新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

「Re:ゼロ」から懐かしのアニメヒロインまで!北海道のコスプレイベントを沸かせた美女レイヤーたち

2020年06月18日 06:00配信
「Re:ゼロ」から懐かしのアニメヒロインまで!北海道のコスプレイベントを沸かせた美女レイヤーたち

「ラブライブ!」の南ことりに扮する花楓さん

日本を代表するポップカルチャーの一角として、国内外を問わず、幅広い層に親しまれているコスプレ。緊急事態宣言が解除され、コスプレイベントの早期再開を望む声も多く聞こえていますが、大規模なイベントが実施可能になるのは、まだしばらく先になりそうです。

そこで今回は、イベントの再開が待ち遠しいサブカルファンの皆さんに向けて、過去に取材した“6月開催のコスプレイベント”を振り返るプレイバック記事を作成。会場で見つけた美女レイヤーたちの写真と併せて、連載形式でお届けしましょう。

コスプレが楽しめる大型イベントというと、「コミックマーケット」や「世界コスプレサミット」などが有名ですが、それら以外にも、ご当地の特性を活かしたコスプレイベントは全国各地で開催され、いずれも好評を博しています。

北海道・洞爺湖温泉街全体を会場とし、マンガ・アニメ関連のさまざまな催しを実施する「TOYAKOマンガ・アニメフェスタ(略称:TMAF)」も、多くのコスプレイヤー&カメラマンから支持されているイベントのひとつ。

コスプレだけでなく、痛車の展示や人気声優のトークショー、同人誌即売会なども同時に楽しめる点が特徴で、いまでは約7万人のサブカルファンが駆けつける、北海道を代表するコスプレイベントとして広く知られています。(残念ながら、今年は開催中止となってしまいました)

ちなみに、こちらの記事で紹介しているのは、2017年度の「TMAF」を取材した際に撮影させてもらったコスプレイヤーたち。作品別に見てみると、奇しくも7月より第2期が放送開始となる「Re:ゼロから始める異世界生活」のレム、ラム、エミリアに扮するレイヤーが多く、改めて同作の人気の高さを実感させられます。

もちろんその他にも、「けものフレンズ」や「小林さんちのメイドラゴン」「ゼロから始める魔法の書」「エロマンガ先生」、さらには同年1月に劇場版の最終章が公開された「傷物語」など、2017年上半期のヒット作のコスプレで参加していたレイヤーも大勢いて、イベントは終日、大盛り上がりとなっていました。

現時点ではまだ、各種イベント再開のメドは立っておらず、コスプレファンにとっては悶々とした日々が続いています。こちらの記事をご覧になられて「自分でもコスプレをしてみたい!」と興味を持たれた方は、この機会に是非、“宅コス(イベントやスタジオに行かず、自宅でコスプレを楽しむこと)”に挑戦してみてはいかがでしょう。

そうして、お気に入りのコスプレ写真をSNSに投稿しながら、イベントの再開を楽しみに待つ…という過ごし方もアリかもしれないですね。

取材・文=ソムタム田井