新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

「Re:ゼロ」から「うる星」「ドラゴンボール」ヒロインまで!コスプレ美女と「ニコ超」の思い出を振り返る

2020年04月17日 06:00配信
「Re:ゼロ」から「うる星」「ドラゴンボール」ヒロインまで!コスプレ美女と「ニコ超」の思い出を振り返る

「冴えない彼女の育てかた」の澤村・スペンサー・英梨々に扮する りなしぃさん

“ニコニコ動画関連の企画をすべてリアルに再現する”というコンセプトのもと、毎年4月下旬に幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議」。WebNewtypeでは毎回、同イベントを取材し、複数回に渡ってリポート記事を作成してきましたが、今年は新型コロナウイルス感染症の拡がりに伴い、開催中止となってしまいました。

とはいえ、春の風物詩としてすっかり定着した感のある「ニコ超」の中止を残念に思うサブカルファンは、筆者以外にも大勢いるはず!…ということで、今回は特別企画として、2019年度の「ニコ超」振り返り記事を作成。その際に撮影させてもらった美女レイヤーたちの写真を、3回に渡って紹介します。

2012年の初開催以降、毎年さまざまな新企画を導入し、多方面から注目されてきた「ニコ超」。アニメやゲーム、ボーカロイドといったコンテンツはもちろん、相撲や歌舞伎、さらには自衛隊など、多彩なジャンルのブースが展開し、昨年は2日間で会場来場者数16万8258人、ネット来場者数666万3612人という、驚異的な動員数も記録しました。

そんな同イベントの数ある見どころのなかでも、特に注目したいのが、屋外に設けられたコスプレ推奨エリア。ちなみに昨年は、「冴えない彼女の育てかた」「Re:ゼロから始める異世界生活」「この素晴らしい世界に祝福を!」といった、同年に劇場版の公開が控えていた作品や、「ソードアート・オンライン」「五等分の花嫁」「BanG Dream!」など、同年3月まで放送していた人気アニメのヒロインに扮するレイヤーが多く、彼女たちを撮影しようと大勢のカメラマンも集結。

さらに「TIGER & BUNNY」や「ギルティクラウン」「うる星やつら」「らんま1/2」「ドラゴンボール」など、ちょっと懐かしい作品のヒロインに扮した美女たちも続々と駆けつけ、各所に撮影のための列や、巨大な囲みができていたのが印象的でした。

「ニコ超」に続き、「コミックマーケット98」の開催中止も発表され、コスプレファンにとっては悶々とした日々が続いています。そんなときこそ、6月以降のコスプレイベントへの参加を目標に、“宅コス(イベントやスタジオに行かず、自宅でコスプレを楽しむこと)”でメイクや自作衣装のクオリティアップに励む…というのもアリかもしれません。

取材・文=ソムタム田井