありがとう!」「またね!」と声を上げながらステージをあとに。petit corollaは初お披露目のライブで、「温泉むすめ」ファン、そして音楽ファンにしっかりとアピール成功していました。

【取材・文=はるのおと】

リンク:「温泉むすめ」公式サイト

     公式Twitter・@onsen_musume_jp

ニュータイプアニメマーケット