新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

歩行者天国に美人コスプレイヤーが勢ぞろい!「ホココス2018 ver.秋」潜入リポート

2018年11月14日 06:00配信
歩行者天国に美人コスプレイヤーが勢ぞろい!「ホココス2018 ver.秋」潜入リポート

すーぱーそに子に扮する いちこさん(写真左)と、「ガヴリールドロップアウト」の月乃瀬=ヴィネット=エイプリルに扮する あやねんさん

11月11日(日)に愛知県名古屋市栄で実施された「ホココス2018 ver.秋 ~南大津通歩行者天国COSPLAY~」。「世界コスプレサミット2019(略称:WCS2019)」の東京開催も発表され、大盛り上がりとなった同イベントを取材し、撮影させてもらったコスプレイヤーの写真を、連載形式で紹介しましょう。

「ホココス」とはその名の通り、南大津通歩行者天国を貸し切って行われる大型のコスプレイベント。矢場公園、大須商店街といった周辺エリアでもコスプレができ、ギャザリングなどの催しも楽しめることから、毎回、大勢のコスプレイヤー&カメラマンが駆け付ける、東海エリアを代表する人気イベントのひとつです。

連載第1弾となるこちらの記事では、ハイレベルなコスプレ美女たちのツーショット&スリーショットを多めにピックアップ。作品別に見てみると、「Fate/Grand Order」や「Re:ゼロから始める異世界生活」「アズールレーン」「ソードアート・オンライン」などが人気でしたが、なかには異なる作品のキャラクター同士で、コスプレ撮影を楽しむグループも。

すーぱーそに子と「ガヴリールドロップアウト」のヴィネット、「ファイナルファンタジーXV」のシドニーと「アイドルマスター シンデレラガールズ」の向井拓海、「オーバーウォッチ」のマーシーと「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」の黒咲芽亜…など、その組み合わせはさまざま。

そんな彼女たちに衣装選びの理由を聞くと、「『ホココス』は写真撮影だけでなく、レイヤー同士の交流も楽しめる、自由な雰囲気が心地いいイベントなので。無理に衣装を合わせるよりも、それぞれが好きなコスプレで参加したほうがいいのでは?ということになったんです」と話してくれました。

大盛況のうちに終了した「ホココス」に続き、11月30日(金)~12月2日(日)には「東京コミコン2018」(幕張メッセにて開催)、12月29日(土)~31日(月)には「コミックマーケット95」(東京ビッグサイトにて開催)など、コスプレが楽しめる大型イベントはまだまだ多数控えています。

はたしてこれらのイベントでは、どのようなコスプレに人気が集中するのか?こちらの記事で興味を持たれた方は、会場まで足を運び、自身の目で直接確かめてみてはいかがでしょう。

取材・文=ソムタム田井